わたどうの6話感想は椿と七桜が結ばれるのか気になる!二人の子供は?

夏ドラマ私たちはどうかしているの6話では、七桜が椿と一緒にお茶会で準備をしている最中に開かれた億の扉で行われた女将と大旦那のやり取りが発展して火事になった話でした。

七桜は過去の事件の真相を突き止めるために今日子に話をして、今日子が自白した動機をもとに事件の真犯人が女将だと突き止めました

そのことと同時に七桜は自分が大倉七桜だと話をする場面を椿が効いていて、やがて二人には別れが訪れることになる展開です。

ドラマ私たちはどうかしているで今後二人はどうなるのかということが注目点となっていますので、是非参考までにしてみてくださいね^^

Sponsored Link

わたどうの6話感想は椿と七桜が結ばれるのか気になる!二人の子供は?

今回私たちはどうかしているの6話では、椿に七桜が自身の正体をばらすことで最後に二人が結ばれるのかどうかということに対しての感想が多かったです。

七桜は茶会の日のみ開く扉を開けて中を見たいと思っている場面でお茶会の時に入ることを決めます

お茶会には椿の許嫁だった長谷も参加しておりましたが、七桜が挨拶した際にも落ち着いてすいませんと参加を乞う謙虚な姿勢を見せていました

夕方のお茶会の準備最中に大旦那の様子を伺いに離れの家屋に行った際にそこにいたのは女将で、この女将が七桜のことを見つけてしまうのでした。

女将に過去の事件のことを何気に効いた返事は当時高月樹に対して愛されないことを腹いせに恨んでいたという内容でした。

このことは樹に対する命を奪う動機にも繋がり、当時椿に七桜の母親を犯人と指ささせることに純分な理由でした。

女将の言葉を受けて七桜は女将が真犯人ということを知り、自身の正体を明かす場面が一番の見どころです。

その場にたまたまやってきた椿がその言葉を聞き、今まで七桜が嘘をついていたことを知り七桜に対して怒り、壁ドンをしてから追いつめる場面も注目です。

火事であることが分かり、椿がその場を離れたところが七桜との別れでした。

七桜が椿を待っているということが印象的なセリフでしたね^^

椿が行こうとするところで七桜が私はここで待っていると話す場面はこちらから

「私たちはどうかしている」は毎週水曜日22時から放映されるドラマです。 今回はドラマ「私たちはどうかしている」の1話から最新話まで無料...

火事がやんだ後には七桜と椿は出会うことが無く、七桜は和菓子を作り続け椿は若旦那として3年が経った場面に急に変わりました

次回以降の展開では七桜と椿が夫婦から敵の関係に変わり、お互いが戦う場面が予告でありました

七桜の変化がすごかったね~

次回以降では七桜が椿の居る光月庵に仕掛けていくところが面白いね^^

avatar

女将を訴えると話していた七桜がどのように椿とよりを戻すのかが気になるところですので、予想をしながら今後も引き続きドラマで確認していきたいと思います。

わたどうの6話ネタバレ感想!椿と七桜の最後が気になることに対する世間の反応は?

私たちはどうかしている6話では椿と七桜の最後が気になるということに反応がありました

今回は椿と七桜が離れ離れになり、敵対関係になる予告に対しても反応が多かったです。

今回出てきた話の展開も含め、チェックしていきましょう^^

最後は椿と七桜の気持ちが重なり合って

幸せになれますように

でも3年後の椿と七桜のビジュが変わってるのにびっくり�相変わらず2人とも美しかった…そして第一章は最後まで原作に忠実だった!あと2話(3時間)でどうなるんだろう

どうかハッピーエンドでお願いします

おぉ……椿と七桜が最後ライバル同士になっとる……原作通りや… 美波ちゃんの表情めっちゃ変わってたな

最後は、椿と七桜ちゃん幸せになるよね…とみんなで願いながら終わりました。回をおう毎に面白くなっていきますね
最高

最後は椿と七桜が幸せになりますように

ベッタベタ昼ドラ展開の本作、この先の予想としては ①実際は妊娠してない ②椿と七桜は異母兄弟 って感じなので私は多分もう見ないで最後答え合わせだけ楽しみます

引用:Twiiter

今回は椿と七桜の最後が気になることに対して反応した話題が多かったです。

その中でも七桜の妊娠の話や最後ハッピーエンドになることを希望する声が多かったですね^^

ハッピーエンドで終わる話を考えてみると、子供がまた生まれて安泰になるということが考えられるので、その点も含め気になるところです。

原作と同じ結論で前編が終わったということも注目点ですね。

これからの話題で七桜が光月庵を乗っ取るために始動する様子が描写されると思いますが、最後はどうなるのかを予想していきたいと思います。

Sponsored Link

わたどう6話ネタバレ予想!椿と七桜は結ばれて子供は生まれるのか?

私たちはどうかしているの6話では今日子が当時樹の命を奪う動機について話をされていたことから、七桜は今日子の犯罪を確信する内容でした。

今日子は当時高月樹と付き合っていた大倉百合子が憎らしくて、犯人を大倉百合子になすりつけるように椿にそう思わせようとしたことが考えられます

この後の展開で椿と七桜は敵対関係になることから、二人は離れ離れになってしまうという展開が予想されます。

でも最後は二人が結ばれるということが想像できます。

七桜は光月庵で起こった事件のことを考え、自分が樹の実子だということを6話でDNA判定から理解し、このことから母親の命を奪った今日子と光月庵を乗っ取ろうとします

次回の選定会では大旦那が七桜を実子だということを知り、光月庵と七桜のお店の花がかすみの対決次第で勝った方を光月庵の後継ぎにするということを決め、この会で七桜は見事勝利を収めて光月庵の後継ぎに決まります

その後今日子が出ていくものの、椿は七桜が当主になった光月庵に居続けて七桜の元で働くことを決めます

七桜は多喜川の嫁となるべく多喜川に告白されるものの、心は次第に椿に傾いて最後は椿の子供を再度妊娠して産むことになるということが予想されます。

多喜川は優しそうな人だけど昔の母親の事件に絡んでいるかもだよね^^

椿との仲がまた復活して正式に光月庵を椿が継ぐ展開でまた子供ができるのがハッピーだと思うよ~

avatar

最終話では七桜と椿とのお互いの子供とお菓子を作る場面を観ていきたいですね^^

最終話がどうなっていくのか、今後の展開次第ですが、ハッピーエンドで終わるように期待したいと思います、

5話では原作と違う!樹の命を奪った犯人は今日子なのか?ということで話題になりましたので、チェックしてみてくださいね^^

夏ドラマ私たちはどうかしているの5話では、今日子が七桜の母親と挨拶に来た夕子のお店に訪れる場面から始まりました。 今日子は夕子...

まとめ

わたどうの6話感想は椿と七桜が結ばれるのか気になる!二人の子供は?について書きました

私たちはどうかしているの6話では前編の終わりで原作通りの展開で進んでいましたので、後編では原作から変わっていくのかきになるところです。

感想としては椿と七桜が結ばれるのかということに対する感想が多かったので、今回予想してみました。

二人が一旦は切れてしまった関係であるものの、再度結ばれて子供を産んでいく展開が望まれるところです。

今後の私たちはどうかしているで最後ハッピーエンドで終わっていくことで、続編にも繋がるようになれば楽しいですね。