わたどうの1話感想は観月ありさが怖い!人間関係がドロドロと話題

夏ドラマ私たちはどうかしているの1話では、七桜がお茶菓子を作っている場面から始まりました

最初は七桜が母親と過ごす回想で和んでいましたが、母親がいきなり光月庵の先代当主である高月樹の命を奪った犯人だと椿が指さしたために疑われてしまう展開でした。

今回は私たちはどうかしているの1話で出てきた感想で多かった人間関係がドロドロというところで、特に観月ありささんが演じる高月今日子が怖いということを取り上げています

今後の展開も含め、どのようになっていくのかを予想しています。

ドラマ私たちはどうかしているが今後どのような物語なのかを是非チェックしてみてくださいね^^

Sponsored Link

わたどうの1話感想は観月ありさが怖い!人間関係がドロドロと話題

今回私たちはどうかしているの1話では、お菓子作りを懸命に行う七桜が贔屓のお客様からの紹介で結婚式の引き出物に使う和菓子の対決を光月庵の椿と行う場面となりました。

過去に椿が父親の命が誰かによって亡き者にされた時、七桜の母親が犯人だと指を指したことで七桜は光月庵を追われてしまう回想がありました

次第に事件に巻き込まれていく七桜がとても今後の波乱を予感させる展開でしたね^^

その椿を憎んでいたにも関わらずお菓子の対決が終わった後に椿は求婚を七桜にした後には七桜は結婚を認めてしまいます

椿が七桜を呼んだ日は長谷との結婚式の日で、このタイミングで現れた七桜が持ってきたお土産の羊羹を中に何も入っていない夜を現した羊羹に今の光月庵の現状を重ねるのでした。

こうしたことから結婚を椿とすることになる七桜ですが、過去の母親との記憶もあり、単純な結婚では無く共犯者に近いドロドロとしたものでした。

七桜は椿のことを恨んでいるものの、母親が被ってしまった事件の真相を知りたいという気持ちもあり、結婚をしてしまうという展開です。

何か結婚しても嬉しくないような複雑な感じで嫌な展開だね~

ドロドロした人間関係に自ら乗り込んでいく態度が素晴らしいね^^

avatar

当時母親のファンということで母親から預かっていた手紙を渡された七桜は事件の犯人では無いということを見た後にこの思いは強まったのだと思います

椿との結婚式を潰した後話す場面で、母親の高月今日子がお菓子に入っていた虫を捕まえてニヤリとする場面が異様でしたね^^^

高月今日子がまるで七桜のことのように虫を潰す場面はこちらから

「私たちはどうかしている」は毎週水曜日22時半から放映されるドラマです。 今回はドラマ「私たちはどうかしている」の1話から最新話まで無...

今後の展開ではこの高月今日子がどのように絡んでいくのかということが気になる内容です。

今後高月今日子が過去の母親が関わってしまった事件の犯人とどのように関わりがあるのか注目してみたいと思います。

わたどうの1話ネタバレ感想!観月ありさが怖いことに対する世間の反応は?

私たちはどうかしている1話では観月ありさが怖いことに反応がありました

人間関係がドロドロしているということに対してもSNSの反応が多かったです。

今回出てきた話の展開も含め、チェックしていきましょう^^

観月ありさ氏、数々のドラマを観てきたけど、やはりイメージは5歳から観てた「ナースのお仕事」の朝倉いずみのイメージしか無い。 頭の片隅にナースキャップ姿が過るけれど、妖艶で怖い着付け方の和服姿と、悪女将感が素晴らしい!!! これからが楽しみ!!

回は佐野史郎さんより観月ありささんが怖い役⁉️蝶は恐怖怖い

ビジュアルが良すぎる。 少女漫画から飛び出てきたんか。 浜辺美波ちゃんの細腕がいじめられるのか…。 横浜流星のストレート髪いいね。 そして観月ありさが怖い。

この2人でこの重いテーマ。美しくて心惹かれる。観月ありさも怖い

ドロドロ愛憎劇はほんと苦手なんですけど、流星くん目的でわたどう見てたら、ほんともう画が綺麗すぎて、役者さんたちが素敵すぎて無理でした最高ですありがとうございます 来週も楽しみだーい!!! 真犯人誰だ!!!! 流星くんもっともっと出せ!!!!笑

なかなか重厚でドロドロ、恐怖もありながら先が全く読めない。 椿も芯があって憎めず、カッコイイ。七桜目線で心配、ドキドキしながら観てたらあっという間だった!! (ネタバレにならないように感想言ったつもりだけど大丈夫かな?)

引用:Twiiter

今回は観月ありささんの怖いということに対して反応した話題が多かったです。

特に人間関係がドロドロしているということが多い感想で、このドラマが今後謎をどうやって解決していくのかが気になるところですね^^

今後の流れでは椿を利用して過去の母親の事件を解決していく七桜が見どころになりそうです。

次第にこの事件の真相に高月今日子が絡んでいることがどのようなものなのかを予想してみたいと思います。

今後の私たちはどうかしているのドラマを観る上で、参考までにしてみてくださいね^^

Sponsored Link

わたどう1話ネタバレ感想!母親の事件に今日子はどのように絡んでいる?

私たちはどうかしているの1話では強烈なインパクトで今日子が現れました

過去の母親が犯したとされる事件で、今日子がどのように関わっているのかということが謎です。

今日子自身はこの店のことをあまり好きでは無く、先代の当主との仲が良くなかったのでは無いかと思われます。

光月庵は、過去にお菓子のノウハウを奪われたということから当主になれるのは高月家の直系血族のみというルールで跡取りを決めています

実は椿は直系の高月の子供では無いために跡取りをできないと言われています。

このことを考えてみると、今日子は違う人と付き合っていいたということが考えられます

今日子の感じから大変な悪女ということが考えられて、演技のうまさが光るね^^

何人もの男性の協力者を得て店を乗っ取る野望がありそうだね~

avatar

今日子が店の他の従業員と付き合っていて、最終的には高月がそのことに気づいた為命を奪ったものの、子供の椿は母親に言われて七桜の母親だというように言われていたのだと思います。

真相としては母親の浮気相手が高月の命を奪った犯人だと思われます。

今では誰が犯人なのかがまだ分かりませんが、今後ストーリーの展開と共に明らかになってくると思いますので、その際に紹介させて頂きたいと思います。

今後七桜と椿とがどうなっていくのかを含め、真犯人が誰なのかを探っていきます。

まとめ

わたどうの1話感想は観月ありさが怖い!人間関係がドロドロと話題について書きました。

私たちはどうかしているの1話では高月今日子が事件にどのように関わっているのかを考えることが楽しいですね^^

違った人物の犯行ということが明らかになってきているので、今後の展開で誰が犯行を犯したのかを探っていく展開です。

七桜と椿との仲が次第に深まっていく様子も楽しみです。

今後も私たちはどうかしているで謎が分かるような伏線がありましたら、追記させて頂きたいと思います。