【監察医朝顔2】1話ネタバレ感想は遺体がリアル!悲しい展開の予感?

2020年11月2日から放送されている監査医朝顔の感想で、遺体の様子がリアルということで話題になりました。

今回は、今後の展開も含めて悲しい予感を醸し出すような場面が多かったです。

シーズン1で出てきた話題をより一層話題を多くして、様々なトラブルや想像できないような展開も予想されます。

今回は1話で出てきた話題から今後の展開や見どころを確認しながら紹介していきたいと思いますので、是非チェックしてみてくださいね^^

Sponsored Link

【監察医朝顔2】1話ネタバレ感想は遺体がリアル!悲しい展開の予感?

監査医朝顔シーズン2の1話では、最初にシーズン1の場面からの回想から始まりました

過去に母親がいなくなり、桑原と結婚をして女の子を授かったということが最初の場面で明かされる場面がありました。

警察官の桑原がお婿になり、朝顔を明るく照らすような旦那で父親の平とも懇意になりながら、明るい家庭を作ろうとする姿が清々しかったです。

今回も朝顔は事件に巻き込まれたと思われる検体を調べて、その真相を調べる状況に遭遇しました

毎回監察医として検体に挑んでいく様子がとても真剣で、始める前の教えてくださいお願いしますという言葉が懐かしさを覚えました。

朝顔が今回の検体で、痴漢を働いていたという男性が一人病状が違っており、倒れる前に亡くなっていたという事実を突き止めたということが事件の鍵になりました。

今回は痴漢と思われた男性が実際には犯人では無く、その場にいた人たちの勘違いで事件が突発的に発生したことが分かって安心する内容でした。

それでも家族の命が奪われてしまい、金髪の男性で松田元太さんが演じる佐藤祐樹が母親の命を奪った人間を恨むという内容もかなり真に迫っており観ていて悲しかったです。

でもそれにも増して今回楽しかったのは、子供が出かける前に弟が欲しいという話を朝顔や真也に話をして、困る場面ですね^^

とても自然な家族の風景で、新たな子供を産むことも考えられてこれからのストーリーに期待が膨らんだ内容です。

つぐみが朝顔と真也に弟が欲しいと話す場面はこちらから

「監察医朝顔」は2020年11月2日から毎週月曜日21時より放映されているドラマです。 今回はドラマ「監察医朝顔2」の1話から最新話ま...

今回も最後に母親の回想シーンがあり、最後は悲しいストーリーとなりました。

母親を探す朝顔が最後にこの一瞬の幸せの時が長く無いことを知らなかったというナレーションを元に家族の風景に変化がある予感がありました。

今後起こることや悲しい展開の話題について、どのような内容が考えられるのか、見どころを含めて確認していきたいと思います。

【監察医朝顔2】1話ネタバレ感想!遺体がリアルということに対する世間の声は?

今回は、監察医朝顔2の1話ネタバレ感想で遺体がリアルという話題で盛り上がりました

ストーリーのリアルさや今後の悲しい予感についても話題になっていますので、紹介したいと思います。

それでは見てみましょう!

リアルな分、苦しかった。金髪の男性の悲しさは短い場面でも涙が出た。それを受けた母親の震えあがる姿も耐えられなかった。 解決後の彼を見ないで済んでよかった。なんとなくの想像で十分。悲しい。 金髪の彼、上手かった。演技のお仕事来るといいね。見たい。

解剖される女性の遺体がリアル。

これ、ちゃんと放送してほしかったなぁ。でも最近のSNSとかワイドショーを見ていると叩くだけ叩いて、間違っていても最後は知らんぷりなことが多いから、謝罪シーンが無かったこともリアルではあるのかも。

群衆流れ怖すぎ… 朝顔っていっつもリアルな事件だよね…起こりうる

引用:twitter

今回は、リアルなドラマの演出や遺体の検体の様子等様々な感想が多かったです。

金髪の佐藤祐樹もその中で際立って悲しさを表現していたので、涙が出たという感想もありました。

毎回リアルな事件の場面や検体をする様子の朝顔の様子が見られると思います。

遺体にその亡くなった原因を調べる朝顔やスタッフ達が遭遇する事件の真相を明らかにすることで、世間からの批難を浴びる人を救うことにもなります

これからのストーリーでどのような事件に巻き込まれるのかということも気にしながら観ていきたいと思います。

Sponsored Link

【観察医朝顔2】1話ネタバレ予想!今後の悲しい展開の見どころについて

今回、1話感想では遺体の様子や演技の様子に多くの感想が集まりました

最初は暖かい家族の風景が見られたものの、遺体が運ばれていきその亡くなった原因を突き止めるという話で盛り上がりました

この展開から次第に話は暗い場面が多くなっていき、最終のストーリーでは母が亡くなったことに対して父親の平が福島で母親を探しにいこうとする展開でした。

父親が手に傷を負ってしまったことで朝顔が埋め立てされる予定地に出向き、母親の亡くなった形見を探しに行く様子が演じられました

この場面で今後の展開について、いつまでも今の家族風景が続くことが無いということがナレーションで語られたことが印象的です。

今の家族風景が変わっていくことで今後考えられるのは、警察官の夫の信也が職務で傷を負ったりすることや父親が病気にかかることです。

まず信也について、警察官の仕事で過去に起きた事件解決で相手に恨みを持たれてしまい、その恨まれた相手に大きな傷を負わせられてしまうということが考えられます

警察官の仕事の中で、事件をうまくまとめた後も加害者の中には事件で罪を問われることなく証拠不十分で釈放されるケースが多いです。

監察医朝顔では人の命の大切さを問いかけるような物語ですので、信也が命に係わるくらいの傷を負ってしまうことも想像されます。

そうなるとショックがでかいですが、今の家族の大切さを瞬間を忘れることなく過ごす様子のリアルさから、人がいなくなることを悲しむ気持ちに焦点をあてるという構成が考えられます

次に父親の平はこの朝顔達が子供の成長とともに朝顔のことを頼もしく思っていく様子が何度も演じられています

このことが次第に体が不自由になっていき、朝顔の世話を必要とするようになってくることが考えられます

体が不自由になるにつれて、病にかかるということが想定されて、重病になってしまうことで今回亡くなってしまう展開も予想されます。

家族で朝顔が拠り所にするのは子供のつぐみとなっていきながら、子供の成長する様子が今回のストーリーではスポットが当てられるのではないかと思います。

一番の観どころとしては、一緒に団欒ができる様子から一人二人と人がいなくなることにも耐えていく朝顔の強さや子供を思いやる母親の素晴らしさです。

今の時代で生き抜く上で、シングルマザーが多いですが、家族の暖かさを忘れることなく一人の人間として支えていくということがこの物語の原点だと思います。

悲しさの中にも暖かさを持った人間性の大切さを問いかける作品として、これからも暖かさを視聴者に届けて欲しいですね^^

続篇も含めて今後の展開で朝顔が監察医として成功しながら、震災や事故で亡くなった人から多くの教訓を得られる様子を観ていければと思います。

亡くなったとされる母親が生きている可能性を予測してみましたので、チェックしてみてくださいね^^

2019年7月8日に放送された1話監査医朝顔ドラマで、母親と生き別れになった場面で母親は生きているという予測について書いて行きたいと思います...

まとめ

今回は、1話ネタバレ感想は遺体がリアル!悲しい展開の予感?について書きました

朝顔が最後の場面で母親の行方を探っている場面で今後の家族団らんの様子に変化があるということの予感から今後の予想を書きました。

監察医朝顔が原作でも長編ということで、今回の展開次第ではどうなるのかはまだ分からない部分もあり、関心が深まる部分です。

日々のリアルさや遺体で運ばれてくる様子のリアルさは監察医という仕事が直に事件解決の上でも事故対応の大切さを知る上でも多くの知識に繋がることが分かり楽しいですね^^

また監察医朝顔ドラマを通して、人の命の貴重さを再度確認しながら今後の生活に活かしていければいいと思います。