マイファミリー1話感想は自作自演の誘拐?真犯人フラグに似てると話題

2022年4月から放送開始されているマイファミリーでは、2021年の冬にやっていた真犯人フラグに似てるということで話題になっています。

今回は真犯人フラグで有った自作自演の誘拐ということが取り上げられて、マイファミリーでも自作自演なのでは?という感想が上がりました。

1話で謎が様々にあるということで、今後どのような展開になるのかということが期待されていますが、真犯人が誰なのかということが気になります

全く違うドラマではありますが、真犯人フラグであったようなドキドキ感が楽しみで、今回のストーリーとも共通する部分がありますので、比較してみると楽しいと思われます。

真犯人が全く証拠を残さずに警察の介入を避けさせるということがどんな意味を持っているのかということも考えていくとヒントになるかもしれません。

今後の謎解きも含め、真犯人フラグとの比較やどのように事件が成り立っているのか、真犯人予想も含め考えてみたいと思いますので、是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

マイファミリー1話感想は自作自演の誘拐?真犯人フラグに似てると話題

マイファミリー1話ではハルカナ・オンライン・ゲームズのCEOの鳴沢温人がいつものように仕事を終えて自宅に帰る様子から始まりました。

携帯には娘の友果を誘拐したという電子音の声が鳴り、警察に連絡せずに5億円を準備することを要求し、この条件が飲めない場合には友果の命を奪うという脅迫の電話でした。

温人は妻の未知留がとめるのも聞かずにすかさず神奈川県警七里ヶ浜署に通報をして、誘拐で警察に伝えないように依頼をしました。

誘拐という依頼にマル害捜査対策本部が乗り出し、宅配便のふりをして鳴沢の自宅に入り込み、対策本部が自宅に常駐するということになりました。

この様子に温人と未知留は不思議そうな顔をして、犯人が条件として出した警察に連絡をしないということを破ったことがばれてしまうことに不安と警察の態度疑問を感じているのが見え隠れする様子がハラハラしましたね^^

警部の葛城は取調を夫婦に行うものの、SNSの使用状況を聞いたところ、温人が全く答えられず未知留が閲覧する目的で使用させていたものの、発信はさせていなかったと答えます。

二人のギクシャクした様子に警察は厄介だと話し、葛城は信頼を得るために料理の腕前を振るい、信頼をさせるようにするのでした。

そんな時にCOOの立脇から電話を受けた温人が会社の銀行からの資金融資停止の連絡を受けて資金ショートの話を持ち掛けます。

ぶっきらぼうに対応する温人はどこからでもいいから調達してくれと立脇に押し付けて電話を切りました

翌日温人は方々の金融会社を回って資金を集めていき、5億円を集めるために精力的に走り回っていました。

立脇に株を売りたいという話を持ち掛けたところ、会社倒産する前に社長が売り抜けているようにしか見えないと了承しないと話すのでした。

そんなところで、妻の未知留は大学時代の親友の東堂と三輪に全員集合と自宅前に呼び出し、警察に告げて二人に会って3億円を貸してほしいと頼み込みます。

二人は1度しか使えない全員集合を使ったということで、危機的状況だということを話して3億という巨大なお金に驚いている様子がとても親しげでしたね^^

この様子を見た温人は帰れと二人を突き放して、帰らせた後何をやってるんだと未知留を叱る様子が夫婦のギクシャク感を現わしていました。

やがて犯人からの電話がかかってきて、2時間後迄に5億円を準備できないと友果の命を奪うということを話しされて、一方的に切られてしまいます

警察はダミーの3億円を混ぜて犯人をだまして捕らえようと試みますが、リスクが高いことから温人はこの案を採用せずに紙幣を準備しようとします。

この話を受けて、株式取得をしようとした会社に直接温人がコンタクトを取り、30分以内に3億円を手付金として振込をしないと今回は無しだと伝えて現金獲得を急ぎました

銀行の入出金締め切り時間の15時にお金の振込を確認し、その瞬間に電話がかかってきて、お金を準備した旨を伝えると、烏の宮神社に30分以内に持ってくるようにと伝えられます

この時に友果の声を聞かせて欲しいと話すものの、犯人は命令するのは自分だと一方的に電話を切ってしまいました。

指示を受けて葛城はGPSを現金のバックに付けて、温人もGPSを付けてマイクを装着して車で向かうのでした。

犯人からの指示の場所に現金のバックを持っていき、現場に到着すると神社の携帯が鳴り、出てみると5コールで出ない場合には取引をやめると話し、大船文庫旧館に30分以内に来てくれと話されます。

賽銭箱に持っていた通信機器を入れる指示をされて、携帯のGPSを失ってから犯人の指示する地図を元にその場所に向かうのでした。

最後にその場所に着く時に夫婦で揃って向かいましたが、着かないと分かってから温人は一人で目的地に向かいます

携帯に出ると友果が小学生の頃遠足で行った場所を10秒以内に答えてくださいと聞かれますが、分からずにいたところ葛城が未知留に個別に確認して、石毛山公園だと話しします。

この情報を伝えたところで、何故分かったのですか?と犯人が聞いてきて、温人は友果に聞いたと話すと嘘ですと話をされ、友果は父親には話していないと話すのでした。

取引は警察が介入しているからやめると話をされて、一方的に切られてしまうのでした。

COOの立脇が勝手に株主に交渉して現金を振り込ませ、その現金を使い込みをした理由を電話で聞くものの、伝えずに温人は電話を切ってしまいます

その後に非通知の電話が鳴り、犯人が警察を排除してくれと話し、最後の交渉だと告げる電話でした。

この要求を聞き、未知留は警察に出て行ってくださいと話し、温人は友果の部屋に入って洋服を見て大人っぽい服だと初めてみた様子でいたことを妻の未知留は何も知らないと罵り、温人は自分が警察を排除すると話すのでした。

やがて、株主のNEXホールディングスのインターネットテレビに出演を要求した温人は、会見をさせて貰うことを了承してもらいます。

会見の場では、犯人の要求を呑んで自分たちは警察を排除して再度交渉を続け、犯人に向かってお金を渡すことを誓うと話をして、だから娘の命を奪わないでくれと話すのでした。

このニュースを観ていた警察も温人の会社のメンバーも旧友のは東堂や三輪達も驚いた様子であっけにとられていました

この会見を話す温人と未知留の手は繋がれて、二人が初めて意気投合した瞬間で、感動的でしたね^^

次回以降でどのように娘の友果は誘拐から取り戻すことができるのか、真犯人は誰なのか、展開を楽しみつつ観ていきたいと思います。

マイファミリー1話感想!自作自演の誘拐ということに対しての世間の反応は?

今回は、自作自演の誘拐ということに対しての感想を取り上げています。

友果が誘拐されたことに対して、温人と未知留はそれぞれ子供誘拐に対する行動の差が目立っていました。

特に温人が友果の遠足の話しを知らないということに対して犯人が友果から聞いたということからも自作自演の芝居ということが感じられましたね^^

それではSNSの反応を見てみましょう!

娘さん、自作自演の誘拐なのかな?それじゃ、真犯人フラグになっちゃうけど

子供が自作自演の誘拐ってことも有り得そう。 序盤のニノが家族大切みたいなことを言ってた時に 女性の声でホントかよって言ってたし。

自作自演の誘拐装って家族の絆というか父母の絆を取り戻してほしいという娘の願いなんじゃない? 私に対してどれぐらい関心あるかニノに確かめさせたいんじゃない?

娘の自作自演かとも思ったけど 無理があるかなぁ? なんか玉木宏さんも昔の事件と同一人物である可能性を示唆してたし… 自作自演の誘拐のつもりが協力者に騙されて本当に誘拐されちゃった…とか?

娘が犯人じゃないのか。つまり自作自演の誘拐。動機は仮面夫婦で娘を顧みない父への恨みと復讐。

引用:twitter

今回は、自作自演の誘拐で真犯人フラグと共通して娘が自身で行った犯行では無いかという感想が多かったです。

真犯人フラグがまさにその内容でしたので、その内容と通じるところがとても楽しくて、同じように家庭を顧みない親に対する警告という意味だとも取れますね^^

ただ、1話のストーリーからは警部の葛城が前の事件と共通すると未知留の大学時代の旧友である東堂が絡んでいることを示唆していたことが気になります。

また5億円という資金を求めるということも友果本人の自作自演としてはあまりにも辻褄が合わないことがあり、不思議な謎となります。

友果の不満からその周辺の人たちが嗅ぎつけて、温人からお金を要求して取るということを企んだとも考えれて、黒幕が別にいることも考えられます。

真犯人フラグと似ているという感想からは娘の自作自演が興じて、真犯人に本当に誘拐されたという考察もあり、物語として本当に似ているのが面白いですね^^

全く別のストーリーとしては、テイストが似ていることから今後の展開が気になるところで、誰が真犯人なのかを考える楽しみがあります。

今回は、出てきたストーリーの内容から真犯人を考えていきたいと思いますので、チェックしてみてくださいね^^

Sponsored Link

マイファミリー1話感想!友果の自作自演の可能性と真犯人は誰なのか?

今回マイファミリー1話では、友果の自作自演の可能性が問われていく展開となり、真犯人が証拠を残さないことから、誰が黒幕なのかが気になる展開でした。

ただ真犯人が残した痕跡としては、友果を誘拐した電子音で散々温人を引きまわした挙句に友果の遠足の場所を温人に聞いています。

温人が知らないということを知っており、温人が答えたことから警察の介入があることを知り、やがて警察を排除するということを要求することから、目的はお金なのか?ということが気になります

1話の最後では犯人の要求通り、温人が警察を排除することをインターネットテレビで話をしていることから、温人を動かす手腕を持っている人物ということが描かれています。

友果が自作自演ということも考えられますが、自作自演であれば5億円というお金を要求することがあまりにも不自然です。

また家出をした後に電子音で攪乱している理由も説明がつかなくて、この点では真犯人フラグのように在処を示さないことが相違している点です。

真犯人は遠足の場所を聞き出したことから友果のことも調べつくしているということが分かります。

また個人的に温人の家庭の未知留や友果のことを調べつくしている人物だということが明らかになっていることから、元々未知留と通じている人物だということが予想されます。

このように考えていくと東堂が怪しいと思い当たる部分が大変多いと思われますね^^

理由としては、昔温人や未知留と一緒にアパートで暮らしていたということや葛城が小春の事件と同じだと話す様子から、東堂のことを示していたことからまずは真犯人の可能性があります。

同じ同級生の三輪は全くそのような描写は無いですが、共犯の可能性が全く無いわけではないです。

ただ、二人が揃っているところで、三輪があまりにも共犯としてはその気配が無い為、現時点では東堂のみが関わっているということが濃厚だと思われます。

今後の展開で東堂がどのように友果の誘拐と関わって裏の顔を持って事件を起こしているのかを考察するのが楽しみですね^^

そのように考えると、友果の自作自演というよりは昔から温人と未知留の仮面夫婦に嫉妬しており、家庭を崩壊させてやろうとする復讐心から行動していると思われます。

東堂が態度の上では全く現わしていないところからも、その胸中にある思いは全く明かすことが無く、裏で動いているということが想定されます。

東堂は三輪とテレビで温人と未知留の真犯人に対する敗北宣言を観ていたということからも、情報を得やすい立場だからこそ優位に立って温人に復讐がしやすいのだと考えます。

今後、求人関係で知り合っていた昔の回想も含めた内容から動機が明らかになってくる描写があれば、その内容を元に想像していけば動機が掴めますね^^

友果から実際に情報を引き出していることからも、友果と接触をしても違和感の無い人物だということで、態度が柔らかくて昔警察を務めていた東堂が最も最有力な真犯人候補となります。

今後の展開で東堂が真犯人なのかもっと違った人物が真犯人になり得るのか、注目していきましょうね^^

まとめ

今回は、マイファミリー1話感想は自作自演の誘拐?真犯人フラグに似てると話題について書きました。

1話で、友果が誘拐されて、友果に関する情報を元にした犯人からの接触がこの事件の全容や真犯人の正体を物語っているように感じられました

まさに展開そのものが真犯人フラグと共通しているようなストーリー仕立てで、もしかしたら真犯人も同じように身近な人で決まってしまうのかもしれませんね^^

今後、真犯人が誰なのか、どのような動機で事件が行われているのか注目しながら、ハラハラドキドキの展開を観ていきたいと思います。