マイファミリー2話ネタバレ感想は迫田孝也が怪しい!真犯人は警察側の人間?

2022年4月から放送開始されているマイファミリーでは、真犯人が誰なのかということで話題になっています。

今回は真犯人は警察側の人間で迫田孝也が怪しいという感想が上がりました。

2話では早速娘の友果が次回には現金と交換で帰ってくるということで、事件収束に向けて展開していますが、真犯人の意図がどうしても温人の側にいる人間なのかどうかということが疑問になります。

犯人の声を再生していた電話での電子音が流れている時に旧友の東堂や三輪は警察に対して抗議をしていたところからも、この二人が事件に絡んでいることが現実的では無いようです。

今回、警察の葛城が手を引くと犯人の電話の前で告白したにも関わらず温人の母の麻由美や未知留の父の正文に盗聴器で知らせて欲しいと依頼していたことも気になります。

今後の事件に向けた内容を解明していく上で警察側の人間の犯人説を予想してみましたので、是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

マイファミリー2話ネタバレ感想は迫田孝也が怪しい!真犯人は警察側の人間?

マイファミリー2話では温人と未知留の二人でインターネットテレビで誘拐の犯人に警察に任せずに二人で解決すると声明を話す様子から始まりました。

この声明で、ネットを観たユーザーからの好感を得たことによって警察はバッシングを食らうという危機に陥りました

声明が終わった二人に葛城は鍋を作り、お袋に教わった料理を振る舞って、風呂にでも入ってくださいと話しかけるのでした。

温人は出て行ってくださいと話すものの、葛城は明日の朝出ていくので、スマホは居間に置いて欲しいと話します。

葛城が温人の警察は帰ってもらうという話をしても出ていかずにいる様子がとてもあきらめが悪く、今後の波乱を予想させましたね^^

未知留は友果が心配で眠れないと目を開けていましたが、朝になってから温人が寝ているところを見て、緊張感が足りないとしかりつけます

朝ふと気づくと、報道陣が集まっていて、警察からは報道協定が破られてしまい、大手の報道局がインターネットのテレビにすっぽ抜かれたことで集まりネタを集めていると話します。

朝居間に二人が降りると、温人のスマホに非通知で犯人から電話があり、警察の排除を20時までに行わないと友果の命は無いと話されます。

葛城がこの状況を待っていたと話し、一人捜査員を家に残し、報道陣たちが警察が出ていった様子を報道することで、犯人の目を欺き警察が捜査を続けられると提案するも、温人は断り出て行って欲しいと葛城に伝えるのでした。

犯人との戦いの以前に警察の思惑との戦いや葛藤がとてもやりづらそうで、今後の展開で警察の存在が厄介になりそうな雰囲気でしたね^^。

温人と未知留は東堂を呼んで、警察の出方を元警察の東堂に聞きたいと頼って、東堂は自宅にやってきて、盗聴器をドンキで買って探します。

盗聴器は見つからずに次に警察が何をするのかを聞いたところ、近くに監視の部屋を借りて、遠くから自宅の様子を探ると話をしていました。

そんな時に温人の母親の麻由美と未知留の父親の正文がやってきて、二人を元気をつけにやってきましたが、警察に頼るべきだと話をしだします。

やがて、温人は警察に頼らずに大丈夫だと案があると話をして、家族を安心させようとしていました

次第に家族同志の意識が変わっていき、温人を中心にした団結が感じられる展開に少しずつ空気が変わっていく予感がありましたね^^

温人は自宅前に出ると、マスコミに娘の命がかかってると神妙な様子で話をして、お願いしますと同感を得るような会見を開き、マスコミを巻こうとします

ハルカナ・オンラインズ・ゲームの顧問弁護士の元へ東堂と共に行き、法の力で警察を周囲から撤退させるような仮処分等を聴こうとするものの、前例が無いと弁護士にはどうすることもできないと話されてしまいます。

その足で旧友の弁護士である三輪の元に行ったものの、普段見向きもしないのにこんな時だけ都合よく来られるのは困ると受け付けず警察を頼れと話すのでした。

温人は三輪に頼み込むものの、全く受け付けない様子に腹を立てて殴りかかろうとしてから東堂に抑えられ、その場を離れ車に乗り込みました。

そのすぐ後に三輪の元に葛城がやってきて、三輪を取り込んで未知留に取り入ろうとしている様子が描写されました。

未知留に取り入って、冷静さを欠いた鳴沢家を助けて欲しいと頼まれた三輪はすぐに快諾して、その要求を受けました。

自宅に帰った温人は立脇香菜子がやってきて、温人に状況を理解していなかったと話をして謝り、家族に紳士風な様子で手土産を渡して、会社のことは任せてと言い残して去っていきました。

この様子に未知留はイライラして、SNSに来た連絡をママ友からだと話をして、海に行ってくると出かけてしまいます。

この相手は三輪で、三輪は香菜子かもしれないと警察の見立てを話し、温人や東堂には内緒で警察の捜査員をこっそりと自宅に忍び込ませると話をするのでした。

やがて、自宅に帰ってきた未知留はPTAのママ友ということで、秋野の紹介をするのでした。

このママ友は警察の捜査員で、ペンダントにカメラをしのばせて、犯人の目を欺き交渉内容を全て筒抜けにすると話をします。

インスタで画像をアップしたところ、犯人から電話がかかってきて、それを受けた温人は犯人から警察は完全に排除できましたかという質問に温人はこれから排除しますと話します。

ママ友と言われる秋野に撤退してほしいと話をして、いくら警察でも盗聴盗撮はやりすぎですよと話します。

近くの家で捜査をしていた葛城の元へ東堂は行き、報道番組でリアルタイムでの配信で警察の張り込み場所に行き、そこに現れた三輪が家主から取り付けた退去要請書を出して、警察に退去を命じます。

退去しないと公訴も辞さないで、多額の賠償額の請求と責任追及を徹底的にやると話す内容を配信して、犯人も観ていることを話すことで警察に手を引かせるのでした。

再度温人の自宅に葛城を呼んで、犯人と繋がった電話の前でもう誘拐捜査を警察が介入せず、身代金受け渡しに関与しないことを誓わせていました

この計画の回想で、温人に三輪が警察から話された内容を明かしたところで、温人が既に家庭が崩壊していて、未知留が警察の捜査に任せるなら俺も任せると話した場面がとても悲しかったですね^^

やがて、犯人からの電話で友果の声を聴かせて欲しいと頼みこんで、友果が電話に出て話をしたところから、まだ生きているということが分かって一安心しました。

ただ、葛城は変わらずに温人の母の麻由美と未知留の父の正文に盗聴器を渡して、犯人とのやり取りを送ってくれるだけでいいと話して、温人と未知留の犯人との接触に介入しようとしています。

次回で犯人と接触して、5億円の身代金と引き換えに友果が救われるのかどうか、これからの展開でどのようになっていくのか、楽しみに観ていきたいと思います。

マイファミリー2話ネタバレ感想!迫田孝也が怪しいことに対しての世間の反応は?

今回は、迫田孝也さんが怪しいことに対しての感想を取り上げています。

迫田孝也さんが演じる日下部七彦は警察内のポストで葛城と争う立場の管理官の警視で一癖も二癖もある人物です。

普段は物静かそうですが、警察の捜査をする時には葛城を外すということを話している場面がとても印象的でしたね^^

それではSNSの反応を見てみましょう!

やっぱり迫田孝也さん、いい感じの順番で名前出て来たし、黒幕かな 警察内部にいた!的な。 親友2人のうちどちらかじゃ、真犯人フラグとかぶっちゃうし、濱田岳なら怪しすぎで捻りが無い。 娘の自作自演に高橋メアリージュンが手をかしたら、別の黒幕に乗っ取られたとか?

マイファミリーでは 日下部七彦 さんが怪しいと思うんですけど、どこに投票すれば良いですか?

刑事役なのに…「マイファミリー」迫田孝也が怪しい? 「今度こそ黒幕な気が」

晴らしい演技の二宮和也と多部未華子…上手いよね… そしてその誘拐された娘の名前に…⁉️ 3年前「相棒」で素晴らしい演技の子役で注目してた子だ… 2話めから出番あったら注目… 余談ですが… 迫田孝也出てる… また怪しい…⁉️ 今回は警察か…

日曜劇場に迫田孝也さんは色々疑ってしまうよもうすでに怪しい笑

引用:twitter

今回は、迫田孝也さんが今回こそは黒幕では無いか?という感想が多かったです。

前シーズンのドラマで真犯人フラグで真犯人だと思われた迫田孝也さんが今回演じている日下部七彦がかなり怪しいという声が多くて、経歴も含めて黒幕かもしれませんね^^

警察内でしつこく捜査を打ち切ろうとしないあきらめが悪い葛城との対立場面も多くて、何を考えているのか分からないことも怪しい原因です。

特に前シーズンのドラマで怪しいと言われ続けたところからももしかしたら、今回の配役で実際の黒幕になり得るということが考えられます。

警察内の動きとしても事件を動かす道具や時間や動機があると思われて、今の話しでは最有力の犯人候補と言ってもいいかもしれませんね^^

温人の旧友たちや親族の人たちもしくは温人の会社の同僚の香菜子も犯人らしいと疑われる場面はありますが、実際には動機が無かったりして犯人の要素としては少ないです。

警察側としては葛城という声は少なく、葛城以外の警察ということで挙げられる筆頭です。

今回、警察内部の組織で誰が怪しいのかということから、今後のストーリー展開も含めた予想をしたいと思いますので、チェックしてみてくださいね^^

Sponsored Link

マイファミリー2話ネタバレ感想!警察内部組織の犯行?黒幕は誰なのか予想

今回マイファミリー2話では、温人が犯人からの声明に対して警察を排除してから交渉すると話されたことから、警察を巻こうとする展開でした。

丁寧に対応して、葛城の口から犯人の電話に捜査対象から外れると告白させることで、再度犯人の交渉が続けられて、身代金との交換に応じる流れとなりました。

次回では5億円の身代金と友果の身柄を交換するという犯人からの電話での声を元に温人や未知留は犯人の要求に応じる流れとなっています。

ただ、警察の葛城は犯人からの電話ではもう事件に関与しないと話したものの、まだ執念深くて麻由美と正文に対して盗聴器で温人と未知留と犯人とのやり取りを教えて欲しいと話して、機械を渡していました

この展開からも次回はすんなり犯人に現金が渡るかどうか不明で、警察が絡んでいることで友果の命が危うくされてしまうことも考えられます。

葛城が執念深く事件に関与し続けることで、警察内部では事件に対する情報が筒抜けになっていて、警察内部で起きた動機から発展した事件だということも想像されます。

ここで警察内部の情報に触れることができて、誘拐事件を起こすことができる警察がいたとしたら、葛城が過去に失敗したと言われる事件を見てきた日下部七彦が関与していることも予想されます。

特に葛城を率いていることからも葛城の過去の経歴や対応した犯人たちの情報を含め、知っている日下部が一番情報には聡いと思われます。

情報を持っているのが警察組織なら、警察の人たちが犯人だった場合には証拠を残さずに事件を起こすことができますよね^^

日下部はまた出世から遠ざかり、葛城とはライバル視される存在であったことからも葛城の捜査が失敗することを心では望んでおり、攪乱させるのに適任の人物です。

日下部の上司である捜査一課長の吉乃があまりにも葛城に偏重していることから、嫉妬心から葛城を失敗させてやろうとする気持ちがあると思われます。

また、警察が温人の自宅を監視していたところで、葛城の隣で活動していましたが、その描写も少なく、犯人の音声を流すということも加工をする手間をかけることが可能です。

警察内で情報を入手しつつ、警察の介入を無くしてほしいという声明も実は葛城が手を引くことが無いということを突き止めて、時間稼ぎをする手段だと思われます。

時間をかけることで、温人が手を出せなくさせて、気を参らせてから身代金を盗み取るという意図を持っていた場合には、警察内部にいた方がやりやすいですね^^

実際のところは、警察を欺き犯人として身代金を奪えるところから奪い、警察内での地位をライバルを蹴落として、自身が警察のトップになるという動機で事件を起こしたと考えることができます。

今回の事件は職権を乱用した誘拐事件に見せかけた警察内の権力争いだということが事件の発端だとすれば、真犯人は警察内の人物に限られると思います。

今後の展開で真犯人は警察側の人物なのか、それとも温人側の人物が真犯人になり得るのか、注目していきましょうね^^

まとめ

今回は、マイファミリー2話ネタバレ感想は迫田孝也が怪しい!真犯人は警察側の人間?について書きました。

2話では、明らかに温人側の人物に真犯人と繋がっている人物が思い浮かばずにいたことから警察側の人物に真犯人がいるという予想でした。

今後の展開が警察内部の権力争いが原因で、温人自身に対しての恨み等が無いとしたら、見方も全然変わっていきますね^^

今後、警察側の人物がどの程度怪しくて、事件に関与しているのか注目しながら、観ていきたいと思います。