【TWO WEEKS】黒幕犯人は誰かネタバレ予測!柴崎と久留の共犯か?

2019年7月16日の夏ドラマで放送開始予定となるTWO WEEKS黒幕犯人を予測したいと思います。

6年ぶりでの演技で三浦春馬さんが演じる結城大地が、二週間の間に黒幕の犯人との抗争に巻き込まれ、子供に骨髄移植ができるように生き伸びる話です。

原作のドラマで、完全に日本版にリニューアルされ、黒幕犯人が誰なのかというヒントを原作で得ています

黒幕を捕まえて、しっかりと大地の冤罪を晴らして悪に制裁を課すことができるのか?

原作ドラマを元に日本ドラマでの検証をしていますので、是非見てみてください^^

Sponsored Link

【TWO WEEKS】黒幕犯人は誰なのかをネタバレ予測!大地の冤罪を晴らすことができるのか?

今回は、日本ドラマでの黒幕の予測を書いています

原作では、黒組織での犯罪の黒幕でしたので、日本でもおそらく同じように黒幕が描かれると思います。

※以下、原作のネタバレを含みます。

ホームページで公開されている相関図では、柴崎コーポレーションという組織がえがかれています

この柴崎コーポレーションの親玉が柴崎要という社長です。

おそらく柴崎コーポレーションの親玉柴崎要が犯人だと予測されます。

ただ、この裏にいるクラブオーナーという久留和保がもしかしたら、黒幕としての役割を果たすかもしれないということが今回の予測では鍵です。

原作では、黒幕と犯人が同一人物という内容でしたが、リメイクされたドラマでは黒幕が裏で操作して、犯人である柴崎要が隠れやすくするように手回しを行う役割かもしれません。

このドラマの題材は、主に冤罪というテーマと政治家と黒組織との癒着というテーマがあります。

政治家久我早穂子と癒着するのは、柴崎要でおそらく間違い無いと思われますし、手下を抱えているのも柴崎要ですから、この人が犯人で間違いは無いと思います。

黒幕としては、柴崎の裏に手を引いている久留和保で、主人公の結城大地に個人的な恨みを抱いている等のストーリーが考えられます

最終的には、大地は協力者や元妻と仲良くなり、子供を無事救えるという結末が予測できますが、その過程で黒幕や犯人に対して制裁を加える場面もあるかと思われます

冤罪として追われる立場から犯人を追い詰めて、最終で黒幕を逮捕に持っていくという場面が想定されますので、観ていて気持ちいい展開になると考えられますね^^

冤罪を無事晴らして、結城大地が無事子供の命を救い、新しい生活を暮らすというハッピーエンドの展開を今から想像すると、感動的なストーリー展開が予想されます。

その課程で、黒幕や犯人の思惑を超えるような行動力や協力者とのうまい連携で、敵をやっつけることが演じられれば、ドラマとしては心に残る作品になると思います。

見せ場が多い展開を期待しながら、ドラマを観て行きたいと思います。

また、新しい展開などがありましたら、追記させて頂きたいと思います。

【TWO WEEKS】黒幕犯人は誰なのか?評判になっている予測を紹介

今回は、ドラマTWO WEEKSの黒幕や犯人予想について書いています

TWO WEEKSドラマでは、黒幕や犯人が存在していて、最終的にこの黒幕や犯人に冤罪の疑いをかけられた主役の結城大地が黒幕や犯人に制裁を行い解決に持っていく話です。

原作では、黒幕や犯人が分かりやすく同一人物だったのですが、リメイクされた日本版ではこの点を変えてくることも想定されますので、この点を考察すると物語が面白くなると思います。

評判ではどのような予測が多いのでしょうか?

早速見てみましょう!

色くん黒幕ワンチャンって思ってましたー!久留米くんだった!どんな特殊枠だったんですか??

柴崎要か、久留和保どっちかが黒幕なんですかね…

TwoWeeks相手の役が好きな俳優さんで、日本での犯人役が誰か気になります

三浦春馬と芳根京子が犯人を探す!

引用:twitter

評判になっている予測では、誰が犯人なのか分からないという感想が多かったです。

柴崎要か、久留和保のどちらかが犯人で黒幕という意見もありましたが、二人以外の人物で最終で意外性のある人物にするという予測もありました

現段階では、やはり柴崎要か、久留和保の二人のどっちかか、両方かという予測が多いようですね^^

今後の展開では、変わることもあるかと思いますので、もし何か変化などがわかり次第、追記させて頂きます

今後の黒幕、犯人を予測しながら、ドラマを観て行きたいと思います。

最終回ではどうなる?大地と月島楓の仲の結末は?

2019年7月の夏ドラマで放送開始予定となるTWO WEEKSの最終回予測を紹介したいと思います。 6年ぶりに共演する三浦春馬...
Sponsored Link

【TWO WEEKS】黒幕犯人は誰なのか?原作での黒幕と犯人を紹介!

原作ドラマでは、ムン・イルソクが犯人で黒幕の人物でした。

最初のストーリーで国会議員のチョ・ソヒと癒着して、お金のやり取りを行い、警察組織を裏で操り、主役を冤罪の罪で捕まえるという展開でした。

犯人と黒幕のムン・イルソクは、最終場面で主役との戦いを行うものの負けて、最終的には主役のチャン・テサンが勝って、無事事件解決をするというストーリーでした。

最終場面では、子供の命を救い元妻と子供とキャンプに行き、しっかりした夫になって帰ってくるというセリフを残して別れるという話でした。

最終的には、冤罪を晴らし、家庭を大事にすることの重要性や父親としての優しさ、アクションで黒幕犯人を派手にやっつけて制裁を加える展開、全てがかなり見どころ満載のドラマでした。

今回、日本版ではムン・イルソクの役におそらく柴崎要が演じられ、主役チャン・テサンを三浦春馬さん演じる結城大地役となると思われますが、ムン・イルソクの黒幕の部分は一部修正されて久留和保が組むということに変更されるかもしれません。

日本版では、原作と同様に敵を粉砕して、感動的な結末で終われるか、ドラマで観て行きたいと思います

原作とドラマの違いの予測はこちらから!

2019年7月16日の夏ドラマで放送開始予定となるTWO WEEKSを紹介したいと思います。 6年ぶりの演技で三浦春馬さんが演...

まとめ

今回は、黒幕犯人は誰なのかをネタバレ予測という話題について書きました。

原作ドラマでの黒幕や犯人が今回のドラマと同じなのか?という部分の予測を中心に行っています

原作ドラマで描かれた主役と黒幕との最終対決が日本版でどう演出されるのか、今から気になりますね^^

今回のTWO WEEKSを観て、最終どうなるのか、原作と比べてみるのも楽しみ方に繋がると思われます。