【監察医朝顔】7話ネタバレ感想は母は生きている?泣けると話題

2019年7月15日から放送されている監査医朝顔のドラマ感想を紹介したいと思います。

今回は、母親は生きているの?泣けるという話題で盛り上がりました

また、母親を探しているところで、母親がしていた手袋が見つかり、その手袋をしていた骨をDNA鑑定するという話題がありました。

今回母親を探しに被災地に行った万木平の前で泣けなかった朝顔を気遣う桑原も素晴らしいという感想もありましたので、是非チェックしてみてくださいね^^

Sponsored Link

【監察医朝顔】7話ネタバレ感想は母は生きている?泣けると話題

今回は、監査医朝顔7話のネタバレ感想で、母は生きている?涙が止まらないと話題ということについてまとめさせて頂きました。

最初に手袋が見つかったという話題で、朝顔の元に電話がかかってきました

手袋には白骨があり、その骨のDNAを鑑定して誰の骨なのかを調べるという話でした。

前回の予告では、母親が亡くなってしまうことを暗に示すような内容だったので、この部分に対しては多くの人が母の骨では無いかと考えたと思われます。

ただ、今回ではDNAの鑑定結果では母親の骨ではなかったということで、ある意味まだ亡くなったことが確定はしていなようです。

この亡くなった人が母親の友人で、最後まで母親が優しく周囲の人を気遣っていた様子が分かり、上野樹里さんの悲しげな表情が印象的でした。

今までにないような悲しい表情で、母の優しい姿勢に心を打たれましたね

監察医の話では、毎日が遺体と接する日々で遺体に向かって「教えてください。お願いします」という文句を言ってから、亡くなった方に畏敬の念を込めて解剖をするということを行っています

ただ、これが自分の母親とか近親者だった場合には、涙が禁じえないのでは無いでしょうか?

日々遺体と向き合う朝顔はこの悲しみをよく分かっており、母が周囲の人に寒いから手袋を貸してあげたりした風景が、母親もきっと同じように亡くなっているという想像に繋がるのではないのでしょうか?

これからのストーリーでは、母親はまだまだ見つからない展開だと思いますが、何かの拍子に母が見つかるということもあるのでは無いか?と思われます。

早く母親と再会してほしいなあ!
上野樹里さんが喜ぶ顔をどうしても見たい!

avatar

父親の平が被災地に行って、毎回懸命に母親の遺体を探すという作業をしていますが、実際には生きていればまた違う展開にもなるかと思います。

実はこの部分が原作と違うところで、原作では母は既に亡くなっていたという設定なので、毎回のように母を探すということは、母親が別な場所で生きているということも考えられます

今回の監察医朝顔で、母親がもし生きていて入院していて、誰にも会えないという内容で、最終回近くで出会って、母親が退院してから家族みんなで食事をする風景があれば、これ以上の話は無いと思います。

また、母親が亡くなる前に友人に手袋を貸していたということも母親が優しいということを表す内容で忘れられないことでは無いかと思います

母と朝顔が被災の前に朝顔を逃がしたこともこの優しさの現われで、このドラマの母は優しいというイメージが強いです。

母が震災当日に朝顔を父親のところに行かせて、朝顔に挨拶をする場面はこちらから

「監察医朝顔」は2019年7月8日から毎週月曜日21時より放映されているドラマです。 今回はドラマ「監察医朝顔」の1話から最新話まで無...

私生活での日々の大切さを描く監察医朝顔で、全く会えると思っていなかった母親に出会えて、家族団欒を果たすことができるという話は心が温まりますね

人間として感じる幸せが、普段気付かずにある人との触れあいにあるということを教えてくれるドラマだと思います

最終回まで目が離せないですが、母と出会えるのか、観て行きたいと思います

【監察医朝顔】7話ネタバレ感想は母は生きているという話題について紹介

今回は、監察医朝顔のネタバレ感想で母は生きている?という話題で盛り上がりました

SNSで評判になっていますので、紹介したいと思います

それでは見てみましょう!

お母さんの骨ではなかった… 生きているかもしれないという希望はかすかに繋がったけど、またあてもなくお母さんを探す日々が始まる… どっちに転んでもつらい…

お母さん…。生きているのだろうか?亡くなっているのだろうか? 気になる…。

朝顔の母、刑事が家庭を持つ事の厳しさ…… 桑原君に語る時の平パパの背中は広くて、険しいですね。 刑事として、父として……辛酸を散々味わってきた男の生き様が表れてるな。

お母さんの話になると涙が止まらない

あの日は本当に寒かった。そして怖かった。酷い話も聞いたけど、朝顔のお母さんのように助け合ってそれぞれが寄り添ってた現実も溢れてたんだと思う。涙が止まらない。それでも現実に向き合ってちゃんと生きて笑って食べて、それが一番幸せな事なんだって改めて教えてくれるドラマだなぁ。

上野樹里ちゃんの涙には毎回泣かされてしまう…

柄本さんが普通に言った「里子に会いたい」が心に響いて感動した… �柄本さん本当に凄い!帰りの運転中に込み上げてきたお父さんの涙、遺品を受け取ってずっと見つめながら溢れる朝顔の涙…一つの区切りを決心した瞬間、もらい泣きをしてしまいました

引用:twitter

今回のドラマでは、母が生きているということと涙が止まらないという感想が多かったです。

特に一番の幸せなことなんだって改めて教えてくれるドラマという感想がやはり一番響きましたね!

いつも悲しい話題ですが、日々大切に過ごすことで、幸せを受け止めて人との絆の大切さを思い起こされます

母親が生きているにせよ、亡くなっているにせよ、監察医朝顔の役を演じる上野樹里さんの演技が、切実で貰い泣きしてしまいますね^^

今後の話題がどうなるのかということや上野樹里さんの表情がどうなるのかを注目して観ていきましょう!

母が生きているのかについて予測!最終話結末について

2019年7月8日に放送された1話監査医朝顔ドラマで、母親と生き別れになった場面で母親は生きているという予測について書いて行きたいと思います...
Sponsored Link

【観察医朝顔】7話ネタバレ感想!母親が生きているのかどうかについて

今回、7話の感想では母の手袋が見つかり、白骨が入っていると連絡を受けたことからスタートしました

本来は母が生きているかどうがを調べて、亡くなってしまっているということでしたら、ストーリーとしては母親とはもう出会う場面が無いと諦めてしまえますが、亡くなっていない状態であれば、また出会えるかもしれませんね

このストーリーの設定だけが原作とは違っている主要な部分なので、ドラマでは最後まで母がいるのかどうかが謎で進むと思います

最後の最後で亡くなっているとなってしまうとまた悲しすぎるので、おそらく母がどこかで生きているということでストーリーが進んでいくのでは無いか?と思われます。

何とも言えないところではありますが、母親との出会える場面を期待して観て行きたいと思います。

原作との違いは?犯人と桑原との関係についてネタバレ予測!

2019年7月8日の夏ドラマ放送開始予定となる監察医朝顔と原作との違いを紹介したいと思います。 今回ドラマでは、上野樹里さん主...

まとめ

今回は、監察医朝顔7話ネタバレ感想は母は生きている?涙が止まらないと話題ということについて書きました

母の手袋が見つかり、母が亡くなっているのではないかという憶測が流れました

次回以降ではまだまだ母を捜し続けることは続くと思いますが、次第に明るいニュースも入ってくるのでは無いかと思います

監察医朝顔が毎回実生活で生きている実感やどうしようも無い悲しみを乗り越える姿を描いているので、本当の幸せを感じながら観ていければと思います

監察医朝顔を見逃した場合やもう一度観たい場合にはこちらから

「監察医朝顔」は2019年7月8日から毎週月曜日21時より放映されているドラマです。 今回はドラマ「監察医朝顔」の1話から最新話まで無...