【監察医朝顔】原作との違いをネタバレ予測!犯人と桑原の結末は?

2019年7月8日の夏ドラマ放送開始予定となる監察医朝顔と原作との違いを紹介したいと思います。

今回ドラマでは、上野樹里さん主役の監察医万木朝顔が、遺体から亡くなった原因を探ることで、亡くなった際の状況を元に実際起きた事件の真相や原因を調査し、遺体となった実際の出来事を暴きだしていくことに意義を見出す仕事が描かれています

特に今回監察医万木朝顔と時任三郎演じる父親の万木平が仕事を通して、仕事にかける意地や協力をしあう素晴らしさを醸し出すヒューマンドラマがテーマとなってます。

漫画の原作より以上に状況や背景に微妙な変化が加えられて、様々な違いがありますので、原作との違いを中心にネタバレ予測をしたいと思います。

今回のドラマを観る上で、必ずヒントになる部分があると思いますので、参考までにしてみてくださいね^^

Sponsored Link

【監察医朝顔】原作との違いをネタバレ予測!犯人と桑原の結末は?

今回は、原作である監察医朝顔の漫画とドラマの違いについて書いています

原作漫画で書かれている背景や犯人像や夫の人間についてスポットを当てています

ドラマと漫画での違いも多いので、是非見てみてくださいね^^

ここからはネタバレ予測になります。

avatar

ドラマと原作では大きく異なるのかな?

苗字も変わるし、全然別な物語っぽいよ~

avatar

avatar

それなら、朝顔と夫が仲良くできるのも観れるかもね。楽しみ!

原作では、山田朝顔が刑事の父親と遺体解剖を通して、事件や亡くなった真相を明らかにしていくことを生きがいに仕事を行う監察医として働いています

父親は朝顔を頼って、かなり腕が立つ監察医として、いつも朝顔の解剖に協力しています

朝顔は父親のことをかなり好きな娘で、多くの事件の真相を都度独自の勘や観察力で暴き出すことに長けています

この朝顔の母親は、震災で亡くなっているという設定で、母親を亡くした悲しさから立ち直るために仕事に打ち込む日々を送っているという内容です。

この背景で、少しずつドラマと原作では違いがあります

まずは、苗字ですが、原作の山田という姓から万木という姓に変わっています

そして、大きな違いが、母親が亡くなっているかどうか不明で、震災が阪神淡路大震災で亡くなっている原作に比較して、ドラマでは東日本大震災で不明となっているという設定です。

これは、ドラマで母親と再会する可能性を含ませているという内容です。

ヒューマンドラマで家族との再会も望まれるということが大きな違いです。

原作では、犯人像となる犬井という桑原の元奥さんの君子を陥れる犯人が現れてきます

君子の命を犯人に奪われた桑原は、その後葬式を済ませてから朝顔の告白で再婚をすることを決めます

ドラマでは、桑原は独身という設定で、君子が亡くなったということは無いと思われます^^

この点が大きな違いで、君子がいないということは犯人は今のところは居ないということになります

ドラマが進んでいくうちにもしかしたら、犯人などが出てくるかもしれませんが、ドラマの主旨からするとその可能性も低いと思われます。

原作では、その後桑原が犯人との抗争に巻き込まれ、犬井と共倒れで亡くなるという展開がありますが、この部分はもしかしたら、違う原因で亡くなるという可能性もあります。

ただ、原作で描かれている暗いダークなイメージは払拭されて、純粋に監察医としての活動にスポットが当たる展開だと予測します!

最後の違いとしては、朝顔と桑原の間に出来た子どもですが、原作では桑原が亡くなった後にできた子どもが女の子で、子どもが居ることで悲しさを乗り越えて生活に励む朝顔の姿が印象的となっています。

ドラマでは、桑原が生きているということも考えられますので、女の子と男の子を産んで、仕事に励みつつ子育てと父親との対応に励む朝顔も観られるかもしれません。

父親が原作では糖尿病の気があり、食事制限など詳細に渡って気にかける朝顔が、ドラマでは違った顔も観られると思いますので、この点も注目です。

もしかしたら、原作で倒れて救われた父親が、最終場面で亡くなってしまうという展開も考えられますので、楽しいことばかりでは無いかもしれません

ただ、ヒューマンドラマとして、かなり多くの役柄の人達に見守られながら、監察医という仕事を通して、警察や関係者に貢献する仕事に励む朝顔の姿がドラマで観て元気を貰えるドラマとなると思われます

感謝をしつつ仕事に励むことの大切さをドラマを通して感じていきたいと思います。

【監察医朝顔】原作とのキャストの違いをネタバレ検証!桑原と子どもはどうなる?

今回は、ドラマ監察医朝顔の原作との違いで、出演されるキャストの違いを予測しています。

監察医朝顔ドラマでは、一体どのようなキャストが登場して、どのような演技をされるのでしょうか?

ドラマと原作のキャストと登場人物との違いはどのようなものなのか?確認していきたいと思います。

山田朝顔と上野樹里

原作の山田朝顔はどちらかというとほんわかとして、多くの遺体をテキパキとこなす反面、父親や周囲の人達に囲まれて多くの困難を乗り切っていこうとする自分に厳しい人として描かれています。

今回ドラマでは、上野樹里さんが演じる万木朝顔として登場されますが、ドラマでも同様にテキパキと仕事をこなすという役ですが、いつも厳しい表情や悩み事を抱えている反面もある感じに写ります

原作のようにほんわかとした感じよりは、苦難を抱きながら、仕事をこなして、周囲に気を遣うあり方が表現されるのでは無いかと思います

それだけに母親が見つかったり、子どもが生まれたりする場面では、人生で最高の時間を過ごす演技になるかと思います

ドラマでどのように演技されるのか、注目していきたいですね!

桑原真也と風間俊介

原作の桑原は、かなり裏の面も持ち合わせているが、家庭には凄く思いやりがあり、暖かい人です

ドラマでも風間俊介さんがその役柄を演じられると思います

ドラマと原作の違いでも書いた通り、ドラマでは亡くならずにずっと一緒に生活をすることができると予測されます

その際に父親としてどのように朝顔と生活をするのか、ということが見どころになると思われます

暖かい父親役を人間気溢れる朝顔の父親とともに支えていく風間俊介さんの演技に期待ですね^^

万木平と時任三郎

万木朝顔の父親である万木平は、原作ではかなり朝顔にちょっかいを出したり、仕事に厳しい反面暖かい人です。

ドラマでもそのイメージがありますが、時任三郎さんは、万木朝顔の上野樹里さんに仕事の大切さや人情味を持った生活の暖かさを教える役割だと思います。

上野樹里さんが、始めは人を拒否したり、心を閉ざす場面があるかと思いますが、少しずつ懐柔していき、万木朝顔が結婚したり、子どもを産んだりすることで、心が開放されていくにあたって、その場に合った会話がされるでしょう!

時任三郎さんの暖かい言葉にも注目して、ドラマを通して暖かい心の在り方を知るのもドラマの楽しみだと思います

ドラマの内容は、修正されていくかと思いますが、人間味のあふれる演技であることは、間違い無いと思われますので、是非その人の温かさを肌で感じて行きたいですね!

ドラマ監察医朝顔を注目していきましょう!

最終回予測で、朝顔と桑原の子どもは女の子?男の子

2019年7月の夏ドラマ放送開始予定となる監察医朝顔の最終回予測を紹介したいと思います。 2019年7月より監察医朝顔が始まり...
Sponsored Link

【監察医朝顔】原作との違いをネタバレ予測!みどころ紹介

原作では、朝顔が最初は仕事だけが生きがいだった生活に恋をしたり、結婚をしたり、子どもができたりして、様々な心境の変化やその場面場面での人との触れあいが見どころでした。

ドラマでは、母親が不明となっており、寂しさを仕事で紛らわす万木父娘の様子から、大勢の家族や同僚の協力により、桑原との結婚や子どもの出産などや母親との再会も含め、みどころが満載だと思います。

原作と異なる事件で人が乗り切っていくのが今回の見どころで、どうやって乗り切って、多くの人達がどうやって協力しあうのか、この点をじっくり観ていければ、ドラマでの楽しさが伝わってくると思います

監察医として、事件をどうやって解決していくのかという部分も今回のみどころです

事件を通して、多くの人に感謝されながら生きることの素晴らしさをこのドラマを通して観て行きたいと思います。

最後は、考えもつかなかったようなハッピーエンドがドラマを通して観ることができれば、記憶にも残る作品となりますので、是非今後の展開を観て行きたいと思います

原作漫画との最終場面の比較で、朝顔と桑原の結末は?

2006年~2012年に漫画サンデーで連載され、2013年からは電子書籍で連載された監察医朝顔朝顔の原作漫画のあらすじと見どころを紹介したい...

まとめ

今回は、ドラマ監察医朝顔で、原作との違いをネタバレ予測!犯人と桑原の結末は?という話題について書きました。

原作漫画とドラマで最終回も含め、違う展開を予測しました

ドラマでは、多くの人達がハッピーで終わることができ、原作以上の作品になって欲しいと思います。

監察医朝顔を通して感動して、仕事の大切さやそこに関わる人達の暖かさを感じることができればと思います

監察医朝顔を見逃した場合やもう一度観たい場合にはこちらから

「監察医朝顔」は2019年7月8日から毎週月曜日21時より放映されているドラマです。 今回はドラマ「監察医朝顔」の1話から最新話まで無...