テセウスの船原作漫画8巻ネタバレ感想!真犯人みきおの犯罪の真相は?

テセウスの船の8巻のネタバレ感想では、真犯人みきおの犯罪の真相は?という話題がメインテーマになっています。

冬ドラマのテセウスの船では、漫画原作でどのように描かれているのか、今回の犯罪の真相は何?ということで注目が集まっています

今回は原作8巻の漫画のネタバレ感想を取り上げています

テセウスの船8巻で出てきた真犯人が何故罪を犯したのかというストーリーについて書いていきたいと思います。

今後ドラマテセウスの船を観る上で是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

テセウスの船原作漫画8巻ネタバレ感想!真犯人みきおの犯罪の真相は?

テセウスの船原作漫画8巻ネタバレ感想!真犯人みきおの犯罪の真相は?という話題について紹介したいと思います。

まずは、あらすじから紹介していきます。

※以下、原作のネタバレを含みます。

8巻あらすじ

亡くなった人の目を抱えて現れた人物は村田藍(未来の整形した鈴)の旦那の木村みきおでした

木村さつきの命を奪ったのか?と心は話すとやっと会えましたねと心に向かってしゃべりかけるのでした

お前が犯人なのか?と尋ねると、いつも送っていた絵は届いていましたか?とみきおは話すのでした

あれは何の意味だ?心が尋ねるとみきおは自分に合いにこいというメッセージだと話をしました

木村みきおに目的は何なのか?何故人の命を奪ったのか?何故壊さなければならなかったのか?と尋ねるものの、どうでもいいじゃないですかとみきおはつぶやいたのでした。

そして、みきおはおもむろに免許証を出してタイムスリップする方法を尋ねてくるのでした。

ノートも見てどうやったら過去に戻れるのかということを心に訊くものの、心は何のことなのか分からないという様子でした。

この様子を見てみきおはポケットから刃物を出し心にどうやったらタイムスリップするのかを尋ねても分からないと心は話し、そしてただ一つ言えることは過去に逃げちゃいけないと諭す心がいました

心はみきおに自白しろと話をして、警察がここに来ると明かすのでした。

暫くすると霧が現れてきて、みきおは刃物を心の腹を目がけて刺すのでした

心は驚くものの周囲にあった椅子を持ち上げてみきおに投げつけて何とか難を逃れました

みきおはその話を信用せずに警察は来ないと話すものの、心は自身が犯罪を犯すことを予告したと話をして、その後に警察がやってくる様子がありました

逃げるみきおを心は追っていく途中で霧が濃くなり、みきおが見えなくなり転んでしまって気が付くと蝶々が待っている様子が見えました

ふと気づくと音臼村の風景がまた広がっていて、過去に帰ってきたことを実感するのでした。

ここはどこだと歩き続けるうちに腹に刺さった刃物で出血が激しくなり、意識が遠のいてその場に倒れてしまう心でした。

そこで倒れている様子に気づく村人が近づき病院に搬送されていくのでした。

その頃佐野文吾は21人の幼児が亡くなる事件の前で懸命に事件が起こらないようにお泊り会を延期するという申し出をしていました

心が気づくとそこには佐野文吾が看病していて、一週間近く眠っていたんだぞと話しかける文吾がいました

タイムスリップ3回目では文吾との対面でちょっとホッとしたよ^^

心が父親と会っている場面がすごくくつろいでいていい感じだね~

avatar

心は目を覚ます前に見た夢で21人の命が奪われる瞬間に加藤みきおが目を持ってまた会えたね心さんと話す場面がフラッシュバックしてきました

文吾に日時を尋ねると文吾は1986年6月20日で隣町の病院と話しました

そこで今まで未来に戻ったことを文吾に話すのでした。

心は未来の文吾に出会い父は犯罪で捕まってしまうということを話し、犯人は加藤みきおと木村さつきと話すのでした。

文吾の家族もやってきて、心は佐野の家に戻ることになりました

佐野の家に戻る途中で加藤みきおの家に行ったものの加藤は不在で表札もなくなっていました

佐野のパトカーの中でこれまでの経緯や霧が出てタイムスリップした詳細を文吾に話して、前回の変わった未来で一家心中した家族がいて、姉が結婚した加藤みきおのことを話すのでした。

そこに木村さつきがやってきて、加藤みきおが引っ越したことを明かしたので、引越し先の住居を聞き出すのでした。

木村さつきの家を送っていき、木村さつきの家にお邪魔するのでした。

文吾がお茶を飲むところで心は遮ってお茶をこぼして家の中を見回っていました

シアン化ナトリウムと書かれたビンは、父が禁酒するために書いたビンと話すさつきでした。

加藤みきおのことに話が及んで、加藤のおばあちゃんが病気になっていて隣施設に引き取られたことや家庭環境が良くなかったことと母親が亡くなり父親はいないということを話されたのでした。

木村さつきは、加藤みきおを養子にしようとすることを相談するのでした。

その帰りに心は2度目に戻った未来が最初の未来と違って、事件が起こったのが24日から25日になったことやオレンジジュースから牛乳に変わったことを話し、木村さつきが亡くならずに生き残るということを話すのでした。

未来から持って行ったノートを犯人が見て未来が変わった内容を文吾にも伝えて、文吾が最悪な未来を認識するのでした。

文吾が事件の詳細を整理して、明音が亡くなった日に加藤みきおが一緒にいたことが分かり、パラコートが田舎の家なので農業をしている家庭には置いてあるということが分かったという内容を調べ上げていました

三島明音が亡くなった事件も翼が連れていっていたものの、佐々木紀子に明音を探しにいくと話し出ていったことから真犯人が別にいると見立てていると話しました

加藤みきおの居ると聞いた施設に向かってみると、今日加藤みきおは親戚の人間に連れられて出ていったということが分かりました

加藤信也という叔父が連れて行ったという話をされたのでした。

加藤信也の行方を追うために連絡先を聞き出し連絡するものの、繋がらず病院に電話してみると加藤の婆さんは元気で危篤ではないということでした

その後自宅に戻った心は退院祝いに佐野の家族に宿されるのでした。

事件の準備ということで佐野文吾は警察に戻り仕事をこなすのでした。

和子の腹が大きくなってきて、子供の名前は正義という名前で決めていると話す家族がいました

心は文吾に引っ越すことを話すものの、文吾は正義のために一番望まないことが見て見ぬふりをすることと話して、引っ越すことを却下するのでした。

その頃、加藤みきおは田中議員の家に入っていく様子がありました

加藤みきおは田中議員の家で薬を飲ませる当番と勘違いしたと話すものの、田中議員は珈琲を加藤みきおに入れてもらうことを依頼して飲もうとした時にある質問をするのでした。

以前、加藤みきおがうさぎの二匹のうち子供をはらんでいない方の一匹の命を奪うという理由が赤ちゃんが生まれたらもっと遊べるからと話したことを質問するのでした。

加藤みきおは当時の毒で亡くなる様子やスコップで首を切ってぴくぴくしている場面が楽しかったと話し、田中議員は加藤君が命を奪ったのか?と質問をしました

その後に明音の事件も人間で実験をしたかったとみきお本人の犯罪をほのめかすようなことを話すのでした。

加藤の傍についていた男性が加藤みきおに今更田中議員の命を奪いたいとは思わないが、どうしても命を奪いたい人間がいるんだと話しをしている場面がありました

その直後田中議員の家は火事で燃えてしまっているという連絡が文吾のところに入りました

同じタイミングで佐野家の和子がいる自宅に加藤が訪れてきたのでした。

その時警察の事件の検証では明音の首についていた跡が何かの証拠になるのかということで検証が行われていました

以上で8巻のあらすじは終わります

今回は真犯人の名前が明かされ、事件の真相が明かされていく展開でした。

特に真犯人が過去にタイムスリップしようとする場面や未来が過去にタイムスリップすることで変わっていく様子を父親にも明かす場面がみどころでした。

今回の話題では真犯人の名前や事件の真相は何か?ということが注目点でしたね^^

過去の木村さつきが事件に関わっているような描写もされているのがありましたので、この詳細を調べることも注目点でした。

今後の展開で真相がどうなのかを確認していきたいと思います。

原作漫画7巻ネタバレ感想で真犯人は誰で目的や動機について考察していますので、チェックしてみてくださいね^^

テセウスの船の7巻のネタバレ感想では、真犯人は誰で目的や動機は?という話題がメインテーマになっています。 冬ドラマのテセウスの...

テセウスの船原作漫画8巻ネタバレ感想?犯罪の真相に対する世間の反応は?

テセウスの船8巻原作では、犯人である加藤みきおに腹をさされたタイミングで過去に戻るという展開でした。

今後の展開では加藤みきおがどのような目的で心や父親の文吾を加害者家族にしようとしたのかということが明かされていくと思います。

8巻では心に加藤みきおが迫ってきて過去に戻る場面が注目点です。

今回出てきた話の展開も含め、チェックしていきましょう^^

完結済の原作物なら、ドラマ版の改変、演出、頑張っていると思います。

犯人がワクワクするって言う事は、まだまだ真相に近づけていないということで.。 いつかきっと追い詰めて、アッと言わせたい…。 佐野家と心さんを取り巻く人々が幸せな未来を迎えられるように…。

遅れて見てるけど なんで本人にノート見せんの?笑 見せて真相伝えたほうが早くね?ってこういうタイムスリップ系みたら絶対思うわ

過去と現在。両方からアプローチしていかないと、真相には辿り着けない…?今回は戦う材料が少なすぎて、完全に犯人の一人勝ちだったし。未来が変わった事で、新たに見えてくる事もある筈。心の頑張りが悲惨な結末だけじゃなく、希望に繋がっていると信じて。

うん!盛り上がってきた!まさかもう一回戻っちゃうとは!! 今の時点での犯人予想は… 未来の田村心!(しかも事故的な) それを知った上でオヤジが捕まって、現代でも、過去の世界でミスった心に、ミスを知られないよう、真相を語ってないと予想。

引用:twitter

今回の事件の真相ということで、ワクワクする犯人の描写にまだ真相にたどり着けていないという考察がありました

犯人予想が心本人という予想もありました

テセウスの船は原作8巻以降がクライマックスとなっており、ドラマの展開の参考にもなると思われます

ストーリーの中で出てくるテセウスの船の事件の真相がどのようなものなのかを考察してみましたので、是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

テセウスの船原作漫画8巻ネタバレ感想!事件の真相について予測

テセウスの船8巻では、過去の事件である明音の捜査でどのような手がかりがあったのかという場面で終わっています

実際に事件を起こした真犯人が加藤みきおということで過去の犯罪が変わっていくということが描写されており、かなり過去から未来への流れで、みきおの本来の目的が何なのか?ということに注目が集まるところです。

加藤みきおは、過去から佐野家の事件に絡んでおり、全ての犯罪を佐野家の加害者として冤罪を押し付けている展開が続きます

これは佐野の娘鈴が加藤みきおの目的だったと考えられます。

鈴を巡る歪んだ恋愛が鈴の家族の佐野家や友人にまで及んできているのだと思われます。

事件の真相としては、鈴を手に入れるようとしている加藤みきおが、それ以外の人間は全て始末をしてしまいたいということに端を発した事件で、佐野鈴の父親である文吾や心はこのことを事件を追っていくうちに明らかになってくると展開です。

avatar

加藤みきおが望んでいたのが鈴との恋愛だったら、他の人間たちに危害を加えている理由が大変気になるね~

家族ぐるみでの解決がどう真犯人に結び付くのかこれからのストーリーでチェックしてみたいね^^

このことから愉快犯でありながら、動機は佐野家の鈴という女性をサイコパスである加藤みきおが恋愛表現をできずに将来妻となるものの、初めて感じていた恋愛感情が無くなってしまったことが犯人が事件を犯す真意だと考えます。

今後の展開では加藤みきおが起こした事件や目的が明らかになる展開だと思いますので、加藤みきおの行動や考えをチェックしていきたいと思います。

ドラマテセウスの船でサイコパスとなった真犯人がどう演じられるのかを楽しみに観ていきましょう!

原作漫画6巻で、車椅子や首謀者の正体が誰なのかについてネタバレ考察していますので、参考までにしてみてくださいね^^

テセウスの船の6巻のネタバレ感想では、車椅子や首謀者の正体は?という話題がメインテーマになっています。 冬ドラマのテセウスの船...

まとめ

テセウスの船原作漫画8巻ネタバレ感想!真犯人みきおの犯罪の真相は?について書きました。

8巻では真犯人の加藤みきおが心を襲ってくるものの、再度過去に戻り事件を犯そうとする加藤みきおの真意を見ていくことが注目点でした。

ストーリーの最終話に向けて真犯人がどのような考えで生きているのかを観ていくと楽しみが膨らみます

今後のストーリーで演じられると思う真犯人の考えなどを見ていこうと思います

原作のストーリーを元にドラマでどのように演じられるのかを楽しみに観ていけば楽しみも膨らむと思いますので、是非見てみてくださいね^^