テセウスの船原作漫画6巻ネタバレ感想!車椅子や首謀者の正体は?

テセウスの船の6巻のネタバレ感想では、車椅子や首謀者の正体は?という話題がメインテーマになっています。

冬ドラマのテセウスの船では、漫画の原作で全く違った未来になったということで注目が集まっています

今回は原作6巻の漫画のネタバレ感想を取り上げています

テセウスの船6巻で出てきた文吾を犯罪者にしている黒幕というストーリーについて書いていきたいと思います。

今後ドラマテセウスの船を観る上で是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

テセウスの船原作漫画6巻ネタバレ感想!車椅子や首謀者の正体は?

テセウスの船の原作漫画6巻ネタバレ感想で事件を起こした首謀者の正体は?という話題について紹介したいと思います。

まずは、あらすじから紹介していきます。

※以下、原作のネタバレを含みます。

6巻あらすじ

心と村田藍は墓場で二人の顔を確認していました。

心の顔が昔の知っている人に似ているということを藍は話しましたが、今でも夢で観ることがあるので忘れることができないと話しました

当時父親が捕まる場面ではかくれんぼをして父親と遊んでいた話を心にするのでした

そのまま帰ってこない父に心は父さんが犯罪者かと思うかと尋ねたものの、藍はその話はどうでもいいと話題にしませんでした

当時一家心中で母が兄の慎吾と心には知らないところで睡眠薬を飲ませて練炭で命を絶とうとしていたものの、鈴は父さんのかくれんぼの夢を観て生きなきゃダメだと思い体重の軽い心だけを抱いて助かったという話をしました。

かくれんぼをやめて警察に引き渡される時の父親の言葉は「正義は勝つ」という言葉でした。

鈴はなるべく父親に関わらず名前を変えたものの妊娠してから父親に会いたいと思うようになったと話しました

村田藍として隠し通すことが子供や夫のためになると信じて、本当のことは明かさないようにしたいと話してから、心に本当のことを話せばいいと諭されてもどうしても本当のことを言う勇気が無いと話すのでした。

鈴は心に自宅で旦那に会っても挨拶だけして帰って欲しいと話をするのでした。

父親に心と村田藍が鈴として面会し、父親は満面の笑みで迎えました

鈴は父親に無罪を信じていると話をすると父親からは佐々木紀子が無罪の証拠を整えているという話をしました

もしかしたら、父親が刑務所を出られる日も来るかもしれないと話をされるのでした。

自宅に帰ろうとしているところで、村田藍に話しかけようとする男性が居ました

車いすに乗っている男性は木村みきおとそのお義母さんと紹介され、ふと見るとどこかで会ったことがあるような人達でした。

木村みきおとお義母さんもどこかで会ったことがあると話をしていました

家に行こうとする場面で心は会社の用事で東京に帰らなければならないと話をして帰ろうとします

木村みきおはお土産を持って行ってもらえばと村田藍に話をして自宅に入ってもらうようにせがみました

自宅に帰り木村みきおは心に挨拶をするものの、村田藍は飛行機の時間を気にしたりして心が長居しないように心に帰るような素振りをみせます

木村みきおとそのお義母さんは誰かに似ているという話題で心とゆっくり話しようとしますが、携帯の電話を鳴らして心に会話を中断するように仕向けます

木村みきおが違う部屋を案内したままに部屋に入ると暗い部屋でしたが、鈴の小学校の頃の写真に気づきます

その写真を見ていると木村みきおが部屋に車いすに乗って入ってきてその写真の時の様子を話すのでした

当時音臼小学校でお泊り会に参加して、小学校で真犯人に会ったと話をして、その真犯人は佐野文吾ということを木村みきおは話します

当時翌日に牛乳を飲んで21人が亡くなり当時加藤みきおは奇跡的に助かったものの半身不随になったということを明かしました

また写っていた木村さつき先生がお義母さんだということも加藤みきおは明かしたのでした。

加藤みきおが車いすに乗っているものの藍が気にしていることを掘り返す態度が異常だ!

何かみきおは違うことを考えて心や藍に接しているに違いないよ~

avatar

帰ろうとする心に来週に慰霊祭があることを知らせて、参加を依頼するみきおとさゆりでした

その後姉の鈴である村田藍がみきおと結婚した経緯を話し、当時の被害者であるみきおとさゆりに名前を変えてサポートしようとしたことを心に知らせるのでした

彼は本当に自分たちのことを知らないのか?鈴に話かけるものの鈴はこのまま隠すことを貫くと話しました。

心は元の現在で妻だった由紀に翌日取材の依頼をするのでした。

夢で心は由紀のおばあちゃんの形見の指輪が海辺で指輪が亡くなり、何度も探しても見つからない時に心が婚約指輪を渡した話を観ていました

翌日由紀と喫茶店話す時に形見の指輪をしているのを見て、心は思わずどこにあったの?と話す場面で、由紀は形見の指輪だとどうしてわかったのかということを質問し、どこかで以前出会っていたのかと不思議に思いました

心はその場で木村鍍金工場に働いていた佐々木紀子が今回佐野文吾の無罪の証拠を出すということを話して、姉の旦那とその義母に心が誘われていることを話をして、姉が偽名を使っているということも明かしました

この話を木村さつきが後ろの席で携帯のレコーダーを入れながら聞いていました

その時村田藍と旦那は安産のお守りを買うために神社に参拝に行っていて携帯に心から慰霊祭を記者と行くというメッセージをみきおは見てみきおのことが本当に好きなのかを藍に訊いて愛を確かめていました

その後、木村さつきは鈴である村田藍を脅して一緒に連れて佐々木紀子の家に乗り込み、佐野文吾が無罪である証拠を出さないようにするため密かに命を奪うために襲おうと自宅に訪れるのでした。

以上で6巻のあらすじは終わります。

今回は加藤みきおが木村さつき先生の子供になり、木村みきおとして出てきて車いすに乗っている場面に違和感を覚えたのが正直なところです。

鈴が整形して変わった後の村田藍が心に自身の過去が分からないようにするため早く帰って欲しいという場面が何度もありました

今回の話題では木村さつきが佐野が冤罪であることを探られないようにする動きが衝撃的でしたね^^

元々心が先生になることを応援してくれた木村さつき先生とは違ってしまった人格に今回の新しい未来がすさんだものに見えました

今後の展開を確認していきたいと思います。

妊娠の女性の絵についてネタバレ考察していますので、是非見てみてくださいね^^

テセウスの船の5巻のネタバレ感想では、妊婦の女性の絵は誰?という話題がメインテーマになっています。 冬ドラマのテセウスの船では...

テセウスの船原作漫画6巻ネタバレ感想佐野文吾の無罪証拠を邪魔する人は?

テセウスの船6巻原作では、鈴が過去の事件に関わらずに新しい人生を過ごす描写で、最後に木村さつきが佐野文吾の無罪を証明する佐々木紀子の自宅を訪問する展開でした。

佐々木紀子はこの事件のことを知っているものの、この事件を首謀したものの協力者が木村さつきだということは知りません

6巻の中では木村さつきが佐野の無罪を証明するという場面でこの証明されることを恐れているような描写があります

特に木村さつきが村田藍に過去鈴だったことを隠す代わりに佐々木紀子に青酸カリを飲ませる等して命を奪うことの協力を仰ぐような場面もありました

このことから木村さつきが佐野文吾の無罪の証拠を出させずに実刑を履行させることを考えている人物ということが分かります

最初に居た木村さつきとは既に人格が変わり、犯罪者に手を貸すような人になってしまったことが6巻で分かります

ストーリーの中で出てくる車いすの男性が加藤みきおということで、今後犯人が誰なのかをネタバレ考察したいと思いますので、是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

テセウスの船原作漫画6巻ネタバレ感想!ドラマでのみどころ

テセウスの船6巻では、木村さつきと養子になった加藤みきおが車いすで現れてくる場面が新しい内容でした。

以前木村鍍金工場で青酸カリを盗んだ佐々木紀子が父の佐野文吾が無罪である証拠を提出しようとする場面で文吾と姉鈴は喜びます

ただ、その喜んだことも束の間木村さつきが文吾の無罪を主張されるとまずいということで佐々木紀子の自宅の住所を突き止め鈴が扮する村田藍に脅して命を奪うように指示するという展開になりました。

この首謀者は木村さつきと養子になった加藤みきおで、加藤みきおが裏で木村さつきに佐野文吾が無罪にせずに自身の罪が見破られないように仕組んでいる黒幕です。

加藤みきおはこうして木村さつきが面倒を看るという好意を利用して、自身の計画にさゆりを取り込んでしまったことが原作の物語です。

ドラマでは加藤みきおが裏で木村さつきを動かしたりする場面が観られると思いますので、その場面でどのように木村さつきをコントロールしているのかというところが見どころです。

avatar

加藤みきおって木村さつき先生に救われたのに犯罪に利用するなんてどうかしているね!

車いすに乗っていても迫力のあるような行動が多くて少しこわいよ~

もっと怖い様子で話かけずに木村さつきに話かけて犯罪を庇う動きを恐怖心から操作する様子が描写されると思います。

おそらく、加藤みきおの場面は安藤政信さんが演じると思われますので、どのような話し方で演じられるのか楽しみですね^^

放送されるドラマテセウスの船で演技を楽しみながら観ていきましょう!

テセウスの船で起こる現在や過去に衝撃の変化のことを書いていますので、是非チェックしてみてくださいね^^

テセウスの船の4巻のネタバレ感想では、過去と現在の果てに違った現在に戻るという話題がメインテーマになっています。 冬ドラマのテ...

まとめ

今回はテセウスの船原作漫画6巻ネタバレ感想!車椅子や首謀者の正体は?について書きました

6巻では鈴が弟の心に今まで生きてきた中での迫害や母親に対して抱いていた感情等が印象的でした。

今後のストーリーとしては、次第に黒幕や首謀者である加藤の存在が色濃くなってくると思われます。

どのような展開で心と加藤は絡んでくるのか、心がどのようなことで黒幕を追いつめていくのか?見ていきたいと思います。

ドラマでは心情的な鈴や加藤みきおの様子を観て楽しんでいきたいと思います。