テセウスの船原作漫画5巻ネタバレ感想!妊婦の女性の絵は誰?

テセウスの船の5巻のネタバレ感想では、妊婦の女性の絵は誰?という話題がメインテーマになっています

冬ドラマのテセウスの船では、漫画の原作で全く違った未来になったということで注目が集まっています

今回は原作5巻の漫画のネタバレ感想を取り上げています

テセウスの船5巻で出てきたお腹が膨らんだ女性の絵を誰が描いたのか?というストーリーについて書いていきたいと思います。

今後ドラマテセウスの船を観る上で是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

テセウスの船原作漫画5巻ネタバレ感想!妊婦の女性の絵は誰?

テセウスの船の原作漫画5巻ネタバレ感想で妊婦の女性の絵は誰?という話題について紹介したいと思います。

まずは、あらすじから紹介していきます。

※以下、原作のネタバレを含みます。

5巻あらすじ

出会った由紀は今まで妻として接していた態度とは全く違ったものでした。

態度がよそよそしくて、心と出会っても田村と名乗る方が訪問に来たと聞いていると話し、心に住まいや連絡先を聞くのでした。

話の途中で父親がやってきて、警察を呼んだということで心は否応なしに自宅に急いで帰ることになりました

今まで自宅で一緒に住んでいた由紀は笑顔を絶やさずに接してくれたことを思い出しつつ、過去の由紀がいた自宅の暖かさを懐かしがる心でした。

翌日イヤホンが鳴らされて、自宅に由紀がやってきて話をすると記者をやっていて岸田という名で佐野文吾の事件を探っていることを話すのでした。

その時は記者の調査で訊かれる心は嫌になってしまい由紀を追い返します

過去に知っている由紀では無くなってしまったと心は打ちひしがれ、郵便で届いてきた気味の悪いお腹を抱えた女性の絵が誰なのかを探ることにするのでした。

女性の絵が描かれていることが大変気になるね~

何かこの女性の身の危険が襲い掛かることを暗示しているようだ!

avatar

昔臼村に行き刑務所に入っている父親に会い、心が居なくなった1989年に何があったのかを聞くために向かうことにしました

父に会って何を話しようか考えながら、心は今回の人生でどんな生き方をしたのかを過去のアルバムで調べてみました

自分が送った人生よりも良い人生を過ごしているということを見ながら分かっていきます

でも由紀とは結婚しなかったということが自分の人生と大きく違うということを認識します。

ふと調べてみると過去に郵便で送られた妊婦の女性の絵と同じような絵が自宅に届いていることを確認します。

そんな時に由紀は心の自宅に訪れてきて佐野文吾から預かったという手紙をポストに置いておくということをモニター越しで心は居留守で見ていましたが、そのポストの手紙を確認したところ、由紀に田村心に訪れて欲しいという内容の手紙でした。

もう28年もの時を経て佐野文吾は自分のことを覚えてくれているということをはっきりと理解した心でした。

翌日心は佐野文吾が囚われている札幌拘置所に向かったのでした。

文吾はすまなかったと謝罪をしてから、当時心が子供ということを信じ切れなかったが、本当であったと分かったことを話しました

心がいなくなった当時の様子を話すとともに心を追っていた金丸刑事が崖から転落して命を失ったことも話しました

その他にも兄弟が亡くなったことや母親が亡くなったことを話して、姉の鈴は当時の事件の時身を晦ました時はバス停で吹雪を凌いでいただけで鈴は事件に全く関わっていないことを明かすのでした。

当時は文吾が懸命に家族を引越しさせるように努めるものの母の和子に反対されできず、小学校で開かれるレクリエーションも村人の反対で取りやめることもできない状況だったと文吾は話しました

文吾はお泊り会の6月24日当日に警備をして自宅の鈴も慎吾も休ませて当日は自身だけで見張りをしていましたが、その日は何も起こらずに翌日の25日の朝に牛乳を飲んだ生徒が倒れているのを発見したと話します。

疑われたのは文吾で自宅から青酸カリが発見されたことが決定的な証拠となり捕まったと話をしました

その青酸カリが木村鍍金工場から盗まれたものという事以外には明らかにはなっていないということでした。

絵を見てもらおうと心が文吾に話すると、時間ということで警察の立ち合い者が文吾を連れていこうとして、その際に文吾は鈴が接見に来て話をしたことを話しました

鈴が子供を身ごもっているという話で文吾はまた来てくれと話をして立ち去りました

心が貰った絵の身ごもる姿の女性はもしかしたら鈴のことなのでは?と疑問がよぎりました

ネットカフェで心は事件のことを調べてみると人数は同じ21人ですが、犠牲者が以前の犠牲者の下の学年やOBの人に変わっていることに気づきます

さつき先生が以前被害者で亡くなっていたのが、今回は助かっていることに気づきました

取り上げられた記事に長女の鈴の疑惑を書かれていたのが気になり、本当に鈴は事件に関係無いのか?疑問に思う心でした

翌日、文吾に下着の差し入れをして再度会いにいくと絵の話で昔明音の事件の風水計の飛行機の絵と似ていることを話します

そこで心は父に鈴の住所を訊き出し鈴の家に行くことにしました

別れ際父親は鈴が昔と別人になったように全く身振りや顔が変わっていると話するのでした

心が鈴に会いにインターフォンを押すものの誰も返答せずに自宅から離れて歩きだしたところしばらくすると後ろから心を呼ぶ声がありました

姉が後ろから心を呼んで話しかけたのでした

姉の名前は村田藍という名前に変わっており、子供を身ごもっていおりその場ではまた連絡すると別れました

村田藍は自宅に戻り車いすに乗った旦那と話をして、男性は連れてきなよと話すものの藍はあまり話したがらず、名前も教えないでいました

突然テーブルをたたいたりして、友人や家族も知らせない藍に対して車いすに乗った旦那は問い詰めるのでしたのでした

そして結婚する話の了解を求めて藍と一緒になることを求める姿がありました

その頃父親の文吾は弁護士と話して、無罪主張を当時木村鍍金工場で働いていた佐々木紀子が行うと連絡があったことを知らされました

翌日心は姉と墓参りに行き、姉は当時受けていた周囲からの嫌がらせや母親が亡くなった当時の寂しさを語りました

寂しさから鈴も除草剤を飲み込み自ら命を絶つことを実行しようとしていたことも明かし、当時母親が人前で笑ったり泣いたり感情を見せてはいけないと周囲を警戒していた様子が心にもよみがえってきました

当時兄の慎吾が父親の大好物のカニラーメンの話をした際にビンタしてへらへらするなとしかりつける様子が頭から離れません

こうして、佐野家の過去の惨劇を姉から聞いた心でした。

以上で5巻のあらすじは終わります。

今回は違う未来で姉と出会ったものの、全く違う姉の姿を見て戸惑う心と母親達が亡くなる過去がどのようなものなのかを姉から聞く展開が楽しかったですね^^

心のもとに届く絵が意味することは何なのかを考えながらドラマを観ていくと楽しみが膨らむと思いますので、絵のことを考察していきたいと思います。

4巻ネタバレ感想では現在や過去の出来事が衝撃の変化をしていることを紹介していますので、チェックしてみてくださいね^^

テセウスの船の4巻のネタバレ感想では、過去と現在の果てに違った現在に戻るという話題がメインテーマになっています。 冬ドラマのテ...

テセウスの船原作漫画5巻ネタバレ感想絵の意味することは何?

テセウスの船5巻原作では、妊婦の女性の絵が気味が悪くて始めは心の妻であった由紀の子供を描写していると考える展開でした。

次第に心はその状況を把握していき、絵が意味することが鈴の描写ということに気づきます

ただ、本当に鈴なのか?というところで5巻は終わっています

鈴と車いすに乗った旦那の描写が過去にあった人生では変わった内容として描かれており、本来は結婚するはずだった由紀が違う人格になっていたところが驚きでしたね^^

過去の現在では、鈴は亡くなってしまっており今回の人生では生きていることから心自体の生き方も変わってしまっているところがテセウスの船の意味するところを表現しているようですね。

原作では絵の描写が多く、謎の原因が絵の内容にあるということが主な内容です。

今後の話題でも絵が意味するところを確認していくことで、謎を考察していくことに繋がり様々な描写に気づくことになると思われます

5巻では、お腹が膨らんだ女性の絵で描かれているのが鈴なのか由紀なのかを探っていくことが楽しいです。

ストーリーの中で出てくる伏線をチェックしていきながら、今後どのような展開があるのかを楽しみにしていきたいですね^^

Sponsored Link

テセウスの船原作漫画5巻ネタバレ感想!ドラマでのみどころ

テセウスの船5巻では、元々の人生では亡くなっていた人たちが生き残るというストーリーを元に物語が綴られています

今回のドラマでの見どころは、姉が今まで考えていた女性では無く顔や雰囲気が全く別人になってしまいどのような人生を送ってきたのか観ていくところが見どころです。

生き残っている人たちは元々心が音臼小学校の先生になることを勧めてくれた木村さつき先生や木村鍍金工場で青酸カリを盗んだ佐々木紀子等、事件に関わりを持ちやすい人物が多いです

一度は亡くなっていますが、誰がどんな関わり方をしているのかを観ていくのが楽しいです

原作では妊婦の性の絵を描いているのが、昔明音の風水計の絵を描いた加藤みきおで木村さつきがみなしごだった加藤を預かり加藤みきおが車いすに乗って村田藍に近づいたという経緯となります。

avatar

加藤みきおって一番初めの事件の時も今回も全く事件の被害になっていないようだけどね~

だから、何で車いすに乗っているのかっていうところも謎って考えると面白いね^^

この内容がドラマではもっと村田藍と加藤みきおとの関係がシリアスなものになっていく展開も予想されますので、注目していければと思います

佐々木紀子が父親の佐野文吾の無罪を主張するという展開になりますが、実際にはどうなるのでしょうか?

次回原作6巻での展開で描写される人間模様で確認してきたいですね^^

今後放送されるドラマでテセウスの船で展開を楽しみながら観ていきましょう!

明音の命を奪った犯人や黒幕は誰について考察していますので、参考までにしてみてくださいね^^

テセウスの船のネタバレ考察では、明音の命を奪った犯人や黒幕は誰?という話題で盛り上がっています。 1月から始まるテセウスの船は...

まとめ

今回はテセウスの船原作漫画5巻ネタバレ感想!妊婦の女性の絵は誰?について書きました

5巻では心が新しい未来でお腹が膨らんだ絵を見て、誰を描写している絵なのかを探っていく場面が印象的でした。

今後のストーリーとしては、この絵の正体や絵が意味するところが何なのかを観ていくことがドラマでの楽しみになると思います

特に一度は亡くなった鈴や木村さつき先生が生きていたらどうなるのかを観るのが楽しみですね^^

その中で犯人の意図や行動が意味していくことが何なのか?原作の展開からドラマを探っていきたいと思います。