ハケンの品格2の最終話感想は映画化に期待!最後はアドリブで終了?

春ドラマハケンの品格シーズン2の最終話では、S&Fでコンビニの記者会見の時に里中が独立宣言をした後大前春子に告白をした場面から始まりました

ハケンの品格2の脚本が変わったことで、ストーリーの方向性がシーズン1と大きく変わり大前春子が会社を追われてしまうということで盛り上がりました

今回はハケンの品格2の最終話の感想で映画化に期待で、最後の場面がアドリブで終了したのかということを書いて行きたいと思います。

ハケンの品格シーズン2で映画化になった場合にどのようなストーリーになっていくのか?ということも予想しています。

ドラマハケンの品格が映画化に向けてどのようになっていくのかを予想を是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

ハケンの品格2の最終話感想は映画化に期待!最後はアドリブで終了?

ハケンの品格シーズン2の最終話では、映画化に期待という声が多かったです。

続編よりも映画化に期待という声が高かったこともあり、ストーリーの最後で大前春子がアドリブで終了のような内容で終わっていたこともその理由です。

最終話では里中が大前春子に告白のようなセリフを話すことから始まりました

公私ともに大前春子と同じ方向を向いてこれから生きていきたいという言葉は、東海林も感じた通りどう見ても告白の言葉だと思われました。

ここで大前春子は暫く静止状態になっていましたが、そこから額に手を当てて熱が無いですねと普段通りの態度になったことからシャレのような感じでしたね^^

最終話では大前春子がちょっと違った感じで東海林と里中に接していきながら、いつもは社員に正論で打ち勝つところが、今回ばかりは無理が効かなくなっていきました

AIと囲碁対決をして勝てばコンビニにアジフライをレジに置くということを実現させられるという場面では、まともに勝負せずに囲碁文字でムダと書いたのがジョークになっていまいした。

そのことにも里中は腹を立てずに大前を見守り、大前がアジを海で釣ってから調理をする場面ではドローンに侵入者として検知されるものの、ドローンにショックを与えて壊してしまった後に馘になるという異例の出来事がありました。

ここでも大前春子はいつもと同じように里中を手伝いに来るものの、里中には馘になったことを知らせずに一日ムダなことのために働いたと話して泣いて帰っていく場面も新鮮でしたね^^

1年後に里中が独立をして店をオープンした場面では、何と演歌歌手として登場する大前春子がいました

演歌歌手になってしまった大前春子がまたもや意外性抜群で、とても新鮮でした。

大前春子が演歌歌手として里中のお店に姿を現す場面はこちらから

「ハケンの品格2」は毎週水曜日22時半から放映されるドラマです。 今回はドラマ「ハケンの品格2」の1話から最新話まで無料視聴するための...

ハケンの品格シーズン2では、シーズン1との内容とは全く違い派遣の枠を超えて独立開業した里中に演歌歌手として独立した大前春子というイメージがありました

派遣の域はとっくに超えていると思うけど、本当に超えたね^^

演歌歌手でデビューしてS&Fと専属契約になった大前春子も見たいね~

avatar

ハケンの社員からハケンで学んだ知識を元に独立していくという話題性に結び付けようとしたことが今回の進展です。

今後の映画化されて、ハケンの品格はどのような姿に様変わりするのか内容を考えてみたいと思います。

ハケンの品格2の最終話で、映画化に対する世間の反応は?

ハケンの品格では、今後の映画化に反応がありました。

ハケンの1と2の比較ということに対してもSNSの反応が多かったです。

今回出てきた話の展開も含め、チェックしていきましょう^^

前回も今回も視点が変わってたりしてすごいおもしろかった!! 大前春子!最強! 素敵なドラマをありがとうございました☺︎ 続編or映画 待ってます! ハケンの品格大好きです!!

大前さんのカラオケ好きが、演歌歌手デビューって形で伏線回収された! いきなりすぎてびびった。 コロナで話数減っちゃったし、映画化もしくは第3弾あると嬉しいな。 ハケンの品格すごく良かったよ。 面白かった。

ハケンの品格を映画化して欲しい‼️ という個人的ガンボー‼

映画「今日も嫌がらせ弁当」の持丸かおりが ドラマ「ハケンの品格」の大前春子に見えてくる。 キャラ弁検定1級とかあるんじゃないのかな

物理的にあと4週間で終わりっていうのが衝撃的すぎて受け入れ難い……タラレバ娘みたいにSPドラマとか、トリチューみたいに映画化も…大歓迎です日テレさん…

引用:Twiiter

今回はハケンの品格の映画化に対して反応した話題が多かったです。

特に大前春子のカラオケ好きが演歌歌手に高じたことも話題になっていて楽しかったですね^^

今後の流れでは大前春子が派遣の枠を超えて里中や東海林との仕事で派遣社員や演歌歌手などの得意分野で危機を救う場面が見どころになりそうです。

違った大前春子が見られる映画を希望する声が多いので、今後は様々な検討が重ねられていくと思います。

映画化した際のストーリーがどのようになるのかを予想していきたいと思います。

Sponsored Link

ハケンの品格2の最終話映画化になった後のストーリーはどのようになる?

ハケンの品格2ではハケンを馘になってしまう大前春子がいました

今まで派遣の仕事では優良でしたが、今回はもっと幅を持たせて派遣に収まらない趣味を活かして素晴らしい演歌歌手に転向していました。

ハケンの品格のテーマが派遣やバイトというくくりから、派遣社員が会社を渡り歩いて得た経験や自身で取得した資格のスキルを活かして個人事業主やもっと露出の多い歌手にも挑むというストーリーに変わってきています

今後の展開としては、このような派遣社員が自身の特技を利用して行う人のためのステージで演じる歌手や女優の仕事を目指す派遣の話になっていくと思います。

里中が独立して店を作る中、東海林は会社勤めで会社内で社長や部長の機嫌を取りながら過ごしていく展開になります。

映画化では会社を抜け出せない東海林が自立していけるように大前春子がタレントの立場で会社側と特別な契約で関わり合いを持ちつつ、東海林を支えて独立させる手助けを行う展開が予想されます。

里中の継に東海林が独立をすることで、より多くの仲間を世の仲に作っていきながら、派遣としてのみでは無く、派遣で得た多才な技術を人のために利用する大切さを教えてくれると思います。

今後新しいハケンの品格では、今までに無い東海林を始めとした会社勤めの苦労している人を助けて、成功につなげるような大前春子が見れると考えます。

新しい展開では派遣社員でも自分の主業を持った派遣社員ならすごいね^^

S&Fの東海林を助けるスタープレイヤーだったら、尚更楽しみにだね~

avatar

映画化で今までとは予想外の人を勇気付ける話し方や落ち込んでいる人を助ける接し方を観ることができれば楽しいですね^^

今後の映画化を待ちつつ、どのようなストーリーになるのかを注目して行きたいと思います。

7話で話題になった里中のプロポーズの場面から今後の展開を予想していますので、チェックしてみてくださいね^^

春ドラマハケンの品格シーズン2の7話では、コンビニを立ち上げた後に記者会見で話した里中が独立の言葉を出したことが注目点でした。 ...

まとめ

ハケンの品格2の最終話感想は映画化に期待!最後はアドリブで終了?について書きました。

ハケンの品格2の最終話で演歌歌手になった大前春子が今後どのようになるのかが楽しみですね^^

映画化した後では、東海林を独立させるために救う展開が予想されます。

里中と東海林と大前3人が揃って新しい働き方をしていくような展開も楽しみです。

今後もハケンの品格で映画化や続編がありましたら、追記させて頂きたいと思います。