愛しい嘘6話ネタバレ感想は雨宮は中野幸で確定!本物の雨宮は亡くなった?

2022年1月から開始されている愛しい嘘では、6話で望緒のデッサンの時に雨宮の耳が過去の耳と違っていたことを知り、今いる雨宮が中野幸だということで盛り上がってました

望緒と玲子と稜は雨宮の存在が雨宮だと確定させる為に古堀を尋ねに行くものの、古堀が急に姿を隠してしまったことから、稜が雨宮を疑う様子でした。

今回古堀が居なくなったのが雨宮に明日話しに行くと話した翌日に急だったことから、古堀と雨宮が繋がっていることが分かりました。

6話最後の場面で自身の耳の形が違うことで他人だと気付いた望緒の家から帰るところで、雨宮が叫んでいるところに現れた古堀との会話が次回の注目点です。

本物の雨宮がどのようになったのか、雨宮と古堀との会話がどのようなものなのかということで、今後の展開を考察してますので、是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

愛しい嘘6話ネタバレ感想は雨宮は中野幸で確定!本物の雨宮は亡くなった?

愛しい噓6話では、望緒が雨宮の母親から言われた不気味な言葉の命を奪われるという言葉に衝撃を受けていたところで、玲子から電話を受けた場面から始まりました。

玲子が雨宮が過去に傷害事件を起こしていて、逮捕されていたことを知らされたことで、望緒は雨宮に用事ができたとその場を別れてしまうのでした。

その後、深沢稜が車で迎えに来て、玲子とともに雨宮の傷害事件のことを確認し、古堀という女性の命を奪って、その兄の古堀和也から訴えられているということを明かされます

深沢稜は望緒を安心させようとして、自分も雨宮を信じたいと話して、何か有ったらまた引き戻すから暫く雨宮と距離を置くという玲子の話しをうまく受け流すようにしました。

そんな時、望緒に漫画の編集担当の佐々木から電話があり、望緒の出したネームが評判になり、連載が決まるということになったのでした。

ずっといままで嫌なことが続いた望緒が始めて素晴らしい話があったのがとても嬉しい場面でしたね^^

古堀和也の元に行った玲子と望緒は雨宮修一を訴えたことを聞いたところ、俯いて誤解だったということを話しました

妹のアキが暴力を振るわれ、気持ちのままに訴えたものの、誤解で妹は一方的に雨宮を追いかけていただけだと話します。

そして、その誤解で大変申し訳したということを話す古堀和也がとても感傷的でした。

ただ、別れた後に古堀和也が電話をして、何かを話す様子を見た望緒がなんとなく不安感を抱いていました。

望緒はそのことを玲子にも話し、古堀和也が来た時に驚いた様子に何か不自然さを感じましたが、玲子は弁護士が前に現れて驚くのが自然だと笑い流しました。

この話しを後日望緒は雨宮に話をして、疑ってしまったことを謝り、連載が決まったことを話すと嬉しそうにおめでとうと話す雨宮が似顔絵を書いて欲しいというのでした

その時、稜は知人友人たちを周り、雨宮のことについて評判を確認してました。

稜の友人の麻衣は雨宮について尋ねると、麻衣はひどいやつだったと話し、暴力が激しいので別れたと話しました。

他にもお金を貸していたというバー店員もいて、稜は次第に雨宮のことを疑いだすのでした。

その日の夜に望緒は稜に電話をして、今度雨宮からの提案で食事会を玲子と稜と雨宮と望緒の4人で開こうということを伝えて、会えるかどうかを確認しました。

その電話を切った後、麻衣の携帯の悪顔の雨宮の画像を削除するのでした。

雨宮が次第に怪しいことが出て来て、そのことを感じつつも望緒たちが真相を探っていく場面がとてもワクワクしましたね^^

玲子は赤字で書かれたみんな忘れないよ 中野幸と書かれたメモ書きをマンションの掲示板に張った人物を監視カメラで確認していました。

その人物は古堀和也で、何故古堀和也がこの張り紙を張ったのか謎でしたが、稜が古堀和也を以前中野幸の廃墟の家で見かけたことも思い出しました

望緒は古堀和也が驚いたのは、望緒や玲子のことを知っていたからで、もしかしたら、中野幸が古堀和也なのかと想像するものの、その根拠が見いだせずにいました

稜は本人に聞きに行くと話すものの、玲子は襲ってきた人だし、本当のことを話さず嘘をついているということから、現実的に厳しいということで、違う方法で探るように話します。

雨宮の自宅で同級生との集いで、雨宮に稜は古堀が中野幸だと思うと話したところ、雨宮は驚いていました

稜は翌日に古堀に雨宮と一緒に来てほしいと頼んで、その日の食事会を開いて、4人でおいしい食事を食べ、稜が持ってきたワインを開けて楽しそうに過ごすのでした。

4人で写真を撮って、仲良くお互いのことを話し合い、雨宮はみんなのことをずっとうらやましかったということを打ち明けました。

以前に雨宮が参加した花火大会での写真を見たいと全員で話したところ、携帯を見せましたが、その話しの後に玲子が花火大会で望緒を送った後玲子がまた雨宮に会ったのはなんでだろうと疑問を投げかけるのでした。

その時、その会話を打ち切って稜がアイスを買いに行こうと雨宮を誘って外出し、稜は望緒が好きなアイス棒を買って、雨宮がこのアイスが好きだと話しました。

帰り際に稜は、望緒におまえが幸せならそれでいいと話す様子がとても愛おしい思い人のように見えて、そのことを見ている雨宮がうらやましそうにしている様子でした。

望緒は雨宮の母親に言われた逃げなさいという言葉が、母親の病気で何かと勘違いしているだけだと思い込むようにしました

4人は古堀の会社に行き、直接稜と雨宮が入っていって話をしようとしたところ、従業員がもぬけの殻で連絡も取れないということを話すのでした。

雨宮は古堀がいないのは中野幸だったかもしれないということを示すということだと冷静に話す様子に稜は不審感をあらわにして、何故そんな冷静なんだと聞きます。

稜が今までの事件で、何もかも疑わしいことで今回古堀に聞くことで解決したはずなのに昨日の夜聞いた後に古堀にリークしたんだろうと怒りだしました。

稜が雨宮に殴りかかったことに対して、雨宮は稜に今まで望緒をどれだけ思ってきたかということはお前には分からないと突っかかるのでした。

その様子を望緒と玲子が見つけて、二人を止めて仲裁をしました。

ほとぼりが冷めた時、望緒の後輩のりえがやってきて、先輩と後ろから話しかけてきました

りえが待ち伏せしていたと話し、彼氏を連れてきたことをうらやましがって、今すぐ連載の話を断れと望緒に対して迫るのでした。

その様子を見た雨宮は言いがかりもいいところだとやめなと止めるものの、りえはざまあみろと思っているんだろ?と話しました。

そのことに望緒はざまあみろと思っていたと話し、りえが怪我をしないとやってこないチャンスだと思っていて、このチャンスを逃したくないと話しします。

かわいそうだと思っていたけど、これ以上やっても自分をみじめにするだけだと話をして、雨宮とさっさとその場から去るのでした。

雨宮と一緒に自宅に戻ってから、雨宮のことを受け入れると話をして、おもむろに雨宮の絵の続きを書き出しました。

その出来上がった絵の下地を見ていた雨宮は線がとっても暖かくなるということを話すのでした。

望緒は雨宮の角度を変えて、別の角度から真横の絵を書いた時に耳の形が違うということに気付き、雨宮で無いことに気付いて、雨宮にあなたは誰?と尋ねる望緒がいました。

そのことを指摘された雨宮はさっさとその場を離れていき帰っていき、帰る途中で耳を抑えて叫び続けるのでした。

そこに古堀が現れ、雨宮に成りすましたこの男性に何かを話しかける様子が不気味なことだということが容易に想像つきました。

次回以降で雨宮に成りすました人物が誰なのかを考察しながら、古堀との新たな展開を楽しみに観ていきましょうね^^

愛しい嘘6話ネタバレ感想は雨宮は中野幸ということに対しての世間の反応は?

今回は、雨宮が中野幸だということに対しての感想が多かったです。

望緒がスケッチした時に昔のスケッチと比較して耳の形が違うということを発見して、雨宮に伝えると何も言わずに出ていったことがこの衝撃場面でした。

雨宮が中野幸ということが分かったのですが、本物の雨宮がどうなったのか注目が集まるところですね^^

それではSNSの反応を見てみましょう!

雨宮くん、本当は中野幸なの? 怖。耳の形が違う?どういうこと?小堀と雨宮の関係は?気になります。

予想外の展開になって おもしろくなってきた。 1つ思うことは、 祭りの時に撮った中学の写真 雨宮とする人物が古堀の顔だった気が…… もしかしたら、古堀が雨宮じゃないのか? そして、偽雨宮が中野…幸?

あの次回予告のクズが本物雨宮だろうけど、映ってるのが過去なのか現代なのか分からんな…本物雨宮と中野幸が並ぶことあるん?二役やんね?せか3方式でやるん?

今の雨宮の中身=中野なんだろうけど、 だとしたらなんでわざわざ中野幸の存在をアピールする必要があるんだろうか、、 目的はみおを手に入れることだけじゃないってこと???

深まる謎 まさか、雨宮と中野 入れ替わってる? 中野幸「みゆき」呼びが男?女? そこもまだ引っ掛かる

みんな言ってるから言うまでもないけど 林遣都演じる雨宮くんは中野幸なんだろうね

中野家の火事は虐待を苦に花火に扮しての中野幸自身の放火。 それを祭りに戻ってきた雨宮がガラケーで撮影。 これを理由に中野幸を脅し金を搾り取る。 これに耐えきれなくなり中野幸は雨宮の命を奪う。 そして整形をして雨宮にすり替わった。

古掘は妹が自害した事はやはり本物雨宮のせいだと思っている。

なので雨宮の好きな人の命を次々に奪って同じ痛みを与えようとしてる。(雨宮のすり替わりに気づいていない?)

しかし、すり替わった中野雨宮は波瑠を守るために古掘と組んでいる振りをしている

引用:twitter

今回は、雨宮が中野幸の成り代わりで、整形をして雨宮にすり替わったという話題が多かったです。

特に古堀の妹が雨宮によって亡き者にされていたことから、雨宮に成り代わって雨宮の好きな人の命を次々と奪っているという考察がとてもすっきりとしていましたね^^

火事に遭った中野幸と古堀がそれぞれに過去のお祭りの時にそれらしい人物がいたということも過去からこの事件を計画していた可能性がある考察が驚きです。

雨宮と古堀の関係を明らかにしていくことが今後の展開を考える上で重要な考察ヒントになると思われます。

次回予告でも望緒が雨宮によって命を狙われる場面があることで、雨宮は何故望緒に接近してきたのかということが気になります

今後の展開を考える上で、雨宮が望緒に心を寄せていた様子は演技なのかということや何をするために望緒たちと接近したのかということに注目です。

雨宮に成りすました中野幸が何のために望緒に近づいて、古堀とどんな関係なのかを中心に今後の展開を考察していきたいと思います。

Sponsored Link

愛しい嘘6話ネタバレ考察!望緒に近づいた雨宮扮する中野の意図と古堀の関係は?

愛しい嘘6話では、望緒に近づいて行き恋人となっていった雨宮が過去に起こした傷害事件を知った上で望緒に忠告する雨宮の母親の言葉が注目される展開でした。

次第に真相に迫るために古堀を探るように稜が雨宮を連れて会社に行ってみても居ない状態で、稜が雨宮のことを疑いお互いに喧嘩にまで発展しました。

その喧嘩の後に自宅でスケッチをした望緒が雨宮の耳の形が過去にデッサンしたスケッチと形が違うということで昔の雨宮とは別人だということが発覚しました。

この発覚をした瞬間に雨宮は明らかに焦って帰ってしまい、雨宮では無いことが明らかになると共にこれが中野幸だったということに気づかされる展開でした。

やがて、この雨宮扮する中野幸は稜が跡を追っていた古堀と通じていることが物語の最後の場面で描かれて、二人の存在が事件の鍵を握ることになったのが6話です。

雨宮が中野幸で整形をしていたということはほぼ間違いなく、当の雨宮は何年か前に古堀の妹の命を奪っていたということから古堀と組んで雨宮の命を奪ったと考察します。

中野幸はこの当の雨宮が過去に関わっていた友人たちのことを覚えていて、火事を起こした友人たちを忘れずに復讐するために望緒に接近したと思われます。

望緒と雨宮が過去に付き合っていたことから、中野幸は雨宮の恋人だった望緒と恋愛をして、雨宮が過去に友人だった仲間の命を奪っていくという計画をしたということが考えられます。

古堀とは雨宮が妹の命を奪った時に訴えを起こすことを決めた後、中野幸がこの計画を打ち明けて、雨宮の命を奪って自分が雨宮の姿に整形をして、過去火事を起こした雨宮の仲間たちの命を奪うということで実行をすることを明かしたと考察します。

このことから、古堀は雨宮の命を奪った後に成り代わった中野幸が自分の仲間ということで、訴えを取り下げたと思われます。

元々は雨宮の持っている名声や仲間を奪うことで復讐を果たそうと考えていた中野幸は、望緒については恋人として結ばれるように想っていましたが、雨宮では無いと正体がばれてしまったことで、古堀と中野幸の罪が明らかにならないように命を奪おうとします。

次回ではこの犯行の様子が注目になる展開で、その場面で稜や玲子がどのように助けるのかということが気になる部分です。

中野幸は雨宮の持っていた友人である稜や玲子にも牙を向いて、命を奪うという展開が予想されます。

優子が旦那に隠れて恋人になっていたのは中野幸が扮していた雨宮ということも優美の毒のワイングラスを入れ替えたのが中野幸ということも辻褄が合うと思われます。

奈々江が優美によって突き落とされたのも誘導したのが中野幸であれば、事件に関わっている主犯となることが予想されますね^^

今後については、望緒の命が狙われることになると思われますが、稜や玲子が知らないところでの犯行を意図するものの、二人が知らないフリをして最後に雨宮の犯行現場を抑えるということが考えられます。

次回の展開で、望緒と稜や玲子がどのように雨宮扮する中野幸や古堀に立ち向かっていくのか、楽しみに観ていきたいと思います。

まとめ

今回は、愛しい嘘6話ネタバレ感想は雨宮は中野幸で確定!本物の雨宮は亡くなった?について書きました。

今後、雨宮と古堀の犯行を抑える玲子や稜を始め、望緒が中野幸にどのように立ち向かっていくのかが楽しみです。

雨宮が亡くなったことで、望緒と稜が付き合うという展開も気になるところですね^^

中野幸と古堀が次にどのような事件を起こして、望緒側の玲子と稜がどのように二人の犯行現場を抑えていく新たな展開を楽しみたいと思います。