テセウスの船最終回ネタバレ考察!田村心は家族の絆を守れるか?

テセウスの船の最終話のネタバレ感想では、田村心は家族の絆を守れるか?という話題がメインテーマになっています。

冬ドラマのテセウスの船では、漫画原作で真犯人やその動機や真意に注目が集まっています

今回はドラマの最終回ネタバレ考察を取り上げています

テセウスの船最終巻では心が犯罪者になった父の実際の姿を見て、家族の絆を取り戻すために真犯人を追いかける場面が見どころです。

ドラマテセウスの船を観る上での参考までにしてみてくださいね^^

Sponsored Link

テセウスの船最終話ネタバレ考察!田村心は家族の絆を守れるか?

テセウスの船最終話ネタバレ考察では?田村心は家族の絆を守れるか?という話題について紹介したいと思います。

田村心の奥さんの由紀は子供を産んでその命と引き換えに亡くなってしまうということになり、田村心が犯罪者の父親を持っていることから由紀の家族からは子供の育児を任せられないと裁判を起こされてしまう時に父親に会いにいくという描写です。

ドラマのストーリーでは、田村心が児童21名の命を奪ったとされる犯罪者の父親に接見に行くところで、音臼村の石碑に着いたところで、タイムスリップする展開で過去平成元年の1989年に戻って事件の真相を解決していく展開でした。

田村心が吹雪の中休ませてくれる家を訪れた家は父親と同じ姓の佐野という表札の家でした。

その同じ場面で姉の鈴が雪に埋まっていたところを助けたところから、父親の田村文吾と出会い佐野家にお世話になることになるというストーリーとなっています。

暫く自宅で警察である佐野文吾からは疑われていたものの、次第に父親が犯罪に手を染める人では無く心のことも理解して貰うような展開となり、佐野家になじんでくるようになります

実際に起こった過去の事件を変えるべく心は過去の事件で亡くなる事故が再び起こされないように人に忠告したり、事故が起こらないように訴えかけることで過去とは違う展開になるということを発見していきます。

ただ次第に21名の命を奪った凶悪犯の父親が事件を起こさないように注意していくものの、父親と家族との確執ができてしまいまた違う現在に帰るということが起こり、心は違った現在の世界で事件解決に動いていくようになっていきます

誰が真犯人なのかが分からないまま姉が名を変え顔を整形するなどして次第に心は父親の冤罪の証拠を探すのに危機的な状況に晒されていく展開になってきます。

最終話では父親の冤罪を晴らし真犯人を見つけることができるのかということがテーマになってくると思われます。

次第に追い詰められていく心ですが、ある時に犯人の証拠を見つけたりすることで、世の中に犯人の異常さを知らせることで、佐野文吾が冤罪ということを訴えかけることができるかどうかということが最終回に向けての注目点になります。

原作ではテープレコーダーで事件の詳細を知らせるというのが描写されていたね~

ドラマではタイプライターの文章が証拠になりそうだけどどうやって暴くのかな?

avatar

また真犯人が誰なのかということを考察することで、真犯人がどのような意図で犯罪を犯したのかということも発見ができるようになり、事件の証拠を探すことにもつながっていくと思います。

最終回で心は誰と対決していくのか?原作とは違った犯人と言われている中で誰が犯人として出てくるのかということが今回ドラマテセウスの船の見どころにもつながっていきます

最終どうなるのかについて、考察をしてみたいと思いますので、是非チェックしてみてください。

原作最終巻で出た黒幕の目的と事件の真意とはについて考察していますので、参考までにしてみてくださいね^^

テセウスの船の10巻のネタバレ感想では、黒幕の目的と事件の真意は?という話題がメインテーマになっています。 冬ドラマのテセウス...

テセウスの船最終回ネタバレ考察!家族の絆に対する世間の反応は?

テセウスの船最終回考察では、家族の絆を中心に進むストーリー展開が見どころとなってくるという展開です。

特に心が家族を守り佐野文吾が冤罪であるということを証明できるのかどうかということが注目点です。

最終回では心と真犯人と対決する場面が楽しみです。

今回出てきた話の展開も含め、チェックしていきましょう^^

親子の絆の物語だけど…こんなにせつなくて素敵なラブストーリーも心さん由紀ちゃんのこと本当にいとおしそうに抱きよせた

雨のなかずぶ濡れで待つシーンも、父親に二人で面会するシーンも。もちろんラストの抱き合うシーンも。二人の絆が深まっていくのが描かれたドラマの方が好きだな(^O^)

やっぱり人の絆が強まっていく表現は回を十分に分けて欲しいかな。 今回は心と由紀の関係を急いでいる感じ。その代わりに物語はほとんど進まなかった。

救いは「家族の絆」 文吾さんの優しさ、鈴の葛藤、そして由紀さんとの未来を感じることができてよかった

真犯人はいったい誰?もはやさつき先生(麻生祐未)がその一味であることは明らかだけれど…心さんと由紀の絆はこの世界ではどうなるの…

心が左手の薬指にはめている指輪と由紀さんがはめている指輪はきっと同じエターナルリングで、視聴者には見えていても二人には何も今は見えていないのかもね。目には見えない運命の絆

引用:twitter

今回は家族の絆ということで、父親との場面や恋人である由紀との場面の絆が多く感想でありました。

家族の絆が毎回のドラマで描写されていることがテセウスの船ドラマの特徴で、多くの方が家族の絆をドラマを通して感じられるという感想が多かったです。

最終回ではこの家族の絆がどうなっていくのか?ということがメインテーマであり、真犯人を捕まえて家族に危害が加えられないように真犯人を探し出すということが心に課せられた仕事です。

原作にある展開とは違った真犯人で黒幕が誰なのかということや真犯人がどのように心と争ってくるのかということも気になりますね^^

今後のドラマで真犯人や家族がどうなるのかをネタバレ考察してみたいと思います。

Sponsored Link

テセウスの船最終回ネタバレ考察!最終回の展開について予測

テセウスの船最終回では、原作と異なり黒幕が違う人物となる予定です。

そのことを踏まえると加藤みきおに関係する人物で最終まで一緒にいる人物ということでは明音の存在も考慮する必要があると思います。

加藤みきおの周りの人物では木村さつきが一番あやしいですが、黒幕にはなり得ないと思われます。

1回目の人生では木村さつきは被害者として亡くなるということで描写されていましたので、おそらく加藤みきおは子供の頃のみきおでは無く大人になった木村みきおということも予測されます。

心が三度現在と過去を行き来している最中、木村さつきに世話されていた木村みきおは未来から過去に心と同時に行き来していたとした場合には未来の木村みきおが黒幕としてなり得ることができます。

原作の黒幕は過去にいた加藤みきおが黒幕となっていたので、ドラマでは木村みきおが全てたくらんだことと考えると黒幕が車いすに乗った木村みきおと考えることができます

最終回では原作と同様に心が父文吾の命を狙う木村みきおの刺す場面で身代わりに現在からきた心が刺されるという展開と予測します。

心が過去で亡くなった後佐野和子のお腹の中に居る子供が生まれて心と名付けて、2020年に岸田由紀と出会い、実家に連れてくるという展開が予想されます。

この部分は原作と同様で変えずに描写されて欲しいと期待します。

avatar

心が家族を守るためにナイフを一身に受けるのは痛々しいけど、素晴らしい場面だよね^^

もしかしたら、ドラマではもっと心が劇的な場面を演じるかもしれないから楽しみだね~

変えるとすれば、黒幕が木村みきおの友人の人間や校長等の人に変わることも考えられますが、この点はまだ未知のところなので、最終場面のみを予測とさせて頂きます。

また誰が黒幕なのか分かり次第追記させて頂きます。

真犯人が誰なのかを考察していますので、チェックしてみてくださいね^^

テセウスの船の5話では、真犯人は誰なのか?という話題で盛り上がっています。 テセウスの船では、漫画原作とドラマでストーリーと共...

まとめ

テセウスの船最終話ネタバレ考察!田村心は家族の絆を守れるか?について書きました

最終回では真犯人と心との対決が場面が見どころで心が自らの命を賭して家族を守るという原作に沿った話が感動的です。

ストーリーの最終回で心が誰と争うのかがまだ未知のところではありますが、原作での現在に居た木村みきおの前提で書かせて頂きました

ドラマのストーリーで演じられる真犯人と心の様子がどうなるのか、考察すればより一層ドラマが面白くなると思います。

原作のストーリーを元にしたドラマの考察で真犯人や真犯人が遺した証拠が何なのかを予想しながら、今後の考察に役立ててみてくださいね^^