3年A組【最終話】ネタバレ感想はブッキーの言葉が心に響くと話題!

2019年3月10日(日)22時半から放映が始まりました3年A組10話

現在10話が放映されてますが、その中でSNS上での感想が多かった感想を紹介したいと思います。

今回は、ネタバレ感想でブッキーの言葉が心に響くということについて、記事にしてます

今後、3年A組を始め、物語を観て楽しむ際の参考にして頂ければと思います

Sponsored Link

3年A組【ネタバレ感想】ブッキーの言葉が心に響く!と話題

今日は3年A組の10話が放映されました!

ブッキーの言葉が響くということや自由に言えるのがネットということについて、SNSで盛り上がってます

早速観てみましょう!

こんなに凄い話だけど結局本当に届いて欲しい人達には届かないんだろうな… 演技力凄いな…心に響く

難しい…けど考えてさせられる。 ブッキーみたいな先生が増えてほしい ブッキーの言葉一つ一つが心に響く

ブッキーの言葉一つ一つが心に響く� こういう先生が増えてほしい!!

待てない。どーなるの。 ブッキーの言った全てのこと…心に響くなぁ。

引用:Twitter

今日は柊先生が全てのネタバレを行いました

本当の真犯人は、ネットのSNSという内容でした

最終場面で、茅野が影山の手を離したのか?と聞く場面で、茅野は「手を離したくなかった」と話しをしていました

それに呼応するように柊先生は、「そうだよな!茅野は手を放した訳では無いんだから、今後このことで攻めるなよ!」と声をかけた場面が素晴らしかったと思います

最終話の予測の内容とは違う結果になりましたね。

2019年1月6日(日)22:00から放送している、3年A組。 菅田将暉さんの単独初主演で、30名の生徒を相手にする3年A組の先生役として出演するという事で、かなり気合が入っています! ホラー的な要素がかなり盛り込んでおり、今回は、生徒を人質にとり、立てこもる10日間の様子を10週に渡ってドラマ化したストーリーです。

最大の真犯人がSNSという本当に社会の根本的な今抱える問題にあったというのは、正直分からなかったでしね

今後もドラマを観ていきましょうね!

3年A組10話【ネタバレ感想】真犯人がSNSの真意について!

今回は、今までのネタバレを含め、真犯人のネタバレまでありました

今生きている世界でSNSは当たり前のように流行っており、意見を伝えやすくなってきていますが、今回のドラマは今の当たり前のツールがそれを使う人にとって、本当に便利な使い方を存分に使いこなせているのか?という問題点を訴えかけていたように思えます

SNSが人の心を傷つけるための便利な道具だとしたら、そんな道具は使わない方がいいのでは無いでしょうか?

そんな問題点を根本から抽出した内容だったように思います

今後も新しいドラマがあるかと思いますが、どのようにSNSや便利な道具をもっと意味のあることのために利用することができるのか、考える機会を作っていきながら、テレビやネットを利用していきたいものですね

Sponsored Link

3年A組【ネタバレ感想】10話感想について

10話では、柊先生が1話で飛び降りる場面を想定していましたが、教室の生徒達が柊先生を助けて、想定とは異なる展開で終わりましたね

明日の活力になる授業だったと思います。

これからは3年A組が放映されなくなり、寂しい気持ちもありますが、今の社会に必要となる心の温かさやネットで無責任な発言をしないことで、もっと人を思いやる気持ちが必要なことだということをしっかり胸に刻み、様々なネットのツールを使うことが必要だということが伝わりました

ドラマを通じて、このような暖かい気持ちを感じることができたのは、かなりプラスだと思います

今まで大変な状況を見ながら、真犯人を想像していましたが、やはり第三者の意見というものが一番の人を亡き者にする犯人だということが分かりました

人の心を暖かくするような話しに感謝したいと思います!

今後もまたドラマを通じて様々なことを知っていきたいですね。