トクサツガガガ【最終話】好きな気持ちはなくならない名言に感動!映画化は?

2019年1月18日22:00から放映されているトクサツガガガ

特撮物オタクの仲村叶さんがトクサツオタクで、同じオタクと仲良くなり、塾通いの子供などを巻き込んで、好きなことを追い求めるドラマです

今回は好きな気持ちはなくならない名言に感動したことや映画化はされるのか?という話題について紹介したいと思います

トクサツガガガやその続編などのドラマのご参考までにしてください

Sponsored Link

トクサツガガガ【最終話】好きな気持ちはなくならない名言に感動!映画化は?

トクサツガガガ 最終話放映が終わりました

今回は、最終場面で、ダミアンが親に説得するのを諦めようとする場面で、仲村叶さんが語った名言「好きな気持ちは誰にも奪えない!」という言葉や名言に感動したという感想を紹介してます

それでは、早速見てみましょう!

トクサツガガガ最終回「好きな気持ちはなくならない」これに尽きる。忘れていてもまた戻ってくる。自分自身がそうだった。2season希望!もしくは映画化も!

最終回見た この作品に出会えて良かった! 好きな気持ちはなくならない 好きな気持ちは誰にも奪えない これまで、いろんな理由をつけて好きなものをためらってしまうことがあったけれど、 好きなものは素直に好きだと思って良いんだと背中を押してくれた作品だった

最終回。 こんなに感情移入するドラマは初めてやったなぁ〜。自分のことでしかないというか…笑 誰に何と言われようと好きな気持ちはなくならいもんなぁ〜。 これからも自信を持って

トクサツガガガの最終回感動した 時が経つにつれて忘れていくかもしれないけど、好きな気持ちは無くならない

引用:Twitter

子供のダミアンが親と揉めているという場面で、好きな気持ちは誰にも奪えないよという言葉が、多くの人の心に響きました!

この言葉通り、お母さんに好きなものをあげるために子供の頃お母さんが叶に勧めていた犬のぬいぐるみを買って渡してあげたことで、お母さんとの仲直りができました

好きな気持ちは誰にもあるので、好きな気持ちを否定せずに肯定するということがこのドラマが訴えかけていることのように思います

最終回では仲村さんが恋をする展開までは行きませんでしたが、好きな気持ちを男性に伝えるということに繋がれば、もしかしたら、コピーのメンテナンスをしていたイケメンの彼氏とか、好きな方と恋人になれるかもしれませんね

最終回の予測をしていましたので、参考までにしてみてくださいね!

小芝風花さん主演で、主題歌にはゴールデンボンバー「ガガガガガガガ」が採用されるという事で、かなりコメディカルな内容になりそうです! 今回は、トクサツガガガのネタバレと見どころの予測や、ドラマについても書いていきたいと思います。

相手の好きな気持ちを肯定してあげるというすごく人に優しくて、暖かいドラマでしたね

続編や映画化を望む声も多数ありますので、また新しく続編などのドラマ化ができればいいですね!

今後もトクサツガガガを含め、ドラマを注目していきましょう!

トクサツガガガ【最終話】今後の映画化やドラマ化は?

今回、NHKの放送で7話という短編ですが原作のマンガを忠実に再現されており、特に仲村さんはじめ北代さんや吉田さんというオタク仲間もキャストの方々がしっかりと忠実にマンガ以上の演技を観ることができたように思います

最初の注目度それほど高くはありませんでしたが次第に仲村叶演じる小芝風花の演技に注目が集まるようになってきたように思われます

ただ、映画化やドラマ化は正直、視聴率という観点からは厳しいかもしれません

1話 4.4%
2話 3.9%
3話 3.7%
4話 3.6%
5話 3.6%
6話 4.3%
7話はまだ未定

この視聴率が低い原因としては、

裏ドラマのメゾン・ド・ポリスの視聴率が高いこと

再放送が決まっている(火曜日の深夜枠)のため、再放送を観る方が多い

NHKであまり馴染みが無いと思う方が多い・・・民放で放送すれば高かったかも

実際には分かりませんが、様々な原因で視聴率が低いということから、映画化等は現時点では厳しい状況です

ただ、今後小芝風花さんが演技を行う場合、今回のドラマでファンになった方もいると思いますので、続編などのドラマが放映されることになったら、視聴率が上がり、もしかしたら映画化もされる可能性はあります

また詳細の情報がありましたら、連絡させて頂きます

今後のドラマの情報を注目していきましょう!

Sponsored Link

トクサツガガガ【最終話】今回の感想は?

今回は、前回母親と食事の場面で、お互いが喧嘩になってしまい、ビンタをしあったところから始まり、母親との険悪な状況が引き金となり、特撮オタク仲間吉田さんが彼氏を連れてきたものの、話しの途中で逃げてしまったことで、連絡が取れなくなった状況だったりと、かなりきつい状況から始まったストーリーです

そんな中で、特撮オタクになった経緯を回想を含め行う場面があり、母親が叶に与えようとしていた「女性らしい」犬のフィギュアを母親に改めて会いに行く時に渡すという場面がありました

好きな気持ちを理解するには、人に好きなものを与えるという結末大変感動させられました

ドラマの楽しさや演技の素晴らしさは、かなり洗練されており、楽しいストーリーと相まって、元気を与えてくれるものでした

今後のドラマ化や映画化を願って、今後の小芝風花さんの演技や活躍を応援していきましょう!