イノセンス冤罪弁護士最終話ネタバレ感想は続編期待!黒川と和倉が付き合う?

2019年3月23日から放送開始したイノセンス 冤罪弁護士最終話。

検察事件について、黒川拓先生(坂口健太郎)が冤罪事件にあたり、様々なしがらみの中で、解決に持っていくストーリーです!

今回は、イノセンス 冤罪弁護士最終話のネタバレ感想で、続編期待ということと黒川と和倉が付き合うことについて書いていきたいと思います。

今後の物語の参考として、参考までにしてみてください。

Sponsored Link

イノセンス冤罪弁護士最終話ネタバレ感想は続編期待!黒川と和倉が付き合う?

イノセンス 冤罪弁護士最終話の放映が始まりました!

今回は、最終話が最後解決した場面で、続編が観たいということや最終回がよかったということに対して反応がありました。

SNSの感想について書いていこうと思います。

それでは、早速見てみましょう!

二期やってくれ~~!!!!!

これは続編あってもよい感じ~

藤木直人かっこいいなぁ。 イノセンス よかった。 続編あればいいのに。

楽しく見てたドラマも最終回。続編期待。

イノセンスはストーリーの性質的に続編は作りづらいよな…って一瞬思ったけどちがう、最終回で例の事件に何らかの決着がついたあと、純粋に同じ目的のもと協力しあいはじめた黒川先生たちが「本当のこと」を守るために奔走するっていうシーズン2がめちゃくちゃ観たい

終わらないでほしい‼️続編希望します

イノセンス続編期待 黒川先生と和倉先生付き合って!

最後笑顔でおわれてよかった……主題歌が今回もタイミング神…続編みたい。。あの髪型の坂口健太郎かわいすぎるな�コンビ愛おしい!!!

引用:Twitter

今回は先週からの続きで、11年前の冤罪事件が扱われてました。

鑑定などの科学捜査をやっている秋保先生が、前回では黒川弁護士と仲違いをして、口を聞いてくれない状況が続いていましたが、今回では無事仲直りできてよかったです。

イノセンス冤罪弁護士は、放映中にかなり他のドラマとの兼ね合いで、続編希望などの声が多かったです。

最後の場面では、無事過去の冤罪事件を解決に持っていき、黒川拓先生が父親に一矢を報いる展開で、観ていて気持ちよかったです。

ただ、真犯人がちょっと過去のことをトラウマに事件を起こす異常な方で、すっきりとしない感は否めなかったです。

最終話の予想とは異なりましたが、無事黒川拓先生は自身の身を守ることができ、ラストで冤罪事件を解決する意義を説いたのがすごかったです。

最終話の予測も参考までにしてみてください。

イノセンス冤罪弁護士ネタバレ結末予想!黒川拓は父親を超えることはできるのか? 2019年1月19日から放送スタートしましたイノセンス 冤罪弁護士。 黒川拓(坂口健太郎)さん主演で、冤罪というかなり社会問題になりそうなストーリーです! 今回は、イノセンス 冤罪弁護士について、最終回の予想をしたいと思います。

イノセンス 冤罪弁護士最終話ネタバレ感想!続編の展開予想について

冤罪事件に関する続編は、黒川拓先生と和倉楓先生との仲が一つ取り上げられると思います。

今までのストーリーでは、元々和倉楓先生は、口うるさくて黒川先生のことを邪険にしていましたが、次第に黒川先生の立場の厳しさや仕事にかける姿勢に共感していき、打ち解けていく展開でした。

今後続編がある場合には、黒川先生と和倉先生がもしかしたら、結ばれることも考えられます。

その理由としては、黒川先生の実家である父親黒川真検事の家に和倉先生を誘って来たり、和倉先生も黒川先生のことを知りたがったりして、お互いの内情をしっかり把握しあっており、仲が良い以上のお互いを思いやる関係ができているからです。

前回で和倉先生が腹を刺された時にも黒川先生は、和倉先生の事を気遣い、無事回復したことを喜ぶ姿等は、和倉先生との仲を予感させるものがありました。

次に続編では、父親との抗争もまた違った意味に変わってきそうです。

父親が今までは冤罪事件をあからさまに否定をしていましたが、今後については、ある程度緩和されてきて、父親の検事の立場を活かして、もっと事件の関与を調べる内容に変わると思われます。

今後の続編がある場合には、気にして観ていきましょう!

Sponsored Link

イノセンス 冤罪弁護士最終話ネタバレ感想!今回の感想は?

今回は最終話の演技で、黒川先生がかなり解決にかける意気込みが伝わり、すごく感動的でした。

鑑定の秋保先生が、黒川先生に感謝をした場面など、友情が戻ったのが印象的で、全てがハッピーな方向に変わって、観ていて気分がよかったです!

かなり多くの事件で実績を上げている黒川先生の活躍をもっと違う場面でも観たいと心から思いました。

過去に放映されたドラマでもこのドラマに近いものが多数ありましたが、ここまで冤罪という社会の問題にメスを入れた作品も珍しいと思います。

検事や警察側の状況証拠を作り上げてしまう嘘とその嘘を暴いて、本来の真犯人を裁判の場で明らかにしようとする弁護士とのやり取りは、今後の事件に対する考え方やあり方を教えてくれるものなので、続編があるといいと思います。

今後の続編がある場合には、連絡させて頂きます。

今後とも注目していきましょう!