イチケイのカラス10話感想はみちおの再任が気になる!千鶴との今後は?

2021年4月から放送されているイチケイのカラスでは、10話でみちおが再任されるのかという感想で千鶴が青山とみちおのことで話し合っている場面で盛り上がってました

今回は、名無しの権平という名前も経歴も分からない板尾創路さん演じるホームレスの被告人に対する裁判を行う展開でした。

国選弁護士として弁護士時代のみちおの同級生だった青山瑞希が就いて、事件真相にあたっていくという内容でした。

今後の展開ではみちおが任期10年を迎えて、再任されるかどうかという点が気になります

最終回のイチケイのカラスで、裁判官のみちおが再任されるのか予想を書いていますので、是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

イチケイのカラス10話感想はみちおの再任が気になる!千鶴との今後は?

イチケイのカラス10話では、みちおが弁護士時代の同級生青山瑞希と青山の実家で犬が生まれて喜ぶ場面から始まりました。

国選弁護士の依頼を受けたという青山瑞希は近々弁護士事務所を立ち上げるという話とともにみちおに生まれた犬の名前を考えてほしいと頼む等、懇意な様子が見られました。

みちおと青山瑞希は大変仲良い様子で、男女の仲にもなるかと思うくらいの会話の弾み方や母親のみちおに対する態度からも結婚も含め想像させる感じでしたね^^

今回の合議裁判案件は、この青山弁護士が国選弁護士として請け負った事件で、名前も素性も分からない男性の傷害事件に関する裁判でした。

1回目の審判で自身の名前を話さないということや裁判官からの質問でも過去の経歴や素性は一切漏らさないという態度が舐めた態度だと受け取られかねないものでした。

その挙句には、被害者の尋問でこのおじさんにスパナーで胸を殴られたという発言に対しては嘘は嫌いだと話しながら、警部官を跳ね飛ばしたことで聞かれて借金取りから逃れるために自己流で鍛えたと経歴が嘘だと話す矛盾に溢れた弁術でしたね^^

進展があったのは、青山弁護士がこの被告人が被害者に向かう時間のところで時間の話をしていた鷹和建設の人事部長原口と一緒にいた2名にその時間帯に被告人がいたことを証明する証人になって貰うことで被告人の犯行が無いことを証明できるということです。

ただ、今回この2人と鷹和建設人事部長の原口が雲隠れしてしまい、証人とならなかったことで事件の大きな障害となりました。

東京地検の城島がこの証人の2名が鷹和建設の社長と明かし、脱銭容疑が絡んだ鷹和建設の重要人物として別事件に発展する様子が注目でした。

ただこの事件の真相がこの人物の方言から青山瑞希の実家にあることが分かり、青山の母がこの被告人との恋人だった人で弁護の依頼を娘にしたことが分かりました。

この真相を突き止め、青山瑞希弁護士が法廷の場で名前や素性を明かさせて、真実の内容を話させて、嘘を法廷から無くそうとする場面がとても見どころでしたね^^

青山瑞希弁護士が被告人に真実を話させて嘘を法廷から無くす様子はこちらから

「イチケイのカラス」は2021年4月5日から毎週月曜日21時より放映されているドラマです。 今回はドラマ「イチケイのカラス」の1話から...

今回の事件で、被告人は無罪となり青山は弁護を成功させたのですが、この結論が波紋を呼び、任期の迫っているみちおの再任に影響を及ぼす展開でした。

今後の鷹和建設の脱税も含めた権力者による事実の隠ぺいが絡んでくる展開となることが考えられますので、次回以降の展開を楽しみに観ていきたいと思います。

イチケイのカラス10話ネタバレ感想!みちおの再任が気になることに対しての世間の反応は?

今回は、イチケイのカラスの10話でみちおの再任が気になるということに対しての感想が多かったです。

次回最終話の予告でもみちおの再任が危惧されている場面がありました。

みちおと千鶴との今後についても気になるところですね^^

それではSNSの反応を見てみましょう!

みちお(竹野内豊)の再任の是非や国家絡みの事件になりそうでまだひと波乱かな。ここにきて佐々木蔵之介かあ、最後まで面白そう!

再任されないのかなぁみちお

入間みちお再任願、、、!

再任されず飛ばされるみちお 色々アレして飛ばされる久利生 最終回のキーマンが政治家 これまんまHEROだな。

引用:twitter

今回は、入間みちおに再任して欲しいという感想が多かったです。

国家絡みの大きな事件が予想され、多くの被害者が予想されます。

最後にみちおは再任されるのかどうかということに焦点が集まり、国家権力の闇を暴くことで急展開することに注目が集まります。

今後展開として、嘘を隠すことを見逃さないみちおがどうやって国家権力の闇を暴いていくのか見どころです。

次回の展開でみちおが裁判官を任期満了した後にも再任できるのかどうかということと青山瑞希や坂間千鶴とどのようになっていくのかも気になりますね^^

今後ドラマストーリーを予想しながら、入間みちおがどのようになっていくのかを考えて、様々にイチケイのカラスの面白い部分を探ってみたいと思いますので、チェックしてみてくださいね^^

イチケイのカラスの結末が悲しくて、毎回泣けるという感想がありましたので、参考までにしてみてくださいね^^

2021年4月から放送されているイチケイのカラスでは、7話で結末が悲しいという感想で最後日高が自身の進退をかけて裁判の真相を会見で話す場面で...
Sponsored Link

イチケイのカラス10話!入間みちおの進退や坂間千鶴との展開を予想

イチケイのカラスでは、みちおやその同級生の青山瑞希が出現してきて賑やかになっていくにつれて、事件も国家権力や隠ぺい等の大きな力によって左右されるような事件が増えてきています。

10話では、鷹和建設の関係者が雲隠れしてしまい、証人喚問に来ることはなく見つからない状態になってしまうことが注目でした。

また、裁判官入間みちおが裁判官の再任が行われることなく罷免の危機になっていることも今回の話題でした。

最終回では入間みちおが裁判官を再任されるのかどうか、予想していきたいと思います。

次回では最高裁事務総局の再任を事務総長の香田健一郎が仕切り任期で終わらせるように再任しないようにすると思います。

最後の事件で、みちおは国家権力で捻じ曲げるような事件を解決に持っていき、そこで隠ぺいされた事実を解き明かしていく展開になると考えます。

このことで裁判官としては辞めても、青山瑞希とともに弁護士として事件解決にあたっていくようになると思われます。

千鶴はみちおの言うイチケイのカラスになって、常に被告人の立場から裁判の真実を調べていくという姿勢をみちおから引き継ぐと予想します、

弁護士という立場で、坂間千鶴のいるイチケイのカラスの担当する国選弁護士として活動すると思われます。

青山瑞希と結婚して、千鶴ともまたお酒を飲んで一緒に語り合う場面が楽しみですね^^

次回イチケイのカラスの最終回で、入間みちおがどのように隠ぺいを暴いていくのか、楽しみに観ていきたいです。

まとめ

今回は、イチケイのカラス10話感想はみちおの再任が気になる!千鶴との今後は?について書きました。

今後の展開ではみちおの再任を巡って、様々な国家権力者と裁判の場で争うみちおが想像されます。

坂間千鶴がみちおの思いを汲み取って、新たな関係を作っていく展開が楽しみです。

みちおが青山と一緒に弁護をして、イチケイとともに成長していくことが楽しみですね^^

最終回でも職権発動で国家権力に絡む難事件をどのように解決していくのか期待して観ていきたいと思います。