トレース1話ネタバレ感想は船越の演技がうざい?常に怒ってると話題!

2019年1月7日(月)21時からスタートしたトレース~科捜研の男~

放送1話からさっそく盛り上がっていますが、その中でも特に注目されているのは船越さんの演技で、演技がうざい?常に怒っているなどが話題になっています!

今回は、トレース~科捜研の男~に登場した船越英一郎さんの演技についてのSNSの意見や反応を紹介していきます。

今後トレース科捜研の男を観る際の参考にして頂ければと思います。

Sponsored Link

トレース1話ネタバレ感想は船越の演技がうざいと話題!

昨日トレース~科捜研の男~ 第1話が放送されました

その中で、船越英一郎さんの演技について、ネットではいつも怒っている!うるさい!という感想が多かったです

船越英一郎さんの演技について、どんな意見が多かったのかネットの声をいくつかご紹介していきます。

さっそく見てみましょう!

船越英一郎さん月9で張り切りすぎてるのかな。。。

ミスキャスト(´;ω;`)

主役:船越英一郎と思えるウザさ(^_^;)

ずっとこんな感じでいくのかなー

殉職して、キャスト変わらないかなー

見るドラマになるか保留の第1話完

これは船越英一郎の変顔を楽しむドラマなのか?

船越英一郎のアップと怒鳴り声が印象に残り、

どういう感情で見たらいいか分からなくなった

犯人読めたよね。

面白いけどケンカ腰で勘が外れまくりな船越刑事がイヤだー。

船越英一郎の過剰すぎるパワハラ的演技が微妙っていう意見は分かるけど、今回の視聴率がそのせいで滅茶苦茶悪くて、急遽録り直しをして、次回から虎丸(船越)が転勤させられたって事になって、代わりに柳葉敏郎がやってきたら、みんな見る?

急に静かになるで(笑)

まじ、漫画原作と違う作りイライラする。

真野が主人公なのに、船越英一郎が主人公じゃん

設定も内容も違う…なんだこれ…

私たちは漫画原作で見たいの、ねぇ?好き勝手に脚本家がいいように忖度してる実写ドラマ&映画を求めてないっうの

引用:Twitter

船越さんの演技について、様々な意見がありますね。

確かに主役よりも目立ちすぎのような感じはしました。

ここの部分は、共感します。

一方で、こんな意見もありましたよ!

船越の演技クドいウザいって声あるけど

このドラマは重めなストーリーとストーリーを無視した

船越の昭和感を楽しむドラマじゃないのか

引用:Twitter

そういう見方もあるんですね!

確かにクドさやうるささは目立ちますが、ストーリーとキャストのアンマッチ感は正直あるかもしれませんね。

トレース1話の船越の演技は常に怒ってる?

トレース1話を見た感想としては、船越さんの変顔とかかなり表情が豊かでしたね

またアップ顔がすごく多かったような気がします

これだけ存在感が大きいとさすがに印象に残りますよね

ケンカ腰で、勘が外れまくりという事で、加えて古風な頭の固い刑事のイメージでしたね

というか、わざとらしく、嫌がられるキャラクターを演じているのか?とか思うくらいすごくでかい声が鳴り響いていました…

過剰すぎるくらいということで、パワハラ演技がかなり多かったですね

代わりに柳葉敏郎がやってきたら…

もっと微妙になるかもしれませんね(笑)

でも、船越さんにはもう少し演技を柔らかくしてもらった方が、いいかもしれませんね。

でないと、主役の真野礼二を演じる錦戸亮さんの出番が少ないじゃない!という意見が多いような気がします。

熟練の船越さんだけあって、役柄を演じるのうまいですが、もう少し声の大きさを抑えてほくれたら嬉しいですね(笑)

Sponsored Link

トレースでの船越の演技は今後どうなる?

1話を見た感想として、原作とは大きく違うストーリー展開で、圧倒的に警察ドラマ化していると感じました

それで、船越さんの独壇場ってなると、ほとんど警察ドラマと変わらないじゃんってなりますよね?

色々、船越さんについての意見が寄せられてますが…

これだけの色んな意見がありつつも、ドラマの視聴率は、12.3%10%を超えてきました!!

さすがにストーリーの重さと錦戸亮さんはじめ、キャストのかっこいい演技がすごかったです。

もしかして、船越さんの演技は、他のキャストを引き立たせるため?とか思うくらい、船越さんの演技がかなりアンマッチな気がしましたよ!

これからは他の展開の中で、船越さんの演技は変わっていくのでしょうか?

今後の展開に期待です!

最終回のネタバレも公開中です。

科捜研の男のネタバレと最終回予想になります。 23年前に起こった練馬一家殺人事件で、真相解明に努める真野礼二さん役となる錦戸亮さん。 一体どんなサスペンスが待ち受けているのでしょうか? 是非期待しておきましょう!