ストロベリーナイトサーガ最終回ネタバレ結末予測!前作との違いも考察!

2019年4月11日(木)夜10時から放送スタートするストロベリーナイト・サーガ

姫川玲子を演出される二階堂ふみさんと菊田和男を演出される亀梨和也さんW主演で、様々に起こされる事件を警察1課の班として解決していく物語です。

原作があるドラマで、前作ではキャストが違っており、今回は前作に無いドラマになると期待されてます。

この記事では、ストロベリーナイト・サーガのネタバレと結末予測や、前作との違いについて書いていきたいと思います。

Sponsored Link

ストロベリーナイト・サーガ原作のネタバレ

光文社から発売されているこ誉田哲也さん作の原作小説の中で、今回ドラマで引用されるとされているのは、「ストロベリーナイト」「ソウルケイジ」「インビジブルレイン」「ブルーマーダー」の4部作の予定です。

全て原作がありますので、ドラマでは最終話は原作を基本として一部アレンジとなると思われます。

※以下、原作のネタバレを含みます。

「ストロベリーナイト」
水にもぐった亡骸を見て、姫川の勘が働き、単独の被害者では無く、他にも被害者が居るのではないか?ということを考え、捜査の方向性を単独犯では無い、連続犯罪を疑う展開です。
ある時期から、被害者達の行動がアクティブな性格になっていき、毎月第二日曜日にある行動を取っていることが判明します。
そんな中、ストロベリーナイトというサイトを見つけ、そのサイトの登録者から被害者が発生していることが分かり、事件は真相に入っていきます。登録者を募るショーが開かれ、その中の1人の命が奪われるという内容で事件が起こっているのでした。
姫川は、ショーの主催者の1人であるFなる人物と出会い、聞き込みをしていました。同じく捜査をしていた姫川の天敵のガンテツに情報屋から連絡が入り、黒幕が分かったという連絡が入りました。その頃、姫川は北見刑事に撃たれてしまい、手錠をかけられていました。黒幕は北見刑事で、姫川は逃亡しようとしましたが、そこにFが姫川を守ろうとしてかばったのでした。

「ソウルケイジ」
多摩川土手のところに置かれていたワンボックスカーから左手首が発見されるという事件が起きました。
工務店の主人高岡の手首と判明しましたが、血液がこの手首のものと違うということが科捜研の調査で明らかになります。その裏には耕介を子供として引き取り育ててきたという事情があり、この耕介を救う為の高岡が作った偽装工作ということが後から分かります。高岡は、耕介の父が借金で首が回らなくなっていた状況に同情し、父親となりました。耕介が詐欺師である戸部によって脅されている状況から救う為に戸部の命を奪い、その亡くなった戸部を小さな倉庫に埋め、自身の手を切断し、自らの命を絶つことで、耕介を安全に生きられるようにしたということでした。

「インビジブルレイン」
警察内部で、「柳井健人」という名前を上層部から追求するなという命令が下りました。納得できない姫川は事件の詳細を調べると9年前の事件で、柳井の姉の命が奪われた事件で、父親が犯人と疑われ、警察の拷問に似た取調べにより、自ら命を絶ったという記録を見つけます。本当の真犯人が小林ということを知り、この小林の身辺を探る動きに切り替えます。
警察内部の冤罪隠しということが判明し、この事件の真相を姫川は追い続けます。捜査を経て、柳井健人は小林を探して、情報屋の仕事をしているということが分かってきます。柳井健人の自宅を探しあて、姫川が自宅前で柳井の動きを探っている時、ある人が柳井の自宅を訪れます。牧田という名刺を見て、不動産の経営者ということで疑う部分は見当たらず、姫川は重要参考として牧田と接触を続けることになりました。その内、牧田のことを姫川は恋心を抱いてしまい、深入りしていくようになります。密会を繰り返していたある日、牧田が団員の組織の方から苦言を言われて襲われることで、牧田が組織の人間だということが分かってしまいます。その上で、姫川はあえて牧田と接触し、関係を持ってしまいます。そんな中、柳井健人が自ら命を絶つという事件が起こり、組織の抗争ということで、牧田が原因しているのではないかと姫川は考えるようになります。牧田に接触し、自首を勧める姫川ですが、牧田本人は知らないと話をして、全く意にも介していないようでした。

その後、衝撃の瞬間がいきなり訪れ、牧田を刃物で襲う事件が起きてしまいました。
組織の川上が真犯人だったという事件の真相となります。

その後、警察内部の隠蔽は、警察の一課長がマスコミに話しを行い、過去の事件の謝罪を済ませることとなりました。

姫川とその班の人間は、今回の事件での責任を取るため、異動が行われ、姫川は池袋署に行き、部下とバラバラになってしまいました。
菊田とは別れの時、その時点ではお互いに抱いていた気持ちも表さず、お互い頑張ろうという別れを行ったのでした。

「ブルーマーダー」
池袋の繁華街で、下記室で二十箇所もの骨折を負った団体組長の亡骸が見つかりました。これと同じ手口で中国人も命を奪われました。
池袋署の姫川玲子は、裏社会で暗躍する存在に気づかされます。この物語は、木野という元警察が起こす犯罪事件で、法律では無く、自身で悪集団である団体関係者の命を奪うということをやり続ける犯行でした。
元々木野は、団体からのスパイ要員として警察内部で暗躍していたのですが、スパイということが情報漏えいし、同じ警察官の安東管理間から情報を漏らされて、木野が警察としての存在を消されてしまうという過去を持っていました。法の下で自身の業務を全うできないと感じ、ブルーマーダーと呼ばれる自身の組織のリーダーとなったのでした。
木野の下には仲間がおり、岩淵という牢獄脱走の罪を抱えている物やおやっさんという警察の手口を熟知している者などが仲間でした。その頃、姫川玲子と菊田和男は同じこの事件で、別々に木野を姫川が、岩淵を菊田が追っているという状況でした。その事件を追っている内に姫川は、菊田に自身の家族との別離の深い傷を負った原因となる事件のことを語っています。離れていた姫川と菊田ですが、姫川の心には菊田のことを想う気持ちを捨てきれずにいました。
そんな中で、菊田が結婚しているという事実を知ります。姫川は菊田と離れ離れになったこの期間にそれぞれが違う立場になってしまったことに気づかされます。
二人の心の行き違いをよそに事件は解決の方向に向かっていきました。

今回は、ブルーマーダーが初の映像化ということで新作は前作を超えると噂されています。

ドラマ史上初の視聴率を叩き出せるのか、その行方が気になるところです。

楽しみに待ちましょう!

原作の小説も紹介させていただきます。

気になった方は参考までにしてくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ストロベリーナイト (光文社文庫) [ 誉田哲也 ]
価格:720円(税込、送料無料) (2019/4/11時点)

楽天で購入

ストロベリーナイト・サーガの最終回予想

ストロベリーナイト・サーガは、最終回として一番気になる話題が、姫川警部補と菊田巡査部長と結ばれるのか?という点です。

前作の竹内結子さん主演で、菊田が西島秀俊さんだった頃の作品では、二人が別々になった場面までだったので、お互いが結ばれるというところまでは辿りつけませんでした。

今回は、原作との違いを持たせて、二人が結ばれるのでは無いかと思います。

理由としては、やはりW主演ということと、今回のキャストやスタッフ陣の総入れ替えということで、前作を超えることに対して、かなり本気度が高いということからです。

前作で無かったことは、ドラマの主演同士が結ばれて、絆を強めて事件を解決するという話しだったので、今回はその変化をもたせると予測します。

菊田巡査部長は、始め結婚している場面から始まりますが、その内、事件に巻き込まれて警察の内部で結婚相手の梓が裏切るということも想定されます。

実際にはどのような展開になるか、分からない点も多々ありますが、結婚相手の女性が命を絶つことよりも菊田を裏切るという方が可能性は高いのでは無いかと思われます。

どのような伏線で変わるのか、ドラマを鑑賞しましょう!

Sponsored Link

ストロベリーナイト・サーガのフル動画を見逃し無料視聴する方法!

ストロベリーナイト・サーガの1話から最新話までや、見逃した回を無料で見たい!

という時がありますよね。

こちらの記事でストロベリーナイト・サーガを無料で観る方法を解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね^^

https://alfledino.com/1587.html

ストロベリーナイト・サーガあらすじ

STORY1あらすじ
警視庁捜査一課の菊田和男(亀梨和也)は、第十係、姫川玲子(二階堂ふみ)が率いる通称“姫川班”への勤務を任命された。折しも、捜査一課は亀有北署に『水元公園内・遺棄事件特別捜査本部』を立てていた。捜査本部に向かった菊田は着任の挨拶をしようとするのだが、肝心の玲子の姿がないまま、捜査会議が始まってしまう。管理官の橋爪俊介(岡田浩暉)とともに現れた係長、今泉俊介(山口馬木也)が事件の経緯を説明。水元公園の溜池付近で亡骸が発見される。被害者は金原太一という営業マンで、亡くなった原因は出血性ショックでの失命。凶器は薄型の刃物で、被害者の体には無数の傷がつけられていた。しかし、多くの傷は亡くなった原因とは無関係で、致命傷は喉元の頚動脈を切断されたことと推定されている。さらに、亡くなった後、みぞおちから股関節までを切開されていた。捜査官の質疑が始まる頃、ようやく玲子が姿を現す。玲子は到着するなり、話があると会議を遮った。呆れる橋爪をよそに今泉が促すと玲子は自分の見解を話し始める。玲子は被害者が亡くなった後に腹を割かれたのは、池に沈めるためだと指摘。今回、沈めることが出来なかったのは、犯人側にトラブルが発生したためだと言う。そして、この事件のひと月前に同公園の溜池にしか存在しない寄生アメーバに感染して亡くなったた男がいると告げた。そして、玲子はその池には腹部を割かれた別の犠牲者がいると言い切る。溜池を再捜索すると新たな亡骸が発見されて…。

みどころ

1話では、主に原作のストロベリーナイトの物語が展開されると思われます。

姫川警部補が、勘を働かせて、他の警察官に無い動き方をする様をよく観察されると面白さが伝わってくると思います。

最初の段階で菊田巡査部長との関係も前作を観た方であれば、どう変わっているのかがみどころです。

前作を観ていない方も何気無い姫川と菊田の会話の中で、お互いの気持ちの変化が現れる場面ごとの心模様を観察するのが、このドラマのポイントだと思います。

事件の背景は、ブルーマーダー迄は、前作を踏襲していくと思われますので、前作を観るのもこのストーリーを知る上では有効だと思います。

今後の事件がどうなっていくのか、原作とどう変わるのか、ドラマを通して調べてみるのもいいかもしれませんね。

ストロベリーナイト・サーガ最終話予測のまとめ

今回の記事では、ストロベリーナイト・サーガの原作のあらすじや最終話の予測と1話のあらすじとみどころをお伝えさせて頂きました。

ストロベリーナイト・サーガでは、前作を超える何か変わる箇所が必ずあると思いますので、普通の刑事物語というよりも、キャストの癖やストーリー展開が進むにつれて人間関係がどう変わっていくのかを観ると楽しみが広がると思います。

最終話では、姫川が無事に菊田と結ばれて欲しいという予測でしたが、もしかしたら、姫川が違う方を見つけるかもしれません。

実際のドラマを観て楽しみましょう!