同期のサクラ5話ネタバレ感想!葵の言葉に泣けるし感動と話題!

同期のサクラの5話のネタバレ感想では、毎回本当に泣けるという意見が多く、今回の話題では葵回で葵の父や兄にかけた言葉が響くと盛り上がっていました

今回は毎回泣ける同期のサクラでその泣けるような展開について感想を紹介していきたいと思います。

ストーリーではサクラが同期が挫けそうになる場面で必ず励まして、立ち直る様子を同期全員で見てお祝いをするという展開が今までの話題です。

5話では、特に葵のことばで今の官僚に対する意見が多く述べられていました。

今後の同期のサクラを観る上で、楽しくするためにチェックしてみてくださいね^^

Sponsored Link

同期のサクラ5話ネタバレ感想は本当に泣ける!葵の言葉が響くと話題

今回は、5話で葵が父や兄から普段全く相手にされていない状況で、葵の建設会社に来て二人に何のために官僚になったのか?という発言をする場面で盛り上がっていました^^

現実の世界でも官僚の不祥事問題が多い中で、はっきりとモノを申すことは滅多に見る機会が無いですが、今回の葵の発言ではそのことを臆せずに発言したことが感動的でした。

毎回泣けるといわれる同期のサクラですが、特に泣ける箇所は同期の悲しんだり悩んだりした時に声をかけて、同期が嫌がって遠ざかろうとする時でも側に寄って真剣にお互いに解決していくという姿勢に共感が持てる部分です。

いつも大変な状況でも暖かく見守って、今自分ができることをやっていくという姿勢が観る人に悲願願望を与えることがこのドラマの特徴だと思います。

他にも高畑充希さんの演技のサクラが一直線で素直に接する態度が愛らしくもあり、かわいいことと観ている人に生真面目さを与えることがより一層感動を与えることに繋がってきます

今回のストーリーでは葵が父親や兄の官僚の人達にあなた達はリーダーなんだからもっと働く人達の願いを叶えるために仕事をすべきだということを話す場面では、まさに絶妙なタイミングで説得した内容だったので、観ていて心地よかったように思われます

サクラの同期では、生真面目ながらも懸命に人に説得を続けるという姿が人の心を打つ話が多いですね^^

毎回サクラがおじいちゃんから得た教訓を元に同期達を励まして、同期がそれぞれの感性で育っていく様子が今の会社には見られないような純粋ながらも人の心を打つ話になっていくのだと思います

葵が今回権力者に対して屈せずに多くの物事を話できたのは、サクラが懸命に葵のことを励ましていたからです。

サクラが葵のことを新人の課題でスピーチが素晴らしかったと励ます場面はこちらから

「同期のサクラ」は毎週日曜日22時半から放映されるドラマです。 今回はドラマ「同期のサクラ」の1話から最新話まで無料視聴するための方法...

今後もサクラが同期にどのように励ましていくのかを観ながら、現実の社会でも人に寄り添っていくことの大切さを感じ続けていければいいですね^^

またサクラがどうなるのかも含め、ストーリーを観て行きたいと思います。

同期のサクラ5話ネタバレ感想は本当に泣けることに対する反応は?

同期のサクラ5話で泣けるということ対してSNSでは反応がありました

今回は、特に葵のセリフに対して反応が多かったようです。

今回出てきた話の展開も含め、チェックしてみましょう^^

それでは見てみましょう!

毎度泣ける。 わたしも仕事がんばろう。

なんで、毎回泣けるんだと考えていて。 ああ、俳優さんたちが、本当に真剣に頑張ってるのがリンクしてるからだなあって。 勘違いや思い込みかもしれないけれど、キャラクターじゃなくて、ちゃんと生きてる人間ドラマだなあって。 制作さん、俳優さん、最終回までよろしくお願いします。

面白い〜 泣ける〜 自分はここまで酷い目にあってないけど、20代の頃がむしゃらに仕事しても報われなくてもがいていたことを思い出す

葵くんの話、泣ける。 そして葵父親と兄がマジでクズ過ぎる

毎度泣ける…. 組織に属することは難しい事なんだな 私もきっと理不尽な事ばかりで 耐えられないけど、桜みたいに 抗ったり、自分の主張を発言する 事はきっと出来ない…. どんなに理不尽な事でも組織に 属する限りは耐えなければいけない 社会って難しい

引用:twitter

今回の話題では、真剣に俳優さん達が頑張っているということや組織に属する難しさという感想が多かったです。

その中でも自身の仕事を頑張るという意見もありました^^

今後も同期のサクラで人を大切にする気持ちや俳優さん達が懸命に役柄を演じる様子を観て感動を得て、現実の世界でも感動を与えられるようにできればと思います。

最終回までサクラを含め同期のみんながどうなるのか、注目していきたいですね^^

Sponsored Link

同期のサクラ5話の感想やみどころを紹介

同期のサクラ5話では、葵という同期の中でもリーダーシップを持っているメンバーの話がメインテーマでした。

リーダーシップがある反面、人を上から目線で見てしまうことが仲間から疎外される要因で今回のストーリーでも同期からは最初避けられていました

一人大きなプロジェクトの仕事を任されているということで、周囲の同期にも得意気にダメ出しをしていたことが孤立にも繋がったようです。

ただ、内に秘めた思いは本物で官僚として建設会社に足を運んだ父親と兄に対して、何のために国の官僚としてリーダーとして仕事をしているのか?

建設会社で一生懸命に働く人達に役に立てるように少しでも願いを叶えられるようにすることが仕事なのでは無いか?といった内容でまくし立てました。

今回の見どころは、葵のセリフでそれまでは会社や父親と兄の言いなりだったのが、この言葉を発したことで周囲の見る目が変わる様子が見て取れた場面だと思います。

実際の場面でもこんな風に発言ができたら、大変うまく仕事や人物としても成長できるのになぁということを考えさせられました

多くのことをドラマから学べるように思えます

今後のストーリーでも人を応援して、人として成長していくようなことを観て行きたいと思います。

まとめ

今回は5話ネタバレ感想で本当に泣ける!葵の言葉が響くと話題について書きました。

これからもサクラは大変な状況でも屈せずに周囲の人や関係者のことを励まして、人間的にも成長できるような素晴らしい話題を提供してくれると思います。

このような大変感動的なストーリーを是非観続けていきたいと思います。

最終話までサクラが果たして起き上がるのか、どのような原因で倒れたのかを知りたいですね^^

今後のストーリーも注目していきましょう!