イノセンス【ネタバレ予測】黒川の過去は?冤罪弁護士になった理由や経緯は?

2019年1月19日から放送スタートしているイノセンス 冤罪弁護士

それぞれのストーリーで活躍している黒川拓(坂口健太郎)さんですが、弁護士になった経緯や背景を含め、今後のストーリーを考える上で必要な内容となります!

今回は、イノセンス 冤罪弁護士の黒川拓弁護士について、弁護士になった理由や経緯を書いていきたいと思います。

Sponsored Link

イノセンス【ネタバレ予測】黒川の過去は?冤罪弁護士になった理由や経緯は?

イノセンス 冤罪弁護士が現在、3話まで放映されています

今回は、3話の話しで、和倉楓が最終場面近くで黒川拓が弁護士になった経緯を調べる場面があったことに対して、黒川拓が弁護士になった経緯について今までのストーリーから分かっていることと予測も含め、調べてみました

黒川拓が弁護士として立ち向かうにいたった経緯を予測してます

黒川拓は、保駿堂法律事務所に所属する弁護士です

そもそも弁護士資格になったのは何故でしょう?

それは、父親が最高検察庁の次長検事であることと関係が多少なりとも関係があると思われます。

父親の仕事は検事事件で起こった裁判事件を例外なく検事側の内容で解決に持っていくという職務の一面を持ってます

この仕事と冤罪の事件解決は相反するものがあります

事件解決には、多面的な部分や誰かの解決が他の方にとっては不利益となる面も持ってます

おそらくですが、弁護士の仕事を行うようになったのは、父親が検事という社会的にも刑事事件に絡む仕事を行っていることです

子供が弁護士という刑事事件の裏側で助けを求めている人にフォーカスをあてて解決する仕事に生きがいを見出すというのが自然ではないでしょうか?

そのこと以外にも冤罪事件に過去に絡んだことがあり、友人や恋人が犠牲になったのでは無いかということも考えられます。

いずれにせよ、父親が検事という影響力の強い方だったので、子供の頃からその影響力から弁護士という職業を意識して、父親を超えることのできる仕事を探し当てたのではないかと思います。

この過去の経緯はまだドラマで出されていませんが、今後の展開に関わる部分なので、抑えておいた方がよいと思います。

今後のドラマを観るにあたって、父親の黒川真の動きをチェックしましょう!

最終話の予測も書いてますので、参考までにしてくださいね!

イノセンス冤罪弁護士ネタバレ結末予想!黒川拓は父親を超えることはできるのか? 2019年1月19日から放送スタートしましたイノセンス 冤罪弁護士。 黒川拓(坂口健太郎)さん主演で、冤罪というかなり社会問題になりそうなストーリーです! 今回は、イノセンス 冤罪弁護士について、最終回の予想をしたいと思います。

イノセンス【ネタバレ予測】今後の黒川拓の課題について

黒川拓弁護士は、3話をはじめ、和倉楓にうるさく、弁護活動以外の生活について、口を出されている状況です

これは、和倉楓が黒川の目付け役として、所長の別府から和倉に見張っておくようにという命令をされていることから特に来ています

今は、黒川は完全に浮いている状態で、何事も自分の発想も認められず、しかも事件解決をしても冤罪の事件に手を出して欲しくないという事務所の意図と裏腹なところで、喜ばれていない状況です。

黒川の今後の課題は、弁護士事務所の中で活躍するのでは無く、検事と検事と絡みが大きそうな別府などの管理から逃れていくことだと思います

ただ、今のお金の無い状況では、立ち振る舞いが利かない状況だということも踏まえ、冤罪の事件を解決する実績を作っていき、裁判官をはじめ、関係者に心から応援してもらうようにすることが必要ではないでしょうか?

そこで、今後の話題としては、検事との対立が激化していく流れになると思われますので、今後の話しを鑑賞していきましょう!

Sponsored Link

イノセンス【ネタバレ予測】今後の和倉楓との関係について

今後の和倉楓は、そんなに口出すことが無くなると思われます

根本的には和倉楓と黒川拓のコンビは、同じ気持ちを持った弁護士同士での事件解決です

和倉楓をSNSでは批判がかなり起こってますが、今後の展開を見た際に大幅に態度が変わることが予想されます

その根拠は、3つあります。

1.黒川拓が孤独で社会問題に立ち向かっている姿勢に感動する

3話で黒川拓の過去の経緯を知りたがる場面がありました。

その結果としては、父親が過去に事件解決に持っていった事件の冤罪である事実を知っていることだと思われますので、この点で、黒川拓が冤罪という社会問題に一人で立ち向かっていることを知ると思います

和倉も同じ立場であることを感じ、共感し、その姿勢に感動を受けると思います。

2.弁護士事務所での立ち位置の変化

黒川拓が所長の別府の下風で行動している現状から今後は事件解決に従い、別府はじめ、検事官からの目が変わっていくと思われます。

より事件解決で、警察と検事の癒着に関わる事実や証拠を抑えて、検事の思うようには行かせなくなると考えられます

 

3.和倉のピンチの場面が出てくる可能性がある

今は和倉が新人弁護士で事件解決に絡んでいますが、今後では和倉自体の失敗も起こす可能性があります。

その際に黒川はうまくフォローしたり、心の支えになれるような優しさを持っていると思います。

この展開でいくと、和倉さんは、黒川さんに惹かれていくようになると思います

今後の展開で確認していきましょう!