ドラゴン桜8話ネタバレ感想は楓の親が毒親!平手友梨奈に平手が衝撃的!

2021年4月から放送されているドラゴン桜では、8話で平手友梨奈さんが演じる岩崎楓の親が毒親という感想で自分の道を歩んでほしいという話題で盛り上がってました。

今回、東大専科では夏休みに基礎を自習で行いつつ、模試を行い自己採点で同僚の成績を採点する展開でした。

東大合格生を5名出そうとする展開で、龍海学園高等学校の周辺の土地が買い占められ、理事長を追い出そうとする龍野恭二郎の策略が伝わってくるところから始まりました

龍野家とIT企業の策略の中で、桜木と水野が東大合格を5名輩出しても桜木健二法律事務所が龍海学園の依頼を受けることができないと分かったうえでの東大専科の運営がとても辛そうでした。

今回楓のバトミントン人生と東大合格後のスポーツ研究家人生の岐路でゆれる様子から、今後の東大専科がどうなっていくのか予想していますので、是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

ドラゴン桜8話ネタバレ感想は楓の親が毒親!平手友梨奈に平手が衝撃的!

ドラゴン桜8話では、夏休みの場面で勉強を東大専科のメンバーが喫茶店で一緒に行う様子が描写されていました。

東大に進学することについて楓は親にはまだ告げておらず、父親が楓には知られないところで、バトミントンのクラブチームで活動する場所を探していました

そんなこともあり、夏休みに日本ユニシスでバトミントンの練習に参加して、チームの中で活動するというオファーを勝手に組んでしまう場面がありました。

でも楓は、このオファーを断らずに親の言うままに練習に参加して、東大専科の勉強をおろそかにしてしまうようになりました

練習をしながら、夜は勉強をして昼夜問わず体に頭を酷使してしまう楓の様子がとても可愛そうで顔色も悪くなっていくのが明らかに確認でき、同情せざるを得ない場面でしたね^^

楓が辞めたバトミントンのクラブに顔を出して、ペアだった清野からっどっちつかずの状態で勝ち抜けるの?と煽られて、楓が色々な事情があると逃げてしまうことも注目でした。

そんな状態が続き楓は心身が参ってしまうくらいつらい日々が続き、久しぶりに来た喫茶店で東大専科と一緒に勉強しようとしたところで倒れてしまう場面が物悲しかったです。

入院中に親が来るという場面で、親には本当のことを言いたくないので病院を抜け出そうとするものの、桜木から東大専科をクビだと言われた後、桜木東大に受かりたいと話しました。

桜木が何故同じことを親に話せないのかと聞く場面で、自分自身の弱さということを認識した楓が変化した様子が見どころでした。

親に東大に行くと話をして、父親から打たれるものの自分の意志をしっかり明示してバトミントンの練習を辞めると親から平手打ちされながら話した場面がとても爽やかでしたね^^

楓が東大専科を辞めずに東大合格に向けて勉強することが決まって、今回も東大専科の前進となりました

東大専科の生徒の目つきも変わっていき、夏休みにそれぞれ点数を上げていく様子が合格に繋がっていくのかを期待させますので、今後の展開も注目です。

健太が凄い!サヴァン症候群?という内容で盛り上がりましたので、チェックしてみてくださいね^^

2021年4月から放送されているドラゴン桜では、5話で細田佳央太さんが演じる原健太が凄いという感想でサヴァン症候群なのかという話題で盛り上が...

ドラゴン桜8話ネタバレ感想!楓の親が毒親ということに対しての世間の反応は?

今回は、ドラゴン桜の8話で楓の親が毒親ということに対しての感想が多かったです。

毒親に苦しめられている人に対してのメッセージという声も上がりました。

ドラゴン桜で現実の問題がクローズアップされることもこのドラマの注目点ですね^^

それではSNSの反応を見てみましょう!

あんな毒親ズkill捨てちまえばいいのに 平手ちゃんさすがの目力!! 阿部寛さんいい事言うな~ お前が背負うのはお前の人生だけでいい

楓の両親も一生懸命にベストだと思う環境を作ってあげてたのだとおもうけど、あのレベルは毒親だよね。もう少し母親だけでも、せめて最後に母親が寄り添って欲しかった。親に反論した事は今までになかったんだろうな

毒親って言うけど もしかしたら親もその親から同じ様な仕打ちを受けて苦しんだ過去があったのかも だからこそ自分も子の為にって行動だったら理解出来なくは無い

瀬戸ずっと楓のこと心配してたね。 楓が毒親にあんな覚悟を持って言えたのは桜木先生のおかげよね。 怖いと言ってた割にめっちゃハッキリ言ってたね。強いよ。

楓ちゃんかっこいいよね。平手友梨奈ちゃん、素に近い役なのかな?細いけど真ん中に太い芯がある女性って感じ。あと鶴瓶さんの息子さん、楓ちゃんのことひっぱたいてたけど、私がぶん殴ってやりたいわ!!この毒親!!

引用:twitter

今回は、楓が親にはっきりとユニシスの練習を断ったことに対する反応が多かったです。

自分の弱さを知って立ち向かおうとする場面で、親から見つけてもらったバトミントンの練習参加を断ってでも東大合格を目指す様子がとても心強かったです。

平手打ちをされてしまいますが、自身の意思をしっかり持って勉強に挑む楓が合格の予感を感じさせます

ただ、学生と関係ないところで学園自体の売却問題や学園の土地買占めなど、存在自体が無くなることに対して問題が露見してきています。

この学園問題やIT企業との絡みで、難題が起きることが想定されますので、この点を予想していきたいと思います。

ドラゴン桜で、龍海学園が次第にどのようになっていくのかということも含め、学生たちが無事東大に合格するのかを楽しみにしていきたいですね^^

Sponsored Link

ドラゴン桜8話ネタバレ感想!龍海学園や東大専科学生の今後を予想

ドラゴン桜では龍海学園の周辺の土地買占めで、龍野久美子理事長を追い出して土地を転売することで儲けようと画策する龍野恭二郎とIT企業の坂本社長の暗躍が観られました、

共通1次テストまで137日という期間で試験の成績を引き上げて、実践に挑むことになっていく様子で、今回は終えました。

龍海学園が生き残るためには、土地買収を断るように龍野久美子が理事長でいることが必要ですが、東大に5名合格すると久美子が理事長退任することを約した契約が結ばれていました。

5名未満の合格に留めれば学園も理事長も残留できますが、既に東大専科では7名もの東大志望者がおり、この状況をひっくり返すことは無理だと思われています。

次回共通1次テストでは、東大専科で学んできた総大集となりますが問題なく合格レベルまで上げることができると思います。

龍海学園の買収問題については、桜木が土地買収に関する情報を入手することで土地買収に絡む汚職事件を暴くことで阻止することになると思われます。

8話で桜木がIT企業の社長の坂本の言動に違和感を抱いていることから、この事件が桜木健二法律事務所の岸本香が絡んでいることを察知していると考えます。

今後の動向で龍海学園に関わる利権争いが表面化していく時に桜木は自身が入手している情報を誰にも明かさずに関係者を明るみに出してから、決定を覆すような行動に出ると思います。

桜木自身が過去にわだかまりのある米山圭太が坂本社長と岸本香にどのような計画を持ち出しているのかはまだ未確定ですが、桜木と水野を追い込むような計画だと予想します。

自身が東大に受からなかった復讐目的で、桜木を陥れようとしていることが想定され、坂本と岸本に稼ぎを分けるということが想定されますので、今後の内容を確認していきたいと思います。

この計画を桜木がどのようにつぶして、法律的にやり過ごすのかがお手並み拝見となります。

今後の桜木のやり方をじっくり観ていきたいと思います。

まとめ

今回は、ドラゴン桜8話ネタバレ感想は楓の親が毒親!平手友梨奈に平手が衝撃的!について書きました。

今後の展開では東大専科の学生個人の生活をドラマで観ることができたので、どうやって学園を守っていくのかということが注目の展開になると思われます。

桜木が東大専科の学生に残り期間でどうやって追い込みをかけさせるのかということに加えてどうやって龍海学園の存続を守っていくのかが見どころです。

過去にしがらみのある米山圭太がどうやって桜木を陥れようとしているのかということも気になる問題ですね^^

次回9話最終章で東大専科の学生がどうやって得点を引き上げて、共通1次テストで合格点を出していくのか、楽しみに観ていきたいです。