危険なビーナス7話ネタバレ感想は蔭山元美が怪しい!正体は何なのか予想

危険なビーナスの7話では蔭山元美が怪しいという感想も含め、楓に会いに来た人物が話題となりました

母親の命を奪った犯人が誰なのかということで、伯郎が矢神家に赴き康治に聞きに行く場面もありました

今回の内容としては、あきとにうらむなということを言われて言葉の意味が分からないということで、誰が母親なのかが分からない状態でした。

最終場面では楓の家に会いに来た人を迎える場面で終わっていましたが、この人物が誰でその様子を聞いていた勇磨が何に気づいたのかということが今回の謎です。

危険なビーナス7話で新しく出てきた謎を含めどんなことを意味するのかを予想してみたいと思いますので、是非チェックしてみてくださいね^^

Sponsored Link

危険なビーナス7話ネタバレ感想は蔭山元美が怪しい!正体は何なのか予想

今回危険なビーナスでは、伯郎と楓が小泉家で誰かが入ってきた場面で始まりました

ここで伯郎が妄想に入って、入ってきた人間が牧雄ということで銃を突きつけられて亡くなるという場面になりましたが、実際には隣人で家を管理する人でした。

小泉家にある遺品を探す作業はもう終えて、二人は動物病院でまた再度会うことになりました

ここで、池田院長がやってきて楓と話している伯郎に良い嫁さんができたという話を振ってきます

院長はお昼ご飯に蔭山元美と今後のことについて話すということでしたが、密かに伯郎と蔭山元美とをくっつけたいということを明かしています

蔭山元美は楓と伯郎との仲を密かに羨ましいと考えており、秘書である以上に鋭く伯郎と楓とのことを突き詰めようとしています

もしかしたら、蔭山元美は伯郎の過去を知っていて母が亡くなった理由を探ろうとしている可能性があります

母が亡くなった理由を知っていて伯郎に近づいたのだとしたら、母親の命を奪った犯人と接近しているのかもしれません

蔭山元美が秘書以上に鋭い視点で伯郎に楓のことを注意したり、事件を興味深く探ってくることから、その可能性も否めません

ただ、現時点では矢神家のことや絵に関することに直接絡んでいるという場面が無いので、確定できない部分も多いですが、今後にかけて多くの謎に絡んでくる可能性もあるので、注目していきたいと思います。

7話の最後で楓に接触する人物が蔭山元美である可能性は少ないですが、実際にそうであった場合には楓も怪しいということになります

今後のストーリーで確認していきたいと思います。

最終話予測で黒幕は有力視されている憲三か佐代かを予想していますので、是非見てみてくださいね^^

危険なビーナスでは明人が帰って来なくて、次第に楓や伯郎が明人の行方を捜していく展開になっています。 6話終了時点では、明人が囚...

危険なビーナス7話ネタバレ感想!蔭山元美が怪しいことに対する世間の反応は?

危険なビーナス7話では院長と蔭山元美が昼食に行く場面で反応がありました

蔭山元美があまりにも鋭く伯郎のことを気づくので怪しいということに対しても反応が多かったです。

これからのストーリーでどのような展開に繋がっていく伏線なのかも含め注目となります。

今回出てきた話の展開も含め、チェックしていきましょう^^

やっぱりどーしても蔭山さんが怪しくみえるー!!!!! でもやっぱり楓なのかな????? でも楓だとするとストレートすぎないかな????? いやでもどーしても、どーしても蔭山さんが気になるぅぅぅぅぅ

勇磨はどさくさに紛れて明人の家に盗聴器仕掛けたけど、楓はそれに気づいてるんじゃ。 楓のとこに来たのは明人? 大穴はコート返しに来た蔭山さん? 牧雄おじさまはかなりうざ怖。 夜中にあの風貌で「開けろ」は怖い。

シナプスを二次元表記は、まぁ大変よね。 個人的には『蔭山さん』に注意、かな。 『ビーナス』は誰か?と。 東野圭吾作品は面白いよね。

蔭山さんがまじのいい人なのか事件に関係あんのか未だに読めない

引用;Twiiter

今回は蔭山元美が院長に伯郎との今後のことを話に行く場面で、蔭山が外にいる不審者にものを言いに行く場面で、気を利かせるもののそのことに何か怪しさを感じるという感想が多かったです。

蔭山が今までにも楓のことを危険人物と話すことや伯郎の過去の母親のことを院長から聞いたと知っている場面があったりと、不審な点が多いです。

今後の展開で、蔭山元美がどのように絡んでいるのかを予想してみたいと思います。

Sponsored Link

危険なビーナス7話感想!蔭山元美は犯人とどのような関係があるのか?

危険なビーナス7話で出てきた蔭山元美は伯郎との今後の仲について進展するような動きがありました

ただ、院長との関係や伯郎の過去について知りすぎていることや矢神家のことに深入りしていることが気になります

実際には今回出てきた絵の話やリーマン予想やのフラクタル図形といったことに対しては直接の関係が無いので、犯人との接点は未知です。

原作では事件には直接関係せずに蔭山元美は池田動物病院の秘書として活躍するということで描写されていますが、ドラマではこの点を変えてくることと思います

伯郎が面接をして病院で勤務した時には伯郎の母は亡くなっていて、この時点で蔭山元美が伯郎の母親の事件の真相に触れていたということは考えられます

実際には犯人の存在は知らないかもしれませんが、伯郎と働く時点では何か情報を持っていたはずです

特に母親の話については、伯郎が話すこともなく知っている場面がありましたので、母親の犯人を伯郎と一緒に追っていたことも考えられます

楓が明人の嫁として病院にやってきたときには、気を付けた方がいいと伯郎に話す場面がありましたので、この時点でもしかしたら楓が犯人だと感じていたことについて注意が必要になります

今回7話の最後の場面で楓が玄関に出る場面の後には次回蔭山元美が訪れて楓と母親の事件の真相や一清の脳の病気のことを話すことになる可能性もあります

楓とは情報を交換して、明人が囚われている真相や楓が捜査をしていることなどを共有しているのかもしれませんね^^

この話を聞いた勇磨は過去に行った一清の脳の病気治療について、盗聴器を通して話を聞いたことで、病気治療に関する研究が30億の価値を越えた宝物だということに気づいたのだと思います。

実際にはどのように蔭山元美が事件の真相に絡んでいるのかはまだ分かりませんが、伯郎が知らない部分も含めて真相の一部は知っていると思われます。

楓は探偵か警察として、明人が監禁されている間に明人と伯郎の母親が亡くなった真相を突き止めようとしている伯郎の求婚者と予想されます。

楓からしたら、秘書以上に鋭い観察力のある蔭山元美に情報を共有して、事件解決の協力を依頼することは十分に考えられます

最後には、伯郎と結婚して池田動物病院を継ぐということになってハッピーエンドとなれば最高だと個人的には思います^^

今後の展開で蔭山元美がどのように活躍していくのか、期待しながら観ていきたいと思います。

小日向さんが怪しいということで盛り上がっていますので、チェックしてみてくださいね^^

危険なビーナスの6話では母親の禎子の命が誰かに奪われたということを祥子から言われて、小日向さんが演じる伯郎の叔父憲三が怪しいという内容の感想...

まとめ

危険なビーナス7話感想は蔭山元美が怪しい!正体は何なのか予想について書きました

危険なビーナスでは蔭山元美が秘書として優秀で観察眼を持っており、伯郎の過去を知っていることから怪しいと思われる展開です。

明人が監禁されている理由や過去に一清が書いた絵についても謎が深まるばかりですが、次第に明らかになってくると思われます。

ドラマの展開で最後にどんでん返しで蔭山元美が犯人との共犯者という展開も想像できますが、現状では楓の協力者として母親が亡くなった事件を調べていると考えられます

以上の話から危険なビーナスを観る上での参考までにしてみてくださいね^^