TOKYOMER2話感想は比奈先生の成長が楽しみ!研修医だがすごいと話題

2021年7月から開始されているTOKYO MERでは、2話で比奈先生の成長が楽しみと盛り上がりました。

今回、TOKYO MERではクラッシュ症候群の患者を比奈が病院に搬送を優先するべきだと話す様子を尻目に喜多見先生をMERの車の中で処置をする様子がありました。

結局患者の命は危機的な状況に陥るものの、処置の早さで助かるようになったが、研修医の比奈は責任感を感じて辞めるという話しまで発展してました。

今回はMERの研修医として参加していた比奈先生のことに焦点が集まりました

今回起きた事故現場でのTOKYO MERの様子や今後起こるMERのことを予想してみたいと思いますので、是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

TOKYOMER2話感想は比奈先生の成長が楽しみ!研修医だがすごいと話題

TOKYO MER2話では、医療現場に立ち向かっていくTOKYOMERの場面で、比奈先生が危険現場で動けずにいた場面から始まりました。

てきぱきと処理をしていく喜多見先生の後を追いかけていく比奈先生でしたが、うまく動けずにいるところが目立ちました

危険場面での患者をある程度助けることができた時、比奈先生はクラッシュ症候群の患者を病院搬送をしようとした瞬間に喜多見がMER内での処置が必要と判断して送るようにします。

喜多見が判断したことに対して、比奈は早く病院搬送をするべきだと反発しますが、患者の脈が弱まる様子を見て、喜多見の判断に間違いがないことに気付きます。

危機的な状況で、喜多見が官僚医師の音羽に予めクラッシュ症候群用の透析液の入手を頼んでいるところがすごくちゃっかりしながらも素晴らしいファインプレーでしたね^^

この事故救出でも亡くなった患者がゼロで成功をしたMERでしたが、比奈が判断ミスでと謝る場面で喜多見が失敗したことの理由はそれだけでは無いとチャチャを入れる場面がありました。

比奈が自身の判断ミスを知らされたことで、MERを辞めようかどうかという話しに発展していくものの、指導医からの慰めで再度挑戦しようとしていくことになりました。

その後の審査会で比奈が週刊誌の記事で叩かれていることから研修医は医者のフォローをやらせようとしているところがあまりにも露骨すぎでしたね^^

2回目にMER出動の時に今度は研修医の比奈に喜多見は全ての医療行為を任せ、一人でオペをするというところを任せることになりました。

あからさまに審査会で言われていた内容とは全く別の事態に対応しようとする状況で、研修医の比奈はパニックに似た様子で患者にあたる様子が素晴らしかったですね^^

出血する患者に出血箇所を探し、1か所は探しあてることができましたが、2か所目で真よっているときに喜多見がやってきて一瞬で治療する場面がまた心地よかったです。

研修医だからといって突き放さずに治療現場の経験を積ませて、医者のスキルを上げていくというやり方が光った内容でした。

今回、TOKYO MERでの医療現場の緊迫感や今後の展開を予想したいと思いますので、是非見てみてくださいね^^

1話感想では鈴木亮平さんの安心感が凄いと話題になりましたので、チェックしてみてくださいね^^

2021年7月から開始されているTOKYO MERでは、1話で主人公喜多見医師が演じる一見無謀行動の中に安心感が溢れていると盛り上がりました...

TOKYOMER2話ネタバレ感想!比奈先生の成長に対しての世間の反応は?

今回は、TOKYO MERの2話で比奈が喜多見先生に反発して、判断ミスをして医療ミスを行う場面に対しての感想が多かったです。

研修医として始めてのオペなのにすごいという感想が上がりました。

喜多見のフォローが素晴らしいに対する感想も多かったですね^^

それではSNSの反応を見てみましょう!

ピンチはチャンス、という言葉があって、僕は多分この言葉に表されるような難局を何度も経験できたおかげで成長できていると思ってる。比奈先生も次回から一気に成長するんだろうな。

比奈先生の感じイライラしてしまうけど 医者としてのプライドは研修医だってあるだろうし 揉まれて成長してくれたらいいな!

喜多見先生かっこよすぎ!比奈先生には成長してほしい!

このドラマ、もしや組織の対立ってより、比奈先生の成長物語なのかもな

研修医なのに精一杯頑張った比奈先生。 これから挫折と成長を繰り返して良い医者になっていくのが観たい。

引用:twitter

今回は、比奈先生の成長が楽しみということに対する反応が多かったです。

比奈先生が研修医でオペを1人でやろうとしていたことに対しても話題になっていました。

比奈先生も審査会で叩かれてから一旦は辞めようとしていたところからの復活する様子がとても見どころでしたね^^

最後には喜多見が比奈のオペを助けに来て、患者の出血を全て発見して無事成功させる様子も楽しかったです。

今回、都知事の意図通りにMERの活躍で無事患者の命を救って、厚生労働大臣からの軋轢を乗り越える展開でした。

今後の展開でどのようにTOKYO MERの喜多見が抱える過去の経歴について、どのように対応していくのか予想をしていきたいと思います。

Sponsored Link

TOKYOMER2話ネタバレ感想!喜多見の空白の1年間を予想

TOKYOMER2話では、研修医の比奈先生が始めは喜多見に反発して医療ミスがあったものの、喜多見が比奈にオペを任せることで新たな成長へとつながる展開でした、

官僚医師の音羽が厚生労働大臣の指示を受けて、TOKYO MERを潰すように画策する中で喜多見の空白の1年間ということが最後に出てきました

この空白の1年間は、元妻だった高輪先生と赤塚都知事のみが知っているという内容であからさまになるとまずいという内容であると言われています。

この空白の1年間には自身の医療ミスで、人の命を失くしてしまったことが考えられます。

特に著名人の医療現場での判断ミスということから公にすることができない医療ミスと考えられます。

1年間の間、この医療ミスで亡くなったことで医療の世界から遠ざかったのだと思われます。

このことを知る都知事は事件をあからさまにしないことで、医療の世界で再度活躍することを認めたということが今回のMERの仕事に繋がったと予想します。

今後の展開で、喜多見の過去を発見して週刊誌で騒がれることになった場合にMERの立場を罷免されてしまうのかということも気になります

この展開では、都知事が喜多見医師が理想とする医療のことを明らかにして、医療ミスによって亡くした命を無駄にしないで医療で命を救う現場に入っているということをアピールすると考えます。

今後は都知事の戦略でMER医療の成功を目指していく展開になっていくと思いますので、これからも期待して観ていきたいと思います。

まとめ

今回は、TOKYOMER2話感想は比奈先生の成長が楽しみ!研修医だがすごいと話題について書きました。

今後TOKYO MERの喜多見先生の過去がクローズアップされたことによって、一時TOKYO MERを解体するという展開が予想されます。

ただ、喜多見先生のやり方で命を救うという効果が多くの人に認められていくということから過去の出来事から将来に立ち向かうということになっていくと思います。

これからのTOKYO MERでの比奈先生や喜多見先生が成長していく様子が楽しみですね^^

これから様々な障害があっても立ち向かっていくTOKYO MERに注目しながら、医者たちの成長を楽しみにしていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする