TOKYOMER1話感想は鈴木亮平の安心感が凄い!笑顔が最高と話題

2021年7月から開始されているTOKYO MERでは、1話で主人公喜多見医師が演じる一見無謀行動の中に安心感が溢れていると盛り上がりました

今回、TOKYO MERが発足していく中で政治が絡む状況で審査会等の場面では批判される展開でした。

ただ、様々な思惑を超える行動をしていくことで、常識を覆しながら医者や救助活動を行う人々の共同意識を得ていく様子が伝わってきました

今後も様々な事故現場を独自の医療の技術で乗り切っていく喜多見医師がどのような変化が起きてくるのか、また心に訴えかけてくるのかということが楽しみです。

今回起きた事故や敵味方などの思惑も含めた様々な様子や今後のTOKYO MERの立ち向かう事件のことを予想してみたいと思いますので、是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

TOKYOMER1話感想は鈴木亮平の安心感が凄い!笑顔が最高と話題

TOKYO MER1話では、外国で事故が起きて助けてくださいと叫ぶ男の子の悲壮なまでの様子から喜多見医師が懸垂を行っている場面から始まりました。

顔合わせをした後にまもなく事故が起きて早速TOKYO MERを出動させる場面がとても緊迫感に溢れていました

喜多見を始めに医師と看護師合わせて7人の医療チームで車で移動して事故現場で医療行為をしようとすることがとても魅力的でした。

けが人を救い亡くなる人をゼロ人に抑えるという働きを目的に作られた新医療の車でしたが、まだ厚労省の認可が出ていないという内容から始まりました

始めから鈴木亮平さんが演じる喜多見医師が筋肉を鍛えている場面で、筋肉がすごくて医者でもこんな筋肉を持つことが必要なのかと驚きでしたね^^

でもこの筋肉を実践で使う場面が発生して、車を災害現場で医療行為をする様子がとてもてきぱきしていて、指示も行動の仕方も頼もしい様子でした。

次々に患者を扱いながら、緊急度が高い患者の医療行為をしてある程度改善すると違う患者にとテキパキとこなすのが心地よかったです。

ドライバーの患者が脳の出血と心臓の出血をしている場面で、搬出する準備をするところで応急措置をして、脳の出血や心臓の出血を止血して搬送させる作業等は本当に神の領域でしたね^^

今回注目だったのが、緊急現場では無い現場に出向いてその出向いた先で爆発事故が起こった場面で、二次災害に巻き込まれた救急退院を救出した場面でした。

でもこの場面に行ったところでは、TOKYO MERを批判する審査会が行われていて、その人たちとの温度差はすごかったですね^^

現場で活躍する喜多見の活躍が人の心を動かしていき、多くの救急隊員や医療関係者や警察に連帯意識をもたらしていき、多くの仲間を作っていくという様子が観れました

今後の場面でも多くの批判を乗り越えながら、喜多見が過去に被害を受けた災害の場面で救うという使命をどのように果たしていくのかということが楽しみです。

同じTOKYO MERの中で潰そうと目論む厚生労働大臣の白金眞理子が遣わした音羽がどのように行動をしていくのかということも気になります。

今回、TOKYO MERが抱える事故や今後の展開を予想したいと思いますので、チェックしてみてくださいね^^

TOKYOMER1話ネタバレ感想!鈴木亮平の安心感が凄いことに対しての世間の反応は?

今回は、TOKYO MERの1話で災害現場で爆発した後に救助員が足に鉄棒が刺さったところで鈴木亮平さんが演じる喜多見医師が大丈夫だと元気をつける場面に対しての感想が多かったです。

鈴木亮平さんの安心感が凄くて、危機的な状況でも大丈夫だと思わせられるという感想が上がりました。

喜多見医師の無謀すぎる行動に対する感想も多かったですね^^

それではSNSの反応を見てみましょう!

あんな展開でも、鈴木亮平さん演じる喜多見先生の大丈夫ですよーの声はやわらかくて力強くて安心感があった。 お医者さんのあの声掛けはとても心強いだろうなと、そしてオペの動きは素晴らしくて、そこはとてもリアルで良かった。だからこそあの脚本があまりにも無謀な展開で悲しい。

鈴木亮平の安心感と頼れる感がすごくて絶対に助かる気持ちになるな

助けに行った人が危険に晒されたりこのドキドキ感なんだか海猿思い出す。 鈴木亮平さんの絶対大丈夫ですよの安心感半端ない。 ただガスマスクはつけないとほんと危ないってば…

鈴木亮平さん良すぎ…。 これまで無愛想で腕のある医師ってキャラは山ほどいたが、物腰柔らかくて腕のある医師ってのは観やすいね。安心感半端ない。

石田ゆり子のガッツポーズ可愛すぎ 鈴木亮平の安心感というか大黒柱感も好き 視聴継続

引用:twitter

今回は、鈴木亮平さんの演技が安心感半端ないということに対する反応が多かったです。

鈴木亮平さんのTOKYO MERを創設しようとした石田ゆり子さん演じる東京都知事の赤塚梓とのタッグも良いと話題になっていました。

鈴木亮平さんの笑顔に対しても話題として上がっており、笑顔も含めた安心感に対して評判になりましたね^^

石田ゆり子さんが演じる赤塚梓都知事に対しても二人のタッグ感が素晴らしくて観ていて楽しかったです。

今回、都知事と厚生労働大臣との確執という内容で二人の権力者同志の争いにTOKYO MERの存続が絡む展開となりました。

今後の展開でどのようにTOKYO MERが事故現場にあたっていきつつ、そのことを認めようとしない人を説得していくのか予想をしていきたいと思います。

Sponsored Link

TOKYOMER1話ネタバレ感想!今後の事故や今後の存続を予想

TOKYOMER1話では、喜多見医師が事故現場で救助作業をしていく中で、多くの患者にてきぱきと対応して亡くなる人がいないという結果を出していく展開でした、

ただ、政治がらみでTOKYO MERが危険作業に入りすぎるので、今後の存続を危惧していくという様子が気にかかるところです。

喜多見医師は危険な作業地域でも自身の命を懸けて入り込んでいき、出会った事故現場は亡くなる人がゼロにするという使命を持って挑んでいました

この部分は東京都知事の敵となっている厚生労働大臣の白金議員によって、TOKYO MER内に配置された医師の音羽によって監視されているという展開です。

今後この二人は確執を生み出そうとする場面で今回は終わりましたが、今後音羽が次第に喜多見によってもたらされる救助の意志によって心が変わってくるという展開が考えられます

やがて、赤塚都知事のTOKYO MERを庇っていきがながら多くの事件を解決していこうという意志に変わってくることと思われます。

喜多見医師の行動によって多くの患者が助けられていく様子を見て、連帯意識が高まるTOKYO MERのメンバーを中心に白金議員の意図は挫かれてしまうという展開が予想されます。

ただ、TOKYO MERを認可された後に喜多見医師の元に重大な危機が迫り、命を奪われるような事件が起こることが想定されます。

医師として活動ができなくなった後、どうやってTOKYO MERのメンバーが乗り切っていくのかというところが今後の見どころだと思われます。

今後の展開でTOKYO MERがどうやって、多くの患者の命を救っていくのか、喜多見医師の子供の頃の残酷な事故を無くすことができるのか、今後の展開を観ていきたいと思います。

まとめ

今回は、TOKYOMER1話ネタバレ感想は鈴木亮平の安心感が凄い!笑顔が最高と話題について書きました。

今後TOKYO MERの政治絡みの展開が次第に喜多見医師の行動によって、連帯感が出てくることで変わっていくという展開が予想されます。

これからも医師が入り込んでしまい、事故現場で災害に巻き込まれてしまう瞬間もあると思います。

ただ、このような場面でも自身を顧みず被害者に対して暖かい言葉をかける喜多見の様子が楽しみですね^^

これからどのような展開になるのか注目しながら、新たな展開を楽しみにしていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする