日本沈没5話感想は天海家族との別れが悲しい!椎名との恋仲はどうなる?

2021年10月から開始されている日本沈没では、5話で天海が家族と別れてしまい、椎名との恋仲の関係がどうなるのかという話題で盛り上がりました

今回、日本沈没では記者の椎名と天海が共に松葉町病院に行き、家族と再会する場面で感動的だという感想が多かったです。

ただ、安心する間も束の間で田所が新たな名古屋地震が原因で起こったスロースリップが新たな沈没のきかっけになるという予想をするのでした。

今回は天海が避難所で日本未来推進会議のメンバーに電話したことから、天海が再度総理にも認められて、メンバーに戻ってくることを要望されてそれを受ける内容でした。

今後天海と椎名との恋仲がどうなっていくのかということも予想していますので、是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

日本沈没5話感想は天海家族との別れが悲しい!椎名との恋仲はどうなる?

今回日本沈没5話では、地面が裂けてしまい逃げ惑う天海と椎名のところまで地面亀裂が迫ってしまう場面から始まりました。

地面亀裂に倒れ込んでしまっていた天海は眠っていて、椎名に助けられて起こされるとそこは避難所でした。

関東沿岸部が沈んでしまっていて、椎名の家が沈んだと話す様子にうなだれる天海でした。

海に沈んでから16時間後の官邸の会議では、沿岸部の沈没で倒壊や地面割れの被害で交通がストップしてしまったことが懸案の課題になっていました。

田所博士は次がいつ来るかということを考えていましたが、会議でもその点が危惧されていて、進まない日本未来推進会議の様子がクローズアップされていました。

子どもが何度も電話をしても繋がらないけど、後ろに並ぶ人たちが早く終わらせるように順番を迫ってくる様子が緊迫していましたね^^

常盤がいる避難の事務局では、避難経路を検討しつつも少しずつパニックに陥りつつあり、第二波の影響を憂慮する職員で溢れかえってくるのでした。

災害メッセージを聞いた椎名は何度も電話していた子どもに母親からの伝言を病院に連れて行こうとしました。

その時に天海が田所博士に電話をすると、第二波は来ないと地下のプレートが最小限で収まったことを聞き、喜びを抑えきれずに椎名に笑ってみせるのでした。

田所は第二波が来ないという意見を総理を始めとした日本未来推進会議の会議で名言をして、沈没終了宣言を宣告するのでした。

そんな時、事故に巻き込まれたバスの崩落事故の車両情報を知らされた天海と椎名は、家族が乗ったバスがその対象ということを知り、現場に行ってみようと車で向かいます

家族の被害が分かったことで、即行動を取る天海と椎名の姿が大変素晴らしくて、そこに向かう二人の勇気が力強かったですね^^

でもどうしても車道が通行止めになっていて、そこで松葉町トンネルに行くことを断念しようとするものの、家族をもっと急がせればよかったと泣く椎名がとても悲しかったです。

陸路を諦めた天海は海路で向かおうと船の漁港を訪れたところ、そこに人影を見つけて、船を出してもらうことを頼み込むものの、断られてしまうのでした。

そこに行けば家族が必ず居ると話す天海に漁港の人は荒れるかもしれないがいいか?と訪ね、行くことを決行するのが嬉しい場面でしたね^^

常盤が沈没の報道を2か月遅れで知らせた時の夢を見ていたと話し、最悪の結果であることを話しして自責している様子に相原美鈴が慰めるのでした。

一方、天海と椎名は船で松葉町トンネルの側まで送られるものの、そこから歩いていく必要があり、山道を歩いていくのでした。

その最中に名古屋付近で震度5前後の地震が観測され、その様子をラジオで聞いていた田所はすぐに海保に連絡を入れるように急ぐのでした。

やがて、山道を登った天海と椎名は事故に巻き込まれた人が収納されている松葉町病院に着き、家族が倒れているのを確認します。

とその時に女の子が運ばれたところで、天海がかけよると大塚みくちゃんという違う女の子でした。

被害者の対象者には天海も椎名も家族の名前は無く戸惑うのでしたが、天海はふと公園に近づくとハーモニカの音が鳴っていることに気付きます

そのハーモニカの鳴る場所に行ってみると茜が拭いていたことに気付き、茜を抱きかかえ、再会を果たせたことに喜び一杯で抱き合う様子がとても素晴らしかったですね^^

この再会を見ていた椎名と側に寄ってきた香織は、それぞれの安否を確認できたことに喜びを感じます

家族と出会えた天海は暫く避難所にいようかなと話すものの、茜は仕事を続けていると考えて多くの人を助けなきゃならないんでしょ?と天海の思惑にダメだしするのでした。

ここで天海は日本未来推進会議を頸になった時のことに思いを巡らし、まだ名残惜しさを感じる様子がとても感じられました

天海は避難所で一人ひとりに寄り添うことの厳しさを認識したことを話し、日本未来推進会議に電話をして石塚に応援物資を届けることを依頼するのでした。

そして、松葉町病院に総理が訪れて激励の弁を送りに来たのが、同じ日本未来推進会議の常盤が仕組んだことでした。

常盤はこの場で、天海に情報開示を進めたことが間違っていなかったと天海に謝罪を行い、常盤を守るために言い訳をせずに退官したことに恩義を感じていました

常盤は天海の使命感が何百人もの命を救ったと話し、これからどういう未来を築くのかということを一緒に未来推進会議に戻って欲しいと話す様子がとても感動的でしたね^^

総理はこの場で間違っていたのが自分だと認め、災害後の復興について考えたいと話したことをまたもう一度力を貸して欲しいと話すのでした。

天海は総理からの要望を受け入れて、感謝を述べてまた再度国民のために会議に参加することを了承するのでした。

最後の場面で、茜がパパ頑張ってねと手を振っている様子が天海の元気を取り戻して、また新たな困難を乗り越えようとする天海の波乱を物語っていました

椎名が毎朝新聞に戻ることが決まって、一緒にお酒を飲みに行こうと話しているところで、田所は異変を知らせるデータに気付き、スロースリップの観測を観ていました

このスロースリップが関東に影響を与えているということを知り、第二波が来る予感を知らせるサインに気付いた瞬間でした。

次回は日本が沈没するという予測が起こり、田所が危機感を知らせたことで、どんな希望を持って天海は立ち向かうのか、しっかり観ていきたいと思います。

日本沈没5話ネタバレ感想!天海家族と別れが悲しいことに対しての世間の反応は?

今回は、日本沈没の5話で天海家族と別れが悲しいということに対しての感想が多かったです。

天海と椎名がお互いに松葉町病院に行って、元妻の香織から椎名に話しかけたことからも二人の恋仲がどうなるのかという感想も上がりました

天海が日本未来推進会議メンバーに戻されて翌日から仕事だと今日は椎名と飲みに行こうと話していたことも注目ですね^^

それではSNSの反応を見てみましょう!

自分の居場所はここじゃない感出てて悲しい

天海には家族がいなくて本当に悲しい……まだ離婚届提出してないでしょ?ちゃんとはっきりさせてからお付き合いしてよ…( ; ; )

実際に関東沈没がはやい段階で起こらなければ天海さんの立場って、と思うと悲しいものがある

天海さんが離婚して椎名さんと恋仲になるかならないかっていう話を描くとしても、元妻の不倫要素を入れる必要はなかったんじゃないかなって思ってしまう

このドラマで小栗旬さんと杏さんの役は恋仲になるの? じゃなかったら先週の母親の勘違いイジりは要らんOF要らん描写なんだが

丸々大地そのものが沈むとなると、倒壊した沈没しかけのエリアで救助活動は一切されないのかも…。警告・避難推奨に従わなかった場合は、何があっても誰も助けに来ない可能性が。当事者になってみれば、なかなか悲しいね

スピード感があってあっというまに終わった。プライベートも仕事も天海が散々で辛いなぁ。やっぱり常盤との関係拗れちゃったか。悲しい。

引用:twitter

今回は、天海の立場が悲しいことに対する反応が多かったです。

その中でも椎名との恋仲に対して不倫要素が入ったことに対しての意見も多かったです。

今後のストーリーでは、日本沈没が本当に起こってしまうことに対してどのように対応するかという場面で、天海と椎名がどうやって恋をはぐくむのかということも気になります。

次第に緊迫感が増していく中で、二人の立場が追いつめられていきながらも二人で協力して困難を乗り越えた先には新たな幸せがまっているのでしょうか?

今後天海と椎名ががどのように仲を深めていきながら、難局である日本沈没を乗り越えていくのか今後の展開に期待ですね^^

Sponsored Link

日本沈没5話ネタバレ感想!天海と椎名の恋仲がどのように発展していくのか予想

日本沈没5話では、天海と椎名が地震で地面が割れてしまい被災をするものの、傷も浅くすぐさま家族のバスを二人で探索していく展開でした。

家族は生き残っていて全く傷も無くまた会うことができて、感動的な子どもとの再会があったことで、椎名も天海に近づいていく様子が素晴らしかったです。

最後に椎名と天海は飲みに行こうと話しをして、お互いに仲良くなってきつつも何かしら新たな災害が起こる予感が今回ありました

天海と椎名はそれぞれ、互いに惹かれあうような様子が今回の進展で、またもや新たな災害に向けて二人が協力しあう予告も何かしらの二人の結束が固まる予感があります。

次回以降では日本全体が沈没するという予測を田所教授が行いつつ、元の仕事に復職した天海と椎名がそれぞれに緊迫感を持った会話をしていました

沈没が起こる様子を日本全体という範囲を広げたところから、災害を逃れるためには移住計画を行う必要が出てきます。

その期限が迫っていることを天海は様々な可能性を含め挑もうとしますが、悉くうまく行かずに日本に残るという決断をしてしまうと思われます。

椎名はこのことに対して、天海が最後まで諦めることなく日本全体を救うことを手伝い、天海の活動に指示しながら、共に生き残ることを誓いあうという展開が予想されます。

天海は最後日本が沈没するまで人間の移動を画策しながら、日本が沈没する前に地震が収まるという展開で救われるということが考えられます

最後には椎名と天海がそれぞれ生き残り、二人が結ばれるという展開を予想します。

新たな家族を作った天海が日本の危機を救ったことを歴史に残すべく、椎名は記事に書いて日本全体に知らせるということになれば感動的な物語になりますね^^

お互いが情報統制の枠を超えて、それぞれに力を発揮させて多くの国民の命を救うという展開で、今後本当に日本が災害に見舞われた時のヒントにもなりうると思います。

今後最後まで、日本沈没をどうやって防ぐのかを観ていきたいですね^^

まとめ

今回は、日本沈没5話ネタバレ感想は天海家族と別れが悲しい!椎名との恋仲はどうなる?について書きました。

今後、天海と椎名はこれ以上にお互いを必要とする立場で、二人が結ばれていくという展開が楽しみです。

天海が総理にも評価されて、今後新たな災害の対応策を見出していきながら、国民の命を救うことが注目ですね^^

記事の椎名と官僚の天海がそれぞれに持てる力を発揮させて、今後日本が生き残る可能性を模索していき、国民を救うことに成功する様子を観ていきたいと思います。