二月の勝者3話ネタバレ感想は花恋役田中絆菜の演技がうまい!思わず涙と話題

2021年10月16日から放送されている二月の勝者では、3話で花恋役の田中絆菜ちゃんに注目が集まり演技がうまいという感想が多かったです。

今回は、花恋とその母親が塾を巡って様々に授業を聞いたり、迷ったりする場面がありました。

黒木とルトワックの灰谷とのやり取りで二人が過去の因縁を含めやり取りをしている様子がとても裏がありそうでした。

ルトワックへ行くのか、桜花に残るのか、その行方が気になっていくものの、黒木の話術が活かされていく様子が楽しかったです。

子どもの描写がうまくて、今後桜花ゼミナールがどのようになっていくのかを予想していますので、是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

二月の勝者3話ネタバレ感想は花恋役田中絆菜の演技がうまい!思わず涙と話題

二月の勝者3話では、佐倉麻衣が原始人時代の夢でうさぎを追っているところで、落とし穴に落ちてしまうのを黒木にダサいと笑われるところから始まりました。

塾の情報共有会で、No1島津順の開成志望の話やNo2の前田花恋が桜蔭志望の話しをしていたところを黒木に遮られるところで、木村大志が花恋がルトワックに入るところの目撃情報を慌てて叫ぶのでした。

3月の時期の今が転塾の機会と花恋はルトワックの体験授業を受けることを決めて、ルトワックからはSクラスへの編入が約束されるのでした。

黒木は放っておくということで何もしないという決断をしたことに佐倉麻衣が前に加藤匠をマンツーマンで指導したせいだと黒木に話しても相手にされませんでした。

その帰りに井の頭ボウルでは、橘から一人も吉祥寺が御三家に受からないことで賞与が少ないと文句を言っていたところが印象的でしたね^^

花恋はふと気付くとAクラスの上杉海斗にルトワックに居たのに桜花に移ってきたことを聞いて、転塾に向けて情報収集をしているのでした。

佐倉は前に言われたマンツーマンで指導したことに責任を感じて、花恋を呼び止めようとるすものの、そのまま無視していく花恋がいました。

花恋の母親は女医で旦那が海外出張のために一人で子育てをしていてしっかりしていることから、転塾は黙ってやることは無いと桂が話すことをただ聞いている佐倉がいました。

黒木は帰る途中の灰谷に花恋の転塾のことをつついて、成績優秀な生徒が桜花のシステムには合わないと話すものの、結論を出すのはまだ早いんじゃないかと話す黒木でした。

花恋は夜遅くまで勉強をしていることを母親が勉強は11時までと話ししたところ、花恋は桜花が昨年御三家に一人も合格者がいないことや合格校を重複して書いていることを明かしているところに桜花を転塾する意志が見え隠れしていました。

ルトワックの1日目の体験授業では問題を出された後に他の生徒が回答を早く答えてしまい、花恋の出番が無かったことに少し寂しさを感じている様子でした。

翌日花恋の母親が相談をしたいと連絡が来たところで、黒木はΩクラス担当の橘とマンツーマンで指導した佐倉が自責の念で一緒に話すと話すとあっさりと認めるのでした。

花恋の母親は転塾したいと聞いた娘のことに驚いたと話し、娘の考えを尊重したいという意図を明かしたところで、橘が特待生クラスで授業料の出費を減らすという場違いな話しをしたところが桜花の程度を現しているようでしたね^^

翌日花恋はルトワックでテストが返されて62点という点数で、最低点を出してしまったことにショックを受けてしまいました。

すかさず席にやってきた女子生徒がいつも使っている席だからどいてともしかしてS3なのかと見下ろす感じで、講師に話しかけても相手にされないところが花恋にはつらい待遇でした。

家ではルトワックについていけないからと夜遅くまで勉強をする花恋に母親はもう1時だと話し、風呂に入っている間に終わらせるようにとギクシャクする様子でした。

佐倉が自転車で移動していると花恋がブランコで一人黄昏ていたので、話しかけると花恋は始め拒絶するものの良くみたら足に傷があることを発見するのでした。

ルトワックの灰谷は黒木にシステムとレベルには苦戦して、母親がストップをかけるパターンでこのままだと辞めさせると話しをしていました。

佐倉が花恋の傷を自傷行為として黒木に報告するとそろそろなのかもしれないと黒木は何かを企てている雰囲気でした。

黒木は花恋がうつむいて歩いているところに甘酒を持ってきて、疲れたところにはこの甘酒が一番だと飲ませました

顔色が悪い花恋に今から飛ばしていると2月まで持たないと話したところ、花恋はルトワックに行ったことを何故止められなければならないのかと反発しました。

その様子に頷いて、リレーの選手や合唱コンクールは褒めてもらえるのに勉強ができることが褒められないのはどうしてだろうと話すのでした。

そして、ルトワックはレベルが高くて成績がいい人だけが優遇されるというシステムを話したところ、花恋が泣いてしまうところに箱ティッシュを渡して、面白がられました。

そこで黒木は花恋に感動的な言葉を投げかけて、桜花で待っていると話すのでした。

黒木が花恋に感動的な言葉をかけて花恋の心を動かす場面はこちらから

「二月の勝者-絶対合格の教室-」は毎週土曜日22時00分から放映されるドラマです。 今回はドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」の1話...

花恋が帰り着くと、母親が心配したと花恋に話を聞いて欲しいと泣きながら話す様子に花恋は何か悪いことした?と号泣する場面が涙を誘いました。

翌日花恋は桜花ゼミナールに戻ってきて、笑ってルトワックなんて大したことないと同じクラスのメンバーに話すのでした。

黒木は佐倉に無理に競争に追い込み伸ばそうとするルトワックよりも褒めて伸ばす桜花の方が花恋に合っていると話し、子どもの自立心を伸ばしていく理想的な親と言います。

佐倉に良いタイミングを教えてくれて感謝していると話をして、最初から花恋が追いつめられることを知っていたと佐倉に告げて、解決をしたことを明かすのでした。

クラスに戻った花恋はクラストップの成績を出して、前よりも笑顔で他のクラスの生徒からの質問に答えていく花恋が前よりも輝いていました。

次第に黒木のやり方が桜花にプラスに与えていくイメージが増えていくことで、今後どうなっていくのか楽しみに観ていきたいと思います。

二月の勝者3話ネタバレ感想!花恋役田中絆菜の演技がうまいことに対しての世間の反応は?

今回は、二月の勝者の3話で花恋役田中絆菜ちゃんの演技がうまいのことに対しての感想が多かったです。

母親の高岡早紀さんが良い母親だったという感想も上がりました。

やはり黒木の話し方が素晴らしいということに対する感想も多かったですね^^

それではSNSの反応を見てみましょう!

花恋役の子うまい〜〜泣いた

「二月の勝者」前田花恋ちゃんは、転塾するのか・・・? 花恋役の田中絆菜ちゃん、可愛くて演技も上手い。

Ωクラスのツインテール眼鏡っ子ちゃん前田花恋役は田中絆菜 ちゃんって言うのね高岡早紀 さんが母親役(医者)って期待しかない

今日も面白かった。花恋役の子役、可愛らしいなぁ。

田中絆菜ちゃん可愛い! 谷花音さんに似ていたから妹かな?って思っていたけど違った頑張れ!

かれんちゃんとママのシーン泣けた… 高岡早紀さんの演技やっぱり凄いし田中絆菜ちゃんも良かった… あそこの未来へのイントロもめちゃあってた! …しかし黒木先生の箱ティッシュは笑った笑

引用:twitter

今回は、田中絆菜ちゃんがかわいいことに対する反応が多かったです。

特に母親役の高岡早紀さんとの演技がすごいと話題になっていました。

黒木が寄り添って生徒の心をつかんでいく様子にも注目が集まり、涙を誘う展開だったことが今回の物語の一番の感想ですね^^

佐倉麻衣が黒木に原始人呼ばわりされながらも生徒の異変に気付くところを褒められていくことが注目です。

最後には黒木が佐倉に対する観方が変わり、二人で桜花ゼミナールが動いていくのかどうか見どころですね^^

Sponsored Link

二月の勝者3話ネタバレ感想!桜花ゼミナールの今後を予想

二月の勝者3話では、Ωクラスの準トップで女性トップの前田花恋が転塾を考えながらもルトワックのやり方についていけずに転塾をしないで桜花に戻ってくる展開でした。

またもや佐倉が花恋の様子を観察して自傷行為をしているところを黒木が花恋に寄り添って、桜花に戻ってくる席を用意していると話す内容でしたね^^

戻ってきた花恋は今までにも増して、多くの生徒達にもてはやされながら、勉強でトップ成績を更新する様子でハッピーエンドになりました。

桜花ゼミナールでは多くの生徒達が優秀な成績を取っていく中で、お互いの心理状態の変化で行動が変わってきたり、中学受験を見送るケースも出てくると思います。

桜花ゼミナールを考えるにあたって、今回進学塾のルトワックのやり方に学ぶところが多いです。

進学塾は一律にテストで優秀な生徒に向けた学習体制は万全ですが、その中で頑張ろうと思っても少し劣な生徒にはハードルが高くなってしまうというデメリットがあります。

優秀な生徒を伸ばすことで、優秀な受験生を育てて公表する実績も伸びるという半面、受験をしようとする小学生にとってはそのことで勉強から遠ざかってしまうということにも繋がります。

桜花ゼミナールに来た黒木はこのことに着目して、生徒の特徴からどのような問題があるのかを予め分析していると思われます。

桜花ゼミナールはこの人間ベースの仕組みと佐倉のような注意力の高くて、生徒の変化に気付ける講師がいることで、成り立っていくと思われます。

前年は御三家に一人も合格者がいないということでしたが、今年はできる生徒のみでは無く伸びる生徒を見つけていくことで、実績を大幅に伸ばすことが予想されます。

人間ベースで塾を運営していくことは最初のうちは大変だと思いますが、基本となるベースがしっかりしていれば、塾のやり方としても楽に伸ばすことができる典型例となります。

今後どのように桜花ゼミナールが発展していくのか、黒木の手法を観ていきたいと思います。

まとめ

今回は、二月の勝者3話ネタバレ感想は花恋役田中絆菜の演技がうまい!思わず涙と話題について書きました。

今後、桜花ゼミナールができないと思われている生徒達の学力を伸ばして、多くの合格者が出てくることが楽しみです。

佐倉が生徒の異変を感じて、その生徒達に寄り添っていく黒木がどのように生徒の心をとらえていくのかという点も注目点ですね^^

桜花ゼミナールがビジネスを人ベースの講師業としての成功と捉えて邁進する様子を観察していきたいと思います。