二月の勝者2話ネタバレ感想は加藤匠がかわいい!山城琉飛演技うまいと話題

2021年10月16日から放送されている二月の勝者では、2話で加藤匠くんを演じる山城琉飛さんがかわいいという感想が多かったです。

今回は、黒木が佐倉麻衣に向かってRクラスはお客様で一生懸命になることは無いですよと何度も話す場面がありました。

その意図がお金だけを取って見捨てると思った佐倉が黒木に食らいついていく様子がとてもリアルでした。

ただ、黒木が加藤に才能を見出したことで大きく今まで考えていたところから急展開する様子が描かれていました

できないと思われている生徒が黒木の言葉で大きく違った内容になることから、黒木が今後どのようになっていくのかを予想していますので、是非見てみてくださいね^^

Sponsored Link

二月の勝者2話ネタバレ感想は加藤匠がかわいい!山城琉飛演技うまいと話題

各クラスで生徒たちに教えるそれぞれの生徒たちの学習姿勢の違いを明確に比較した場面が明確に現されて、クラスごとの問題への取り組み方が明確に違っていました。

Ωクラスでは難問を解いた一部の学生は一々解説をするのが時間の無駄だと感じる生徒がいて、Aクラスでは学力があっても出来栄えの良い点数に安心する生徒の姿がありました。

Rクラスでは点数が総じて悪いながら、先生が話しかけても解けない問題を気にすることなく0点の生徒はよそ見をしていました。

Ωクラスでは聞きたいことがある生徒が沢山いるのにRクラスでは質問が一人もいない中で、浅井は学校の作文で将来の夢でお花屋さんと書いたら、それじゃダメだと親に言われるということでどう書けばいいのかという質問でした。

黒木に確認したところ、一生懸命にならなくていいですよ、空回りしてロクな結果になりませんので、Rの生徒に一生懸命にならないでください、Rクラスの生徒はお客さんで不良債権と、突き放した態度でいるのでした。

そんな時に0点を取った加藤巧くんの母親が訪れてきて、Rクラスの担当の佐倉麻衣は応対するのでした。

やる気を出させるようにしようと、佐倉麻衣は加藤を見かけた時に悩み事は無いかと聞いて、もし声をかけてくれたらマンツーマンでみてあげるからと声をかけるのでした。

そんな様子を見ていたΩクラスの生徒の前田花恋はマンツーマンってどういう意味なの?と自分たちが列に並んでやっと質問に答えてもらうこととの差に不平感を抱きました。

ルトワックでは黒木が桜花ゼミナールに移ったことでもちきりになっていたところをルトワックの塾講師灰谷は心配無くS1クラスは僕にお任せくださいとなだめる様子でいました。

前田花恋は次第に桜花に通う生徒たちの話しがレベルが低いと感じ始め、ルトワックに惹かれることになります。

井の頭ボウルで佐倉麻衣はずっと黒木に言われたRクラスはお客様という言葉が気になっていて、0点を取った加藤巧のことを自身の経験と重ね合わせてほっとけない気持ちを吐露するのでした。

桂は加藤の答案をじっくり見ると回答のプロセスを探ることができるとアドバイスをさしたところ、佐倉はこのことで黒木に言われたことを思いついて、塾に戻ってきます

塾に戻った佐倉は白柳社長が黒木に例のものを振り込んでおきましたと何かしら不審な会話の横をさりげなく入っていき、佐倉は加藤の答案をよく調べたいと黒木に話します

その様子を聞いた黒木が何度もガと話して、私の言葉が通じないので原始人扱いしていると話して、Rクラスはお客さんとして扱えということが理解できないことに反発をしたところが楽しかったです。

佐倉はRクラスの生徒に楽しく勉強させておいてくれと話すことに全員合格させると言ったのに放置するのですか、できない子どもたちの気持ちは考えないのかと疑問を投げかけるのでした。

ふと加藤巧が座っていた机を調べると、何かしらの文字で埋め尽くされることを発見しました。

加藤が塾に来ると佐倉は算数の見直しを一緒にやらないかと聞いたところ、加藤は静かにうなずくのでした。

Ωクラスの前田花恋はマンツーマンで指導する佐倉の様子に納得が行かない様子で帰宅するのでした。

加藤は算数の問題を解いていた時に途中で電車が走る音が聞こえて、その様子を楽し気に窓から眺めます

電車のチェックをしながら、時刻表を机に書いて電車の種類と時間を正確に佐倉に話す様子が活き活きとした様子でした。

翌日、加藤は塾に来ないでいたところで花恋が佐倉にマンツーマンで指導なんて贔屓だと話しました。

そこで加藤にマンツーマンがダサいと花恋が話ししたことで、加藤は塾に行かずに帰ってきて辞めたいと母親から電話をかけてきたのでした。

この電話の件で、黒木はRクラスの生徒に一生懸命になるなと話したことを知らないのですかとまた怒り出し、佐倉に怒りをぶつけます

ただ、佐倉が加藤は電車が好きで窓の外を見ていると話したところ、黒木は資料を用意して欲しいと加藤の周辺情報を探るように話しをします

加藤の親は塾に来ると、受験に向いていない子にこれ以上無理をさせたくないと話しして、受験をやめさせたいと話しますが、巧に聞いたところ自分の時間が欲しいと答えました。

自分の時間が持てたらしたいことを尋ねると、マイチューブが見たいと話し、それは電車の動画を見せて、こんな動画ですねと黒木は示すのでした。

ジオラマの動画で、海道中学校がジオラマで鉄道研究会で毎年優勝していることを示し、鉄道研究会のある中学校の学校を指し示すとこんな中学に行きたいと話しやる気を出しました

地理に詳しい生徒が得意な地理や算数の旅人算等の計算でも成果を発揮して、できないということが幻想だという理論が適切でしかも説明が絶妙でしたね^^

その説明の後に特急海一号が通過する時刻じゃないの?と黒木が匠の興味を煽って窓の外から眺めさせるというやり方も大変素晴らしかったです。

黒木が加藤くんに電車のことを投げかけてやる気に出させる様子はこちらから

「二月の勝者-絶対合格の教室-」は毎週土曜日22時00分から放映されるドラマです。 今回はドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」の1話...

クロージングで巧くんはこれだけできることがあるんですから、巧くんができることを伸ばして自分で実力を上げるように最大限サポートしますと話したのが決定的なセリフでした。

黒木は加藤が帰った後、Rクラスの子どもに楽しく勉強をさせてくださいと何度も話したと話し、一度もできない子だと思ったことはないとできないことがお客様とイコールでない本心を話すのでした。

この言葉を受けて、佐倉は浅井にお花のエンゲージメントのある中学校候補を持っていき、将来の夢を中学校受験につなげて話ししてみるといいという提案をすることで、浅井は感謝をするようになります。

その時黒木はルトワックの灰谷につけられて何故つけてくるのかを聞いたところ、様々な憶測を呼んでいることで尻ぬぐいをしていると話しかけますが、黒木は誰も頼んでいないと勝手に調べろと灰谷に告げて、ネオンの街に消えていきキャバクラのお姉さんに連れられて行くのでした。

そこで妹の紗良に出会い、封筒に入ったお金を渡し、STAR FISHと書かれた部屋に入っていきました

前田花恋は遅くまで勉強をしていたところ、塾のことで相談したいと母親に話をして、翌日にルトワックに母親と入っていくところを桜花ゼミナールの木村は見かけるのでした。

桜花でトップの花恋はルトワックに転塾してしまうのか、今後の展開を楽しみに観ていきたいと思います。

二月の勝者2話ネタバレ感想!加藤匠がかわいいことに対しての世間の反応は?

今回は、二月の勝者の2話で加藤匠がかわいいことに対しての感想が多かったです。

加藤匠役の山城琉飛さんが電車のことになると興味を持って目を輝かせていくところの描写がうまいという感想も上がりました。

今後黒木がやる気を出させる様子がうまいということに対する感想も多かったですね^^

それではSNSの反応を見てみましょう!

匠くん可愛かったな〜☺️ 鉄研のある学校に入れると良いね

加藤匠役の、山城琉飛くんかわいすぎな

加藤くん可愛いなぁ

加藤くん初期のハリーポッターみたいでかわいい

電車を語る加藤くんクソ可愛い

今日もよかった! 原作で刺さったところが全部描かれてる 加藤匠くん役の子かわいい(&鉄っちゃんはほぼ頭良い←私調べ) 灰谷先生の黒木先生へのねじれた思慕w 桜花は講師も伸びなきゃなんだね 紗良ちゃんの役割、なるほど! 怪しい黒ちゃん&塾エース移籍? のところで終わるの好き

引用:twitter

今回は、加藤匠の子役の山城琉飛さんがかわいいことに対する反応が多かったです。

特に加藤匠が鉄道マニアの役ですが、しっかり役をこなしていたことがすごいと話題になっていました。

今後も何かしらの生徒たちの独特さを子役たちがうまく演じていく様子が見どころになりそうですね^^

これからも様々な問題が起こるところで、黒木が親にどのように説明し対応していくのかというところが注目です。

子どもたちが目を輝かせていくことが人間の違った得意な面を引き出していくきっかけを作り出す原動力になると思うので、今後も子どもの活躍を観ていきたいですね^^

Sponsored Link

二月の勝者2話ネタバレ感想!黒木の今後を予想

二月の勝者2話では、Rクラスの生徒の加藤匠が外ばかりを見てできない生徒だということからできないレッテルで見ていた先生たちがもう駄目だと諦めそうになる展開でした。

いち早く佐倉の観察から加藤が鉄道ファンで興味のある分野に対しては、大きな力を発揮するということを黒木がいち早く察知していく内容でしたね^^

ただ、花恋等の生徒はマンツーマンでやっていた加藤匠に対する佐倉の態度が気に入らないという様子でした。

黒木は当初のゼミの初日で全員を合格させると話ししていたことと2話では、できないと思った生徒はいないと話していたことから、今後の展開では生徒たちを引き上げるやり方に注目が集まります。

父親の経済力と母親の狂気ということから、中学受験は並大抵のことでは無い雰囲気ですが、黒木は今後どのようなことをやっていくのかを予想してみたいと思います。

黒木は様々な親たちの話しを間に受けることはなく、子どもたちのこれまでの過程を眺めながら、受験志望校とマッチしているかという点に注目することが予想されます。

特に佐倉を始めとした講師たちからの観察力で、生徒たちが何に強いのかを調べつくし、どのようにすれば合格校に受かるのかということをフォーカスしてきます。

一方自身も昔いたのルトワックでは成績至上主義という過去の成績だけで判断する体制に疑問を呈して、できないという固定観念をいかに柔軟にして合格に集中させるかということを親たちに訴えかけていくと思われます。

子どもを一面しか見ない塾のあり方をもっと多角的に分析をしながら、全員の学生たちの特徴と多くの学習体制を変化させて、自分が希望するところに合格させるというやり方でビジネスにつなげていくと思われます。

教育ビジネスが普段誰もが知らないところで、様々な努力や対策をしながら多くの学生たちを世に送り出す手伝いをしていく様子をこれからの黒木の行動を元に観ていきたいと思います。

まとめ

今回は、二月の勝者2話ネタバレ感想は加藤匠がかわいい!山城琉飛演技うまいと話題について書きました。

今後、生徒たちがどのように黒木の合理性とともに成長していくのかが楽しみです。

佐倉が生徒たちの学力を高めようとすることから新たな発見がどのように見つかるのかとういうことも注目点ですね^^

様々な学生たちがどのようにうまく学力を塾を通して伸ばしていくのかを観察していきたいと思います。