偽装不倫1話ネタバレ感想は原作と違う!韓国が日本の設定で違和感と話題!

2019年7月夏ドラマで放送開始予定の偽装不倫について原作漫画とドラマの違いについて紹介したいと思います。

4年ぶりの出演で、濱鐘子を演じる杏さんと恋人役判野丈を演じる宮沢氷魚さんとの二人のラブストーリーが展開されます。

今回は、偽装不倫の原作と違うという感想で、韓国が日本の設定で違和感!という話題について書いていこうと思います

Sponsored Link

偽装不倫1話ネタバレ感想は原作と違うし韓国が日本の設定で違和感!

偽装不倫1話ネタバレ感想は、原作と違っていて、舞台が韓国でなくて不自然だという話題で盛り上がりました

宮崎氷魚がかなり韓国人らしさも醸し出していましたが、韓国が舞台の原作と違って、今回のドラマが雰囲気が違うという話題が多かったです。

ただ、宮崎氷魚さんが演技をしている様子はある意味韓国人らしさも持っていました

ふわっとした感じで、韓国というかどこか異郷で話をしている感じとか、すらっと話題を振ってくる様子は、観ていて楽しさを倍増させますね^^

原作では、ジョバンヒという名前ですが、丈伴野という漢字に変わっていて、なかなか原作を変化球で表現しているような感じですね。

原作との違いとしては、やはりなかなか雰囲気がでづらいということだと思います

原作では韓国の異郷的な部分が、日本国内での演技ということに対して、なかなかなじめないという声もありました

この部分は日本国内の演技ではあるものの、博多という舞台で、普段日本の中でも楽しさを表現できるということが、また違った楽しみに繋がると思われます

原作と様々な違いはあるものの、ドラマとしては博多の楽しい様子が伝わってきて、かなり濱鐘子を演じる杏さんの演技が楽しく感じられます

濱鐘子さんのワクワクする様子を観るにはこちらから!

「偽装不倫」は2019年7月10日から毎週水曜日22時に放映されるドラマです。 今回はドラマ「偽装不倫」の1話から最新話まで無料視聴す...

舞台はかわれど、醍醐味となる偽装不倫を楽しむ濱鐘子の緊迫した様子が、何よりも今後の恋愛が訪れることを予期させ、丈伴野との恋愛を予感させます

今後、二人の仲はどうなるのか?楽しみです!

偽装不倫1話ネタバレ感想は原作と違うと話題

今回、原作との違いということでかなり盛り上がっていました

舞台は大きく違っていましたが、かなり濱鐘子と丈伴野との衝撃的な出会いが楽しかったです

原作との違いについて、感想を紹介したいと思います

それでは観てみましょう!

おそらく大人の事情で)韓国設定じゃないのわかっててどうかなーと思いつつも楽しみにしてた #偽装不倫 。 思ったよりも原作に忠実。ジョバンヒ=丈も雰囲気近いし、小さい設定も活かしてる。 違うところはいい意味でドラマっぽくなってる感じ。 あと仲間由紀恵さんの演技がとても良い……

主人公の女性を口説いてる男を演じてるのは、THE BOOM(島唄が有名)のヴォーカリスト、宮沢和史の息子なのか(;´Д`) 原作では博多ではなく、韓国が舞台で、韓国人の男性に口説かれるはずなのを、韓国ロケする予算をケチったのか、設定自体を変更したらしい。

ジョバンヒは日本人に、韓国は博多になってるけど、お姉ちゃんのパエリア屋はそのままなのか。

元が韓国旅行で韓国人設定だからセリフとか行動とか漫画読んでても普通に違和感なかったな〜日本人だからかなのかなんか違うw

あ!なぜか韓国人の「ジョバンヒ」から、博多出身日本人の「伴野丈」になった恋人役だ!

これ原作漫画じゃ #宮沢氷魚 は韓国人だし、博多じゃなく韓国旅行で出逢った設定だよね? それ結構大切な設定だと思うんだけど何のための忖度なんだ そんなんだったらこれを映像化しなけりゃいいのに いつも実写化に文句言ってる勢は、この変更にもちゃんと文句言ってんのかな

引用:twitter

かなり、多くの方が韓国の設定が博多に変わったことに対して、多くのコメントがありました

違和感があるというコメントが多いですね

演技の内容については、かなり良いというコメントが多かったので、今後の展開では、日本という舞台で、外国に居るような感じを出しつつ、演技をされると思います

個人的には、原作とは関係なしに楽しめるドラマだと思います

特に伴野丈を演じられる宮沢氷魚さんが、どのような行動を取っていくのかについて、観ていくと楽しいと思います

最終回予測で鐘子は判野丈と結婚できるのか?

2019年7月の夏ドラマで放送開始予定となる偽装不倫の最終回予測を紹介したいと思います。 4年ぶりに出演する杏さんが演じる濱鐘...

Sponsored Link

偽装不倫1話ネタバレ感想【原作】とドラマの見どころの違いについて

原作漫画では韓国が舞台でしたよね
飛行機に乗る場面から海外に行って異文化にふれる濱鐘子が、新しい感覚で海外を歩く様子が新鮮です。
この部分が、日本国内のドラマで違うということが印象的でした。

ただ、演技の中では異文化風に演じており、宮沢氷魚さんが韓国人らしい演技もあったのがかなり観ていて、原作を意識しているように感じました

今後の演技の中では、様々な原作との違いが多いと思いますが、その中でもドラマが原作以上に面白いものがある場面も考えられるので、じっくり観ていきたいと思います。

ドラマがもっとヒートアップして、濱鐘子と伴野丈との恋愛で価値観が変わるくらいのドラマ展開になると面白いと思います

今後のドラマに期待したいですね!

ドラマと原作の違いで、ドラマはハッピーエンドか?考察はこちらから^^

2019年7月夏ドラマで放送開始予定の偽装不倫について原作漫画とドラマの違いについて紹介したいと思います。 濱鐘子演じる4年ぶ...

まとめ

今回は、1話ネタバレ感想は原作と違う!韓国でなくて不自然と話題について記事を書きました。

原作漫画と違った韓国では無い日本国内という部分が、大きく異なることで、多くの視聴者が不自然という感想も多くなりました

今後の演技の中では、この違いも含め、描写が原作以上に暖かい恋愛を描くドラマになると思います

今回の偽装不倫でのドラマと原作の違いを観つつ、今後も違いを観察していくことで、楽しいものになると思います

ドラマの展開に期待したいと思います。