ストロベリーナイトサーガ最終回の前作や原作との違いを比較!続編ある?

2019年6月20に放映されたストロベリーナイト・サーガ最終回について、終わり方を比較しています

ブルーマーダー編で、池袋で起こった奇怪な犯罪事件を独自の鋭い勘と調査能力を駆使して解決していき、起こった事件を次々と解決していく物語です。

ストーリーが進むにつれ、姫川班との連絡も行われており、今回は菊田との出会いが一番の見どころでした。

今回は、ストロベリーナイト・サーガ最終話の感想で、前作や原作との終わり方の違いを比較しています

今回ドラマで面白いところを併せて書いて行きたいと思いますので、チェックしてみてくださいね^^

Sponsored Link

ストロベリーナイトサーガ【最終回】前作との違いを比較!

ドラマストロベリーナイトサーガについて前作との比較をしたいと思います。

早速前作との違いを比較してみました。

前作では、ソウルケイジやインビジブルレインなど、重なる話題がありましたが、結末はどうなのでしょうか?

今回、前作と重なるストーリーについてはかなり原作に忠実であり、前作ではストーリーに様々な幅を持たせているが、今回は原作通りだったという評判が多かったです。

実際に前作よりもスピード感があり、話に追いつけないという声もあがっており、なかなか初めて観る視聴者には展開が早すぎる場面もあったと思います。

今回、ストーリーの内容は変わるものの、最終回の比較を行ってみました!

前作の最終回
前作では、ソウルケイジが最終回で、日下警部補が姫川の報告書にダメだしを行った後、日下警部補が家族の電話を取り、帰った後、菊田と和食を食べに行く場面で終りました。食事の予約を取る菊田を見る姫川がかなり菊田に好感を持っている様子が伝わるという場面で終っていました。前作では、このドラマから続編として映画化されており、映画ではインビジブルレインが放映されました。

今回の最終回
今回ストロベリーナイトサーガでは、ブルーマーダーの最終回で、姫川が病室を訪れた場面が印象的でした。菊田に「もしも1課にひっぱられて、本部に返り咲いたとして再収集をかけた時、菊田は姫川班にまたきてくれる?」と聞いて、「必ず行きます。何をさておいても一番にかけつけます。今度は本当に俺が主任を支えますから、部下の1人として」という会話で、笑顔で別れて終りました。この会話からすると、二人が新しく同じ現場で活躍するということも想像されますね。最終回では、姫川と菊田との出会いがかなり鮮明に描かれていて、姫川が菊田を救う場面で岩淵が拳銃を菊田に突きつけている場面で、昔姫川に起こった出来事を暴露して、犯人岩淵を説得するところが、原作以上に素晴らしく演出されていました。ストリベリーナイトサーガでは、この姫川と菊田がW主演ということもあり、かなり二人の活躍が見どころです。今までのストーリーでは、10話と最終話が基本的にまるごと初公開のストーリーだったので、まだまだ見足りないというのが実情では無いでしょうか?

そう考えると、今後ストロベリーナイトサーガでは、映画化で二人の活躍が期待できると思われます。

新旧の最終回比較について
最終回比較では、前作が菊田に興味を持つような目で見ている姫川の場面で終っており、今回では姫川と菊田が共に結束という結末でした。
映画化としては、今回も可能性が高いと思われますがいかがでしょうか?何よりも今回の最終回では、感動的な場面で終っていますので、映画化としても充分にみどころがありそうに思えます。姫川が武装せずに犯人のところに説得して、菊田との仲間意識を犯人の前で語っており、姫川の暖かさを感じることができたのは大きな違いです!

前回では映画化でも、最終的にインビジブルレインで菊田とは離れ離れになる場面で終っています

今回映画化するとすれば、姫川と菊田がそれぞれに協力しあい、仲間の大切さや警察組織で本領を発揮する姫川の様子が観れると予想します。

ストロベリーナイトサーガ最終話では、姫川が自身の過去を犯人の前で菊田が捕まっているところで独白する場面がかなり切なく、悲しい場面でしたね^^

この場面を観て二階堂ふみさんの迫真の演技に感動した人が多かったです

姫川が自身の過去を独白する場面はこちらから・・・

https://alfledino.com/1587.html

今後の続編や映画化の知らせがある場合には、追記させて頂きます。

ストロベリーナイトサーガ【最終回】前作との違いのネタバレ感想!

今回ストロベリーナイトサーガでは前作と違い、菊田に一方的に興味を持っていた姫川から菊田と仲間意識を持って助けた姫川がドラマで観られました

今後映画化も含め、感想ではどのような話題があがっているのでしょうか?

早速見てみましょう!

スター性を全面的に出した前作に対しあくまで作品に奉仕したサーガは最終的に二階堂ふみも亀梨和也もつや消しの重みが出た。サーガの意味とは同じ原作を違う視点で描くことで時代の違いを見せたことなのかな

原作も前作も好きだったからどうかと思ったけどやっぱり最後おやっさんの左手回想シーンで号泣…残された2人がどうか幸せでありますようにと願って亡くなったに違いない

後半しか見てないけど、あまりストーリーに前作との違いは無くて、違いはキャストだけ、でそのキャスティングが前作のイメージが強すぎて超えられない感じだな。今後原作や前作にない事件とかやらないなら、前作を見てない人しか見ちゃいけないヤーツな気がする。

原作と違い 姫川主任と菊田嫁が会わなかったのも サーガ版ブルーマーダーの流れとして良かった

姫川との心の在りようの違いを痛烈に感じ取るほど、菊田にとって彼女は大きな存在だったんだよな。姫川班も上司も、2人が想いあっていたのは確かに感じていたのだし。ああ、なんかもう…!

原作の活字ゆえに冗長な部分をアレンジしオリジナル要素を足しても世界観を崩さずむしろ膨らませていた竹内結子版。翻って今作は原作に極力忠実ながらダイジェストな印象。脚本家や演出家の違いで同じ原作でもこうも変わるか。

原作が好きで前作のドラマも見てたけど竹内西島のほうはあまり感情移入できなかったのに今回の二階堂ふみちゃんと亀梨くんの姫川菊田には毎週感情移入しちゃって苦しかった。この2人の続きが見たい。続編やってほしいな。

菊田は、これで本当に姫川主任を吹っ切れたんだね 気持ちの上では、また、上司と部下としての関係に戻るんだね 雨の中、傘をさして病院を後にする姫川主任が、最高にカッコいいと思った 続編で映像化してないお話を観たいです

引用:twitter

今回のドラマでは、前作との比較で、前作が好きだったけど今回も好きだという感想が多かったです

はじめの頃は、前作の圧倒的な人気で今回のドラマに対しての批判が多かったことも事実ですし、実際に前作よりも原作のままだったり、あまりにも展開の速度が早くて、原作を知らない人や前作を知らない人には見づらいという意見もありました。

ただ、前作と決定的に違うのは、最後仲間を想う姫川の存在です

前作では、一方的に菊田に好奇心を持った姫川という設定でしたが、今回では心境が変わって大人になった姫川というイメージです。

映画化になった場合には、姫川班として姫川と菊田との共闘が観られそうです

今からワクワクしてきますね^^

続編や映画化はまだ決まっていませんが、最終話にかけてかなり好評だったこともあり、おそらくありそうですね^^

最終回予想では、姫川と菊田二人は結ばれるのかどうか?

2019年4月11日(木)夜10時から放送スタートするストロベリーナイト・サーガ。 姫川玲子を演出される二階堂ふみさんと菊田和...
Sponsored Link

ストロベリーナイトサーガ【最終回】原作との違いや原作の見どころについて

原作の最終
原作の最終では、姫川が麻井警部に叱られたり、菊田を見舞う場面から派生して、井岡が電話をかけてきて、菊田が結婚しているという話をしてくるという最終で締めくくっています。あーあ、もう自分の周りには、こんな男しか残っていないのだろうか。という話で終っているところを見ると、かなり崩した終り方になっています。

原作でも菊田をはじめ仲間を想う姫川の様子が描かれていて、インビジブルレインの頃とは心境の変化の様子もよく伝わってきます

原作最終との違いや共通点
原作最終とは、ドラマと活字の違いもあり、ドラマでは短い場面の描写で、多くのことを訴えかけるような演技でした。まさに感想にあった通りダイジェスト版的な内容を伝え方でした。原作では、活字で描写内容もかなり細かく書かれているので、ドラマに無いような細かい描写や派生した話が多いです。でもドラマでも原作でも共通しているのは、ブルーマーダーで好きな菊田に少しずつ心を開いてきて、過去にあったような悲しい事件を乗り越えていこうとして、心境の変化で人と打ち解けていく姫川の描写という点です。

できれば、原作を読んでドラマを見ると、また違った楽しみ方ができると思われます。

こちらがブルーマーダーの原作になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルーマーダー (光文社文庫) [ 誉田哲也 ]
価格:799円(税込、送料無料) (2019/6/22時点)

楽天で購入

見どころ

原作でもドラマでも姫川の心境の変化で、周囲の仲間と打ち解けてきて、過去の闇を乗り越えていこうとする姿が一番のみどころです。

その姿から、警察内で密かに心寄せる菊田とのやり取りや井岡や國奥等の仲間との会話を見て楽しむのがこのドラマのポイントです。

今後も姫川の心境の変化や表情の変化を見ながら、少しずつ過去にあった事件を仲間と乗り越えて、生きる場所を見つけていく姫川の活躍していく様子を観て行きたいと思います。

映画化や続編があった場合には、また応援していきたいですね。

ブルーマーダーの原作との違いはどこにあるのか、予測を書いてみています^^

2019年6月13日から放送開始したストロベリーナイト・サーガ10話。 今回よりブルーマーダー前編で、姫川玲子が奇怪な犯罪事件...

まとめ

今回は、最終回での終わり方で、前作や原作との違いの比較について書きました。

前作や原作それぞれ、違いがかなり多くありました

前作の演出はかなり凄かったですが、最終回では今回のドラマも評判がかなり高く、特に二階堂ふみさんの演技の緊迫した様子が凄く観ていて素晴らしかったです!

今後の続編や映画化がありましたら、また追記させて頂きますので、チェックしてみてください^^