デジタルタトゥー最終回結末予測!タイガを襲う真犯人や黒幕は大物政治家?

2019年5月18日から放送開始したデジタルタトゥーの最終回予測をしました。

ユーチューバーのタイガは襲った犯人に恐れを抱き、検事を退職した岩井賢太郎に助けを求め、犯人が見つかるまで、匿って欲しいと依頼しました

タイガは、岩井が検事をやめることとなった原因の大物政治家の次男の息子で、伊藤秀光はこのタイガの言うことを聞きながらも、何か意図があるのでは無いかと疑いの目で見ています

伊藤の娘であるた岩井早紀にタイガが気があるらしく、油断できない状況に追い込まれるも、依頼者のネットによる風評被害を助ける際に頼りになるユーチューバータイガと解決をするようにする物語です。

今回は、デジタルタトゥーの最終回予測で、タイガを襲う真犯人や黒幕は大物政治家なのかという話題の感想について書いていきたいと思います。

今後のストーリーを観ていく際の参考までにしてみてください。

Sponsored Link

デジタルタトゥー最終話予測タイガを襲う真犯人は?黒幕は大物政治家?

デジタルタトゥーの最終話予測で一番話題の焦点となるのは、タイガの父親が政治家でその父親に絡む人間関係はどうなのか?ということです。

ドラマの中で話題となった、ネットで被害を受ける依頼人を救うために岩井弁護士とタイガとのタッグで取り組む姿は、本来の理想的な姿なのでしょうか?それとも岩井の敵となる父親の策略なのでしょうか?

デジタルタトゥーでは、岩井弁護士は元検事だった時に辞めさせられた理由が、検事時代に担当していた事件で、伊藤秀光の長男である伊藤壮輔に事件の真相を確認するお尋ねを行い追求しすぎたことで、自ら命を絶った原因となったため、その引責辞任を行ったという話しでした。

しかし、この展開にはちょっと疑問があるように思われます。

そもそも、質問が本人の追求のしすぎで命を絶つことがあるのがおかしいのでは無いでしょうか?

考え付く限りでは、政治絡みで、伊藤秀光は、息子の事件に関与しており、その責任を岩井弁護士になすりつけた?と考えております

黒幕は、伊藤秀光に対立する大物政治家か、伊藤秀光本人かと思われます

このデジタルタトゥーは、政治家が自身の保身の為、子どもの命を絶つような事件に巻き込まれ、その事件の責任を担当する検事になすりつけ、その検事が世の中に流れる風評被害の被害者を救い出すストーリーだと思われます。

今後の展開については、話が進むにつれ明らかになるかと思いますので、随時追記させて頂きます。

デジタルタトゥーの言葉の意味について

デジタルタトゥーとはどのような意味なのでしょうか?

この語源は、タトゥーの持つ体に一旦彫ったタトゥーは、完全に消すことはできず、一生残ってしまうので、その意味をデジタルにも応用し、デジタルを使うインターネットで公開された過去の情報が一旦出されてしまうと、消すことができないという意味で使用しています。

よく弁護士等が個人情報をさらされたネットの公開をやめるように請求することがありますよね

このような個人情報は一旦晒されてしまうと、消すことはできず、書かれた人は傷つき、一生抱えてしまうこともあるかと思います

ネットでは情報を多くの人に伝えるにはすごく便利なツールですが、人に教えてはいけない個人情報も出してしまうという使う人のモラルによって、傷つけてしまう道具にしてしまうのは、すごく危ないツールでもあります

使う人がしっかりとそのツールに見合ったモラルやルールを守れる人で無いと、ツールの意味が無くなってしまうことに対する警鐘をこのドラマでしっかり確認していきたいですね

1話のネタバレ感想も記事にしてますので、是非見てみてくださいね^^

2019年5月18日から放送開始したデジタルタトゥーの1話です。 検事を退職した岩井賢太郎は、大物政治家の伊藤光秀の収賄疑惑を...
Sponsored Link

デジタルタトゥーのフル動画を見逃し無料視聴する方法!

デジタルタトゥーの1話から最新話までや、見逃した回を無料で見たい!

という時がありますよね。

こちらの記事でデジタルタトゥーを無料で観る方法を解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね^^

https://alfledino.com/1706.html

デジタルタトゥー2話のあらすじと見どころは?

2話あらすじ

自分の命を狙う者の正体を突き止めたいと転がり込んできたタイガが、岩井法律事務所のホームページを立ち上げる。

すると、それを見た大野(中村靖日)が岩井の元を訪ねて来た。

大野は岩井が地方検事だった時に担当した痴漢事件の被告人で、その後新潟に移り住み、小さな塾を営んでいた。

だが、最近になって過去の事件がネットで蒸し返され、生徒が皆やめてしまったという。

書き込みを削除してほしいと迫る大野は、その時の被害女性が「痴漢された」と騒いでは示談金をせしめる詐欺の常習者だったと岩井に告げる。

2話の見どころ

2話では、担当する弁護士の顧客が、過去の事件で悩む依頼者からの書き込みの被害です

弁護士の中でも個人情報で悩む依頼者が多い岩井弁護士ですが、どのように解決するのかを見るのが見どころです

時代によって、弁護士の事件解決の方法が次第に変わって行ってます

最近ではサイバー事件についての情報漏えいも多く、かなり弁護士や法人での顧問弁護士の腕次第で、被害額が大きく変わる事例も多いです

ドラマデジタルタトゥーでは、亡くなったとされているタイガが協力して、ネットの風評被害をいかにして無くしていくのか、その方法がかなり紹介されています

個人情報の特定方法は1話でも出されていましたが、今後社会で必要とされるネット上の個人情報がどのような仕組みで解析されるのかを知ることもドラマでの楽しみの1つだと思います

まとめ

今回は、デジタルタトゥー最終回の予測でタイガを襲う真犯人は?黒幕は大物政治家?という感想について記事を書きました。

瀬戸康史さん演ずるタイガが、大物政治家の息子で、本来は政治家として期待される人物ですが、ネットのユーチューバーで命を狙われるという異例のキャラクターで、いかに事件解決に寄与するのか、真犯人をどうやって突き詰めるのかが見どころですね。

大物政治家が黒幕という予測をしましたが、できれば父親で有って欲しくないですね

実際にどうなるのか、ストーリーで確認して行きましょう!